【呪術廻戦】悲しい結末の幼魚と逆罰編!真人に翻弄された順平の運命は?虎杖の決意とは?

スポンサーリンク

今回は大人気マンガ“呪術廻戦“の幼魚と逆罰編について掘り下げていこうと思います。

“呪術廻戦”といえばアニメの放送日が発表されましたね!

公式情報によると今年の10月ということです!

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】「幼魚と逆罰」は何巻のはなし?

「幼魚と逆罰」編は単行本3巻と4巻に該当します

どこかダークな雰囲気のある呪術廻戦の話の中でも、トップレベルの鬱展開があることで有名な章だと思われます。(笑)

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】七海建人と共に虎杖が討伐に参加

呪胎戴天編にて宿儺と共に死亡したと思われていた虎杖ですが、宿儺がとある目的のために蘇生させました。

というのも宿儺は伏黒と交戦した際、彼の「奥の手」に興味を惹かれたようで、彼を観察するために虎杖を生き返らせることにしたようです。

虎杖が生きていることは伏黒・釘崎には伝えられておらず、五条が敢えて伝えなかったとのこと。

隔離された虎杖は五条から呪力の使い方を学ぶ等の稽古を受けることになり、その一環としてとある事件の捜査を任されます。

しかし任されたのは虎杖1人ではなく、1級呪術師の七海建人もまた捜査に加わることとなりました

七海は五条の後輩で、どうやら虎杖の指導を任されたようです。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】犯人は特級呪霊の真人

虎杖と七海が捜査を任された事件とは、『映画館で変死体が発見された』というもので、犯人は特級呪霊の真人でした

鑑賞態度の悪い不良達の頭を一瞬で変形させ、これを呪殺しました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】事件に関与している吉野順平とは?

真人が不良たちを殺害した際、偶然それを見てしまったのが吉野順平です。

彼は学校でいじめられ不登校になっていたので、いじめっ子に復讐するべく真人に教えを乞いました

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】七海VS真人の結果は?

七海は事件を調査していくうちに真人のアジトを特定しました。

しかし虎杖を連れていくのはリスクが大きいと判断し、単身で乗り込みます

魂に干渉し、肉体を変える術式を使う真人は体を欠損しても魂を保つことで体の傷を無くしてしまいます。

埒があかないと判断した七海は自らの術式を応用し、壁を破壊することで、崩れる瓦礫に呪力を込める“瓦落瓦落”を使用し、一時撤退します

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】順平と意気投合した虎杖

七海が真人と戦っている間に虎杖は順平を発見し、意気投合していました。

虎杖は「映画鑑賞によって呪力をコントロールする」という修行をさせられており、短期間で数多くの映画を鑑賞していました

そして順平は映画オタクであるため、虎杖が話のわかる人物だと判断したようです。

会話を弾ませる2人のもとに順平の母が通りがかり、虎杖は吉野家で晩ご飯を食べることになります。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】殺された順平の母

晩ご飯を食べた後、順平の母は呪霊に殺害されてしまいます。

このとき吉野家の中には宿儺の指が置いてあり、それに呪霊が集まってしまったようです。

順平は真人に唆され、いじめっ子が犯人だと思い込みます

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】真人は順平を利用していただけ?

もともと真人は順平を利用するつもりであり、宿儺の指を設置したのも(真人と手を組んでいる)夏油でした

真人に呪術を教えてもらった順平は、いじめの主犯格を殺そうとします。

そこへ虎杖が駆けつけ順平を止めようと戦闘開始。

順平の術式は猛毒を操るというものですが、猛毒の王である宿儺を体内に宿す虎杖には全く効果が無く、順平は徐々に追い詰められていきます

戦いのさなか、虎杖は順平の母が殺されたという話を聴きます。(このときまで虎杖は順平が私怨だけで高校を襲撃したと思っていた。)

順平の話を聴いた虎杖は戦闘をやめ、彼を呪術高専に勧誘します。

しかしそこへ真人が現われ順平を殺害

おそらく普通の少年マンガならば、順平は仲間になったでしょう。

さすがは呪術廻戦と言ったところでしょうか。(笑)

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】真人VS虎杖の結末は?

目の前で友人を改造され、殺害された虎杖はこれまでに無いほどの怒りを見せます。

魂の形を保つことで実質ダメージ0の真人でしたが、宿儺の影響で、無意識ではありますが魂の形を認識していた虎杖の攻撃は効くようです。

つまり真人にとって虎杖は天敵の類

その後七海が加勢したことで、真人は攻める隙を失い、一方的に殴られるだけのサンドバッグ状態になります。

虎杖たちが攻め続ける一方で、真人は初めて“死“というものを体で感じていました。

その死の感覚から領域展開のイメージを掴み、七海がトドメを刺そうとした瞬間に領域展開を発動します。

「自閉円頓裹」という真人の領域内では、真人の術式は必中です。

頼みの綱の虎杖は離れていたため、七海だけが領域内に入ってしまいます。

七海自身も負けを認めたそのとき、領域を外から破った虎杖が侵入。

領域は“閉じ込める”ことに重点を置いているため、外からの侵入は容易いようです。(もちろん領域内に外から入ることは自殺行為)

結果として宿儺の魂に触れ、彼の怒りを買った真人は返り討ちにされ、重傷を負います。

すかさず攻める虎杖と七海でしたが、間一髪のところで逃げられてしまいました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】事件後に虎杖の心境に変化があった?

戦いを終えた虎杖にはまだ正しい死がなにかはハッキリとはわかっていませんでした

友達を失い、落ち込む虎杖に七海は『自分は虎杖に助けられた。助けを必要とする人々は大勢いる』と諭します。

まだ正しい死に様がわからず悩む虎杖ですが、真人を倒すまでは絶対に負けないと心に誓うのでした。

 

スポンサーリンク

まとめ

「幼魚と逆罰」編は単行本3巻と4巻に該当し、呪術廻戦史上屈指の鬱展開があることで有名です。

宿儺に蘇生され、五条の下で修行を積む虎杖。そんな彼に任務が与えられ、1級呪術師の七海建人がその指導者として抜擢されます。

虎杖・七海が依頼された任務というのは「映画館で発見された変死体の調査」です。

そしてその変死体を造ったのは特級呪霊の真人でした。

吉野順平は真人が映画館で不良を殺害する現場を偶然見かけてしまった高校生で、いじめっ子に復讐するために真人に呪術を教わりました。

虎杖が順平を捜索している間に真人と交戦した七海は真人の驚異的な生命力に苦戦を強いられ、術式で真人のアジトごと破壊し、一時撤退しました。

修行の一環で映画を観ていた虎杖は、映画オタクの順平と意気投合。

さらに吉野宅で晩ご飯を食べ、一日をともに過ごしました。

吉野宅にはなぜか宿儺の指が置かれており、呼び寄せられた呪霊によって順平の母は殺害されてしまいました。

じつは吉野宅に宿儺の指を置いたのは夏油で、真人とグルで順平を利用して遊んでいました

真人の生命力はとてつもなく高いですが、奇しくも虎杖は真人の天敵であり、七海と虎杖の連携に真人は自らの死を感じます。

彼は奥の手として領域展開を発動し、閉じ込められた七海は絶体絶命となりますが、領域内に侵入した虎杖の体内に居座る宿儺の逆鱗に触れ、真人は返り討ちにされます。

友人を救えなかったことで悲しむ虎杖ですが、七海に諭され、真人を倒すまでは絶対に負けないことを誓います。

今回は呪術廻戦屈指の鬱展開があることで有名な「幼魚と逆罰」編について掘り下げてみました。

10月にアニメ版が放送されますが、おそらくこの「幼魚と逆罰」編までは放送されるのではないかと思います。

これを機に単行本で予習しておくのも良いかもしれませんね!

 

合わせて読まれている記事はこちらです⇩

⇒4人存在する特級呪術師まとめ!最強の呪術師はだれ?特級呪・・

⇒主要キャラの必殺技・術式まとめ!最強の技はどれだ!?

⇒『キングダム』648話!政も驚く呂不韋らしい幕引き・・

⇒『キングダム』609話!尭雲が描く中華の未来・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です