【呪術廻戦】息子の人生を左右へ振り回す伏黒の父

スポンサーリンク

呪術廻戦の主要キャラクターの1人「伏黒恵」の実の父親でありながら、五条悟からは“引くレベルのろくでなし”と呼ばれる伏黒の父。

ギャンブルや蒸発などろくでなしエピソードの尽きない彼ですが、実は呪術師から恐れられる超危険人物という噂も…!?

そんな伏黒の父に関するプロフィールや戦闘スタイル、五条悟との関係などをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】伏黒の父のプロフィール

呪術高専東京校1年、伏黒恵の実の父親で本名は『伏黒甚爾(ふしぐろとうじ)』。

呪術界御三家のひとつ禪院家の血筋ですが、結婚して婿入りしたため姓が『伏黒』になっています

読者の間では『パパ黒』『伏黒父』などと呼ばれています。

御三家の出身でありながら呪力を持たずに生まれてきたため、呪力を使って発動する術式は一切使用できません

呪術界にてエリート呪術師を多く輩出している禪院家では術式至上主義を掲げており、相伝の術式を使いこなせない者は容赦なく落伍者という扱いでした。

そのため術式すらも使えない甚爾は酷く蔑まれたようです。

そんななか、五条家に何百年ぶりに『六眼』を持った子が生まれたと聞いた甚爾は面白半分で見に行き、今まで一度も気付かれたことのなかった自身の気配にあっさりと気付いた五条悟に驚愕しています。

禪院家で受けた酷い扱いの影響か、性格は歪み、自身を蔑んできた呪術師たちへの憎みを晴らすように呪術師専門の殺し屋へと転身します

甚爾は呪力を持たない代わりに超人的な身体能力を誇る“天与呪縛”の持ち主で、その強さは学生時代の五条悟を死の淵に追い込むほどです。

父としてはとにかく“ろくでなし”で、息子と義理の娘を置いて蒸発するだけでなく、その蒸発資金を優秀な息子を担保に調達したり、余ったお金をボートレースに使っていたりと散々です。

息子の名前すらも思い出せない場面もあり、五条からは「引くレベルのろくでなし」と言われています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】実は御三家の1人?

甚爾は呪術界御三家のひとつ禪院家の出身です。

しかし呪力を持たない甚爾は術式至上主義の禪院家においてはありえない存在として酷い扱いを受けていたようです。

その影響からか現在は“呪術師専門の殺し屋”をしています。

苗字からもわかるように、虎杖悠仁の先輩である禪院真希や京都校にいる双子の妹真依は親戚にあたります。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】術式を直接使わない術師?

甚爾は呪力を持たない珍しい術師ですが、生まれ持った“天与呪縛”で並外れた身体能力と五感を兼ね備えています

五条悟との戦いでは『六眼』でも捉えきれない桁外れの移動速度、『蒼』をジャンプで回避する瞬発力、数キロ先に吹き飛ばされて壁に激突してもほぼ無傷という身体の強さを見せています

この身体能力の高さに、思わず五条も「バケモノが…!」と笑ってしまうほどです。

また、呪力がゼロだからこそ呪力で探知されることがなく、さながらステルス機能のような状態で戦闘ができます。

呪力がないことを逆手にとったうまい戦術ですよね。

ちなみに呪力が完全にゼロというのはかなり珍しいらしく、今のところ世界中を探しても甚爾だけだそうです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】生まれながらにして手に余る秘蔵の能力とは?

生まれ持った『天与呪縛』の能力は単に身体能力を上げるだけでなく、身体のありとあらゆる器官が強化されています。

そのひとつが“お腹”で、なんと小さくした呪霊を取り込んでいます

この呪霊は“モノを体内に格納することができる”という能力を持っており、武器や呪具を格納させることで甚爾が自在に武器を取り出せるようになっています。

そのため戦闘時には状況に合わせて様々な武器や呪具を使いわけることが可能です。

また五感も非常に優れているため、相手の匂いや足跡で追跡ができたり呪力が見えたりという能力も持ち合わせています

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】五条悟との関係は?

同じ御三家の出身で、生まれながらにして『六眼』を持つ五条をかなり意識していたようです。

五条が幼い頃には興味本位で見に行き、いまだかつて気付かれたことのない自分の気配に気付いた五条の才覚に驚愕しています。

その後天内理子を巡って五条と激しい戦闘を繰り広げ、一度は死に追いやるも死に際で反転術式を習得した五条から反撃をくらい死亡します。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】とある理由でものすごい貧乏、、??

甚爾は息子を担保に得たお金でボートレースをするほど大のギャンブル好きです。

しかし博才はないらしく、知人からは「楽して稼ぐのは向いてない」と言われています。

お金のために「殺し屋」をしているようですが、きっとギャンブルに負けてすぐなくなってしまうのでしょう。

そのため女性の所を点々とするプロのヒモをしています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】術式以外は息子の名前すらテキトー?

息子の恵は父親について、「性別も知らず“恵”なんて名前を付けた父親」と発言しています。

しかも息子を担保に得たお金でボートレースをしていた際には、恵は元気かと聞かれ「…誰だっけ」と言ってしまうほどです。

しかし“恵”という名前は、呪力に恵まれなかった自分とは違い、呪力に恵まれますように…という願いが入っているようにも感じます。

五条と死闘を繰り広げ、死の直前に思い出したのは妻と恵の姿だったので、歪んだ形ではありますが彼なりに息子のことは気にかけていたのではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】彼女・妻の死

恵を産んだ実の母である甚爾の妻は、恵を産んだ後に亡くなっています。

いつ頃亡くなってしまったのか、死因は何だったのかは明らかになっていませんが、縛られることの嫌いな甚爾が婿に入るほど妻のことは大切に思っていたようです。

愛する妻の死が、彼が荒れた生活を送るようになった大きな要因だったのでしょう。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】息子と共闘する日は来るのか?

盛り上がりをみせている『渋谷事変』では、復活した甚爾と恵が対峙しています。

お互いに親子だとは気付かないまま戦っていましたが、途中で息子の恵だと気付いた甚爾は恵に対して名前をたずねます。

恵は「伏黒」と答え、それを聞いた甚爾は「よかったな」と言って自害します

きっと禪院家に行っていなかったことに安堵したのでしょう。

初めて息子に対する愛情のようなものが垣間見えた瞬間でした。

 

スポンサーリンク

まとめ

ギャンブル好きで貧乏、息子を置いて蒸発など“ろくでなし”エピソードが多かった甚爾ですが、彼なりに息子のことを気にかけていたということがわかりました

まだ若かったとはいえあの五条悟を一度死の淵に追いやるほどの実力を持ち、人間味のある彼はファンの間でも『悪役だけどかっこいい』『どこか憎めない』と話題です。

息子との戦いで自害してしまいましたが、またなんらかの形で復活して恵と共闘して欲しいですね。

もしくは父親の技を恵が使えるようになったらアツいです。

今後もますます呪術廻戦の展開から目が離せません。

 

合わせて読まれている記事はこちらです⇩

⇒両面宿儺のお気に入り?伏黒恵の強さとは?・・

⇒宿儺(すくな)の真の目的が判明!?虎杖はただの器?伏黒に興・・

⇒1番の謎!祖父の遺言と虎杖の存在しない記憶とは!?宿儺の器に・・

⇒主要キャラの必殺技・術式まとめ!最強の技はどれだ!?

⇒登場人物まとめ!ストーリーに欠かせない主要キャラをご紹介・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です