【呪術廻戦】女性人気No.1?五条悟の素顔とは?

スポンサーリンク

圧倒的な強さと見た目のかっこよさでファンを魅了する『呪術廻戦』のパーフェクト呪術師「五条悟(ごじょうさとる)」。

マイペースな彼の隠された野望や目隠しをする理由、作中最強と言われる能力についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟の簡単な経歴

呪術界御三家の1つ『五条家』の出身で、日本三大怨霊の1人・菅原道真の子孫というまさに呪術界のサラブレッド

そして現在は日本に4人しかいない特級呪術師の1人ですが、保身や権力に溺れる“腐った”呪術界の上層部に嫌悪感を感じています。

五条の強さであれば上層部を皆殺しにし、トップに君臨することは簡単ですが、それでは首が変わるだけで呪術界全体は何も変わらないと悟った五条は、強くて聡い呪術師を育てるために教師という道を選びました

しかし自分では“教師という柄じゃない”と思っているようです。

現在は主人公の虎杖を始めとした呪術高専東京校1年の担任をしています。

常に黒いバンダナで両目を隠しているのがトレードマークですが、高校生の時はサングラスだったりと“ノリ”で目隠しを決めているようです。

そしてかなりの甘党として有名ですが、本人曰く「頭をよくまわすために甘いものを食べていたら甘党になった」とのことです。

イケメンなのに甘党というギャップも、女性ファンを虜にする理由なのでしょうか。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟のチートじみた能力とは?

五条悟の能力は、五条家相伝の『無下限術式』と生まれつき持った特別な目『六眼』です。

この2つの能力を併せ持って生まれた人間はうん百年ぶりと作中でも言われるほどなので、相当な能力だと分かります。

『無下限術式』は、日常にある“無限”を現実化できるという術式です。

無限と言われてもあまりピンとこないと思いますが、アニメでは“アキレスと亀”を使って解説がされています。

“アキレスと亀”というのは哲学の世界では有名なパラドックスの1つです。

足の速いアキレスと亀が競走することになり、ハンデとして亀はアキレスよりも100m先からスタートします。

亀のことをアキレスが抜くことができればアキレスの勝利で、距離や時間は無制限です。

誰もがアキレスの勝利を確信しますが、アキレスは永遠に亀に追いつくことができません。

なぜなら亀が全く進んでいなかったとしても、100m先の亀がいた場所にアキレスが到達するためには、50mの地点、90mの地点、99mの地点といくつもの地点に到着しなければなりません。

99mと100mの間にもいくつもの数字があり、99.9mの地点、99.99mの地点…のように数字を細かくしていけば無限に数字が続くため、いつまでも亀には到達できないのです。

そしてこの無限の原理を利用したのが『無下限術式』というわけです。

五条悟は全身をこの“無限”で覆っているため、絶対に触れることができない無敵のバリアを身に纏っていることになります

また、術式を応用することで『蒼(あお)』『赫(あか)』『茈(むらさき)』という攻撃が可能です。

術式順転の『蒼』は、マイナスから生まれる虚構を使い空間を吸い込んだり歪ませたりすることができます。

術式反転の『赫』はその逆で吹き飛ばす効果のある技で、ビームのような衝撃波を放つことができます。

そしてそれらを合わせたのが虚式『茈』で、順転と反転それぞれの無限を衝突させることで生成される仮想の質量を押し出すという、とにかく凄まじいエネルギーを放つことができる術です。

領域展開は『無量空処』というもので、無下限の内側に相手を引き込み、知覚と伝達を無限回に強制させることで相手を“何もできない”状態にしてしまうというこれまたチート級な能力です。

五条も自身の領域に引き込めた時点で勝負はついてしまうと説明しています。

ただしこの『無下限術式』は誰にでも使えるわけではなく、膨大な呪力と精密な呪力のコントロールが必要になります。

それを可能にしているのが、五条の持つ特別な目『六眼』というわけです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟の隠されたバンダナの意味とは?

黒いバンダナで完全に両目を覆ってしまっている五条。

なぜこのような目隠しをしているのかは作中でも明らかにはなっていません

しかし五条の持つ特別な目『六眼』の能力を考えれば、見えすぎて疲れてしまうことを防ぐためなのではないかと考えられます。

また、術師はある程度の制限を課すことで呪力を抑えたり、逆に高めたりできるそうなので、そういった類の可能性もあります

目隠しは意外と早い段階で外しており、その素顔は「かっこいい!」「イケメンすぎる!」と話題になりました。

なぜ目隠しをしているのか、理由が明らかになる日が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟の目には呪いがかかっている?

五条悟は特別な目『六眼』を持っているため、コントロールの難しい『無下限術式』を使いこなせたり、初見の相手でも術式を見破ったりすることができます

敵からしたら恐ろしい能力であることは間違いないですよね。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟の漫画の素顔とは?

五条悟がバンダナを取り、素顔が明らかになったのは漫画だと2巻です。

持ち上げられた髪が下がり、くっきりした目元はまさにイケメンでした。

ネットでも「五条先生イケメンすぎ」と話題になったようです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟のアニメの素顔とは?

漫画版のイケメンな素顔を見ていたファンたちは、アニメ版五条の素顔にもかなり期待していたようです。

そして第7話にていよいよ五条の素顔が明らかになりましたが、漫画よりもさらに美麗なイラストに「作画が神すぎる!」とSNSは騒然としました。

声を務めるのも女性に人気の中村悠一さんなので、より女性人気に拍車がかかったことでしょう。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟はバンダナ外した方が強い?

バンダナを外す前でも十分な強さを持つ五条ですが、『無下限術式』を本格的に使う際にはバンダナを外し六眼で戦っています

やはり緻密なコントロールが必要になる術式のため、六眼は必須のようです。

それにもかかわらず普段は目を隠しているというのは、やはり能力をある程度セーブするためのものなのでしょうか。

いずれにしても目隠しを取るとめちゃくちゃ強いという設定は少年漫画的にはあるあるですが、とてもワクワクしますよね。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟は目が見えていないのでは??

普段の生活では両目を塞いだ状態で過ごしている五条

なぜ目を隠している状態で普通に過ごせているのか不思議ですよね。

これも術式を使った能力なのか…。

まだまだ謎の多い五条から、目が離せません。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟は術式のために体の機能を削っている?

バンダナで目隠しをしている理由として、自身に体に制限をかけることで呪力を抑える、もしくは呪力あげるためでは…?とファンの間では予想されています。

まだ五条の目隠しの理由は定かではありませんが、一般的に呪術師が呪霊との不要な戦いを避けるためにしてる目隠しとは“違う“と作中で言われているため、何らかの意図があることは間違いありません

 

スポンサーリンク

まとめ

呪術界最強でありながら、マイペースで甘党というギャップでファンを魅了する五条悟

五条の夢である“呪術界のリセット”は実現できるのか、教え子の虎杖たちはどんな活躍を見せるのか、そして五条自身これからどんな戦いを繰り広げてくれるのか。

間違いなく今後の展開のキーパーソンと呼べる五条悟の活躍が、とても楽しみです。

 

合わせて読まれている記事はこちらです⇩

⇒最強の呪術師といえば五条悟!ハイになると誰も止められない・・

⇒五条と夏油の過去が描かれた懐玉編!星漿体護衛で夏油に変化・・

⇒京都校引率の庵歌姫!気になる五条との関係は?読者を驚かせ・・

⇒領域展開を徹底解説!領域から逃げる方法はある?領域展開の・・

⇒寡黙で謎が多い狗巻棘!のどの痛みには要注意!?おにぎりの・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です