【僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)】究極の悪・オールフォーワン!!オールマイトが倒したはずだったが??

スポンサーリンク

今回はオールフォーワンに関する情報を紹介していこうと思います。

オールマイトがしっかりと悪の親玉であるオールフォーワンをくじいたはずだったのですがどうやら復活してしまったようです。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンのプロフィール

オールフォーワンはヴィラン連合の作戦立案者であり、支援者であり実質的な大ボスでもあります。

死柄木からは先生とも呼ばれています。

死柄木や黒霧に指示を出して雄英高校へ襲撃させたりしました。

死柄木達ヴィラン連合の重要な戦力である「脳無」もオールフォーワンとドクターが作り上げた存在です。

秘密が多いオールフォーワンですが、その正体は昔裏から日本を支配していた「悪の帝王」であり、オールマイトが倒したはずでした。

ですが、顔を工業地帯のようなマスクで覆うことによって生命を維持して再びオールマイトの前に立ちふさがります

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンは裏社会を牛耳っていた帝王

オールフォーワンの悪事は凄まじく、オールマイトをはじめとしてその存在はヒーローならだれもが知っています

やばい事件には必ずオールフォーワンが関わっており、裏で手を引いていることも多々あります。

脳無の製造はオールフォーワンとドクターが関わっていて、なんでもない一般人に無理やり個性を植え付けることによって生み出しています

その過程で個性の譲渡に耐えられず、物言わなくなった人間も多く存在します。

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンはオールマイトに倒されたはずだった

オールフォーワンが全盛期のころ、オールマイトが鍛え上げた個性で野望を粉々に打ち砕いたはずでした。

オールマイト曰く、体だけでなく顔も破壊して戦闘不能な状態まで追い込んだはずでしたが死亡していませんでした

オールマイト自身も大きなけがを負ったようで、後継者を探すことに焦っていた理由を作った人間でもあります

顔を工場地帯のようなマスクで覆って存命生活を送り、再びオールマイトと相まみえます。

そもそも、生きていること自体ふしぎなぐらいですが、しっかりと会話も繋がり、個性の使い方も以前よりも強く・鋭くなっていました

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンの個性は他者の個性を奪う・植え付けることが出来る

オールフォーワンの個性は「オールフォーワン」です。

彼は名前すらも謎のため、個性名で呼ばれています。

能力の内容は、「他者の個性を奪って自分の個性にする」・「奪った個性を他人に植え付ける」という規格外な個性です。

他人から奪った個性は使えるだけでなく、複合させて使うこともできます。

個性の発動条件も簡単で他者の頭に手を載せるだけで「個性の強奪・付与」が可能になります

先にも紹介しましたが、遺伝子と強力につながっている個性を移動させることは難しく、最悪の場合には人形のように意思がない状態になってしまいます。

オールフォーワンはこの二つの対をなす個性を使いこなすことである時は個性を望まない物から個性を奪い、力を追い求めるものには個性を植え付けて信者のような支持者を増やしていきました。

元々、オールフォーワンの個性は「力をストックする個性」と「個性を与える個性」が合わさって誕生した個性です。

個性と個性が混ざり合うことによって派生した珍しい個性といえます。

加えて、個性が生まれ始めた時からオールフォーワンは生きており、「成長を止める個性・人の何倍も生きる個性」のどちらかを持っている可能性があります

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンがオールマイトに再び破れる

ヴィラン連合が爆豪を新戦力として誘拐するところからオールマイトとオールフォーワンの最後の戦いが始まります。

ヒーローが総力を挙げて、爆豪を探したおかげでヴィラン連合の基地の場所がばれてしまいます

死柄木は今回も失敗してしまったと苛立ちますが、ピンチを救ったのが他でもないオールフォーワンです。

臭気を伴うワープで死柄木をはじめとしたヴィラン連合を全員救い出してしまいます。

死柄木達を逃がした後、オールフォーワンは一人でヒーローの全精力を相手にします。

オールマイトが到着するとタイマン状態になります

前回戦った時とは全く違った邪悪さを孕むオールフォーワンと個性を組み合わせて戦う新戦法にオールマイトは戸惑います。

個性の最後のかけらを使って、最大火力を出してなんとかオールフォーワンを退けましたが、一歩も動けない状態でした

 

スポンサーリンク

【ヒロアカ】オールフォーワンは死柄木弔に全てを託した

オールフォーワンはあっけなく退いたなと思っていたら、すでにオールフォーワンは個性と実験の成果を全て死柄木に渡していました

オールマイトがデクに個性を譲ったようにオールフォーワンも死柄木に全てを託していたのです。

今現在はタルタロスに収監されていますが、奪われた個性はそのままですし、オールフォーワンが本気を出せば脱獄も叶いそうで恐ろしいです。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回はオールフォーワンに関する情報を紹介していきました。

邪悪の権化といっても過言ではないオールフォーワンの脅威は一旦去りましたが、このまま死ぬまで大人しくしているとは思えません。

何とかして、オールマイトに復習を果たそうとまた現れそうですね。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です