【呪術廻戦】ナナミンは死亡してしまったのか?衝撃の最期を考察

スポンサーリンク

呪術廻戦の中でも人気のキャラクターナナミンが、なんと死亡してしまいました

呪術廻戦ではこれまで人は死んでいるものの、主要キャラクターは死んでいません。

ナナミンは本当に死んでしまったのか、気になる最期について考察してみました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】ナナミンのプロフィール

ナナミンの愛称で知られる七海健人は、脱サラ呪術師という異例の経歴を持つ男です。

五條悟の後輩にあたる人物で、「呪術師はクソ、労働はクソ」だと話しています。

「同じクソならば適正がある方を」と高専卒業後サラリーマンになったものの、呪術師に戻りました。

クールで計算高く、無駄なことを嫌う人物ですが、意外と情に厚い側面もあります。

初登場で虎杖を認めていないと否定するものの、任務を通じて虎杖の成長に大きく貢献します

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】虎杖を毛嫌いする理由とは?

ナナミンは初登場時、虎杖に対して「私はあなたを呪術師とは認めていない」とはっきり告げます。

その理由は、虎杖の体の中に宿儺を宿しているからです。

「上のやり方は気に食わないが、あくまでも規定側」というセリフから、通常の呪術師から外れた虎杖を嫌っていました。

しかし、虎杖との任務を通じてナナミンは虎杖に対して敬意を払うようになります

「この子は他人のために本気で怒れるんだな」と感心する面や、「どこまでも他人のことばかり」と呆れていますが、それでも最終的に学校での真人戦で虎杖に救われたことに感謝しています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】ナナミンの死亡フラグは多数あった!!

ナナミンはこれまでにもいくつかの死亡フラグがありました。

一度目はナナミンと真人が初めて戦うシーンです。

この時初めてナナミンは「時間外労働」で呪力を増幅させて戦うも、術式である十劃呪法「瓦落瓦落」(とおかくじゅほう がらがら)で建物を破壊。

「互いに生きていたらまた会いましょう」とまさに死亡フラグ的発言を残します。

その後「家入さんの治療を受けます」と電話する姿は見られますが、大量に出血した姿をフレームインして消えていきます

続いて、虎杖が純平の学校で真人と戦うシーンでも、ナナミンの死亡フラグが…。

虎杖は真人に純平を目の前で殺され、怒り狂った様子で立ち向かいます。

虎杖が挑むものの、真人は中々倒せず、あと一歩でやられてしまう…というタイミングでナナミンが助けに入ります。

このシーンは主人公感満載、ナナミン好きにはたまらない格好いい登場シーンです。

このシーンや、虎杖の様子から「この回でナナミン死ぬのでは?」と思わされました。

実際真人の領域展開に飲み込まれてしまいますが、領域の中に侵入した虎杖の中の宿儺に触れ、大事を逃れます

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】ナナミンは死亡してしまったのか?

渋谷事変にて、封印された五條悟を開放するために高専生徒と共に渋谷の地下へと向かいます。

しかしその道中、特級呪霊陀艮と戦うことに、戦いの中で成長を遂げていく陀艮に苦戦しながらも、仲間と共に撃破します。

その後漏瑚の襲撃を受け、炎に囲まれてしまい地に付してしまうのです。

深手を負ったナナミンは、瀕死の状態で渋谷の地下を歩きます。

歩いていると、ナナミンの目の前に大量の呪霊が道を阻みにきます。

ナナミンはそんな呪霊たちを眺めながら、自分のやりたいことややり残したことを頭に巡らせながら「もう疲れた」「もう充分やった」と諦めるように呟くのです。

なんとか呪霊を倒すものの、もう動けないナナミンの元に真人が現れます

そこに虎杖が合流するものの、時既に遅し、ナナミンは真人の無移転辺によって殺されてしまうのです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】ナナミンは術式による復活はあるのか?

ナナミンの死亡シーンから考えると、ナナミンの生存や復活は難しそうです。

しかし、呪術廻戦について考察している者から、ある一つの仮説がされています。

それはナナミンが死ぬ前に大量の呪霊と戦う際に、ナナミンがなんとなく呟いた言葉です。

『マレーシア、そうだなマレーシア、クァンタンがいい』と、これだけ聞くと瀕死状態からの現実逃避として受け取られるでしょう。

しかし、渋谷事変の戦いに参加していたはずの冥冥が、憂憂の術式で『マレーシア』に脱出していることがわかりました

このことと関連付けると、マレーシアは呪術師の憩いの場所である可能性が出てきます。

もしかしたら、ナナミンも実はマレーシアに逃げている可能性も考えられます

今後の展開に期待です。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】ナナミンが復活して呪詛師に寝返ることはある?

ナナミンは過去唯一の友人であった灰原を任務で亡くしていたり、夏油が呪詛師になったりしたことで絶望を感じています

「呪術師はクソ」と思うようになったのも、ナナミンのこれらの過去が原因です。

そのため、どんな状態になってもナナミンが呪詛師に寝返ることは考えられないでしょう。

 

スポンサーリンク

まとめ

ナナミンの人柄と、死亡シーンについて解説してきました。

ナナミンの死亡シーンを考えると、生きている可能性は0に近そうです。

しかし、まだまだ謎が隠されているのが呪術廻戦の面白いところです。

復活説を唱えられているように、ナナミンの活躍がまた見られる日がくるかもしれません。

原作者が推すほどの人気キャラクターナナミンだからこそ、生きている可能性は望みたいものです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です