【呪術廻戦】76歳保守派筆頭!呪術高専京都校学長の楽巌寺 嘉伸とはどんな人物なのか!?

スポンサーリンク

呪術廻戦第1話から登場していた楽巌寺は、その頃から保守派筆頭として虎杖の処刑を口にしてきました。

呪術高専京都校の学長として、東京校との交流戦のために足を運んだ際も、生徒に虎杖の処刑を命じるなど、教師としてよりも呪術界を最優先に考えて行動している節があります

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】楽巌寺 嘉伸のプロフィール

先述されているように、普段は76歳で杖を持ち、腰の曲がったおじいちゃんです。

ただし、ファンキーなおしゃれを好んでおり、顔や耳、口などに多くのピアスを付けています。

呪術師としての階級は不明で、準1級の呪霊を躾られるほどの実力は持っていることから、相応の階級であると思われます

戦闘時には、普段着の着物をはだけさせ、その下に着ているTシャツに武器としてギターを持ちます

杖をもって腰の曲がった、よくいる老人の姿はなく、背筋が伸びた凛とした姿で戦闘を行います。

保守派筆頭として、隙あらば宿儺の器である虎杖を処刑しようとするので、虎杖を擁護している改革派の五条とは犬猿の仲で、会うたびに暴言をぶつけ合っています

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】楽巌寺 嘉伸の術式や能力は?

楽巌寺の術式名は公開されていませんが、戦闘スタイルは幾度も登場しています。

戦闘スタイル時に構えるギターで奏でる音を、自らをアンプとして飛ばして攻撃します

使っているギターは、エレキギターのフライングVで、音を飛ばすことから中距離での戦闘を得意としているようです。

呪力を込めた音を飛ばしますが、単音などでは威力が低いのか、術式として機能しないのかは分かりませんが、演奏技術も術式の威力として作用しているようです

楽巌寺は、ギターが好きなので、その演奏技術も高いことが伺えます。

楽巌寺の趣味と術式がかみ合っているため強力な術式として作用していますが、ギターがなくなると威力を発揮することができないようです。

また、ギターを弾いて音を奏でる性質上、近距離戦闘は苦手としているようで、第147話では、夜蛾に襲撃した際、夜蛾の処刑には成功していましたが、愛用のエレキギターは折れていました。

直後にパンダが駆け付けたので、パンダから夜蛾の敵討ちを起こされていれば、楽巌寺の勝ち目は薄かったのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】楽巌寺 嘉伸はジミ・ヘンドリックスがお好き?

戦闘時は、76歳とは思えない姿を見せる楽巌寺は、生粋のギタリストでもあり、アメリカのギタリストであるジミ・ヘンドリックスを慕っているようです。

その演奏技術の高さなどは、ジミ・ヘンドリクスに少しでも近づけるよう練習した成果なのでしょう。

戦闘時に着ているTシャツもジミーのライブTシャツなのか、その他のグッズなのか、書かれている文字は「Jimi Hendrix」と読み取れます

しかし、Tシャツに関しては時と場合を選ぶようで、夜蛾を襲撃した際は、夜に紛れる暗殺者のように、真っ黒のシャツを着ていました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】楽巌寺 嘉伸の目的とは?虎杖悠二の抹殺!?

第1話から宿儺の器となった虎杖の処刑は口にしており、実行に移したこともあります。

呪術師として、呪霊を生かすべきではないとし、最も強力な呪霊である両面宿儺が、多少の影響しか持たなかった呪物ではなく、この世に顕現できる可能性があるのなら、何としてでもその存在を抹消しようと画策しています

第1話時点の五条の言い分では、少ない本数の指を取り込んでいる現状では、体の制御は虎杖にあり、一気に指を取り込みさえしなければ宿儺が表に出てくることはないので、徐々に指に対しての抵抗を高め、全ての指を取り込ませてから虎杖を処刑してはどうかと、呪術界の上層部に提言していました。

これは、器となった虎杖を殺すことで、内部にいる宿儺も虎杖に取り込まれている分は消滅するため、残っている指を全て取り込んでから虎杖を処刑すれば、宿儺という存在を完全に抹消できるために、呪術界の上層部を説得するのに持ってこいの言い分でもありました。

しかし、少しでも宿儺の存在が出てくる可能性があるなら、呪物としてその呪力を周囲に発する以外の被害がないことから、即座に虎杖を処刑しようというのが楽巌寺の言い分です。

渋谷事変後の東京は、封印された五条を始め、改革派であった者を取り締まる命令が出され、虎杖にも処刑命令が出されました。

これは、呪術界でも最強の存在であった改革派の五条が封印されてしまったため、保守派が一気に力を増したのではないかと予想されます

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】最強の呪霊!両面宿儺とは?

呪術廻戦の最重要キャラクターでもあり、「呪いの王」と称されるほどの存在です。

腕が4本、顔が2つの鬼神とされていますが、実際は1000年以上前に実在した人間で、呪術全盛期とされていた時代にもかかわらず、当時の術師が総力を挙げて討伐戦を挑んでも、あっけなく敗れた逸話もあります。

その後、20本の屍蝋が特級呪物として残りましたが、それを抹消することは叶わず、封印することしかできませんでした

宿儺の性格は、最強の存在である自身の快、不快を優先し、弱者を虐げることを楽しんでいます。

現在は、何らかの目的をもって虎杖の中におり、虎杖に協力することもありませんが、積極的に表に出ようともしていません。

また、伏黒には興味を示しており、よからぬことを画策しているようです。

 

スポンサーリンク

まとめ

通常時の着物に杖を持ち、腰の曲がった風貌からは想像できない戦闘スタイルをとる楽巌寺は、そのギャップからも人気の高いキャラクターです。

保守派筆頭として、虎杖の処刑に積極的なことで、五条との仲は悪いようですが、それに反して東京校の学長であった夜蛾とは、そこまで仲が悪くなかったとパンダが語っています。

その夜蛾を処刑したことは、楽巌寺自身どのような思いがあったのか定かではありませんが、夜蛾の最期の言葉を受けた時の驚愕した感情など、呪霊以外に対しては内なる思いがあるのかもしれません

今後の楽巌寺の動きがどのように物語とかかわっていくのか、楽しみで仕方ありません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です