【呪術廻戦】都会に憧れるガールの釘崎野薔薇!名前の通り釘で呪いを払う!!

スポンサーリンク

呪術高専1年の紅一点でありながら、見た目も性格も男前!

並外れた度胸と気風の良さで読者を魅了する『呪術廻戦』のヒロイン「釘崎野薔薇(くぎさきのばら)」についてまとめてみました。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇のプロフィール

釘崎野薔薇は主人公の虎杖と同じ呪術高専東京校の1年生で、学年で唯一の女性キャラクターです。

しかし整った顔立ちとは裏腹に、口が悪く、自信家でサバサバとした性格をしています。

見た目にも自信があるらしく、上京した際にはモデルスカウトへ自分から話しかける場面もあります。

釘崎は盛岡から4時間かかる東北の田舎出身で、東京に強い憧れを抱いています。

排他的な田舎特有の価値観と過去のとある出来事から極度の田舎嫌いになり、上京するために呪術高専への入学を決意しました

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇が東京に来た衝撃の理由とは?

釘崎が小学1年生の時、東京からの転校生“沙織ちゃん”と出会います

沙織ちゃんは釘崎と仲良くなると、紅茶を出して出迎えてくれたり、釘崎の知らないおしゃれなお店を教えてくれたりしました。

そのため釘崎も歳の離れた沙織ちゃんを姉のように慕い、丁寧な言葉遣いや価値観に影響を受けるようになります。

しかし「田舎者を馬鹿にしている」と被害妄想を膨らませた村人たちから次第に嫌がらせを受けるようになり、沙織ちゃん一家は引っ越しを余儀なくされてしまいました

元々田舎特有の閉鎖的な雰囲気に嫌悪感を感じていた釘崎ですが、この一件でますます田舎嫌いになり、田舎を離れ、沙織ちゃんを探すために東京に住むことを決意します

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇の特殊な祓い方とは?

釘崎の能力は、藁人形・五寸釘・金槌を使う『芻霊呪法(すうれいじゅほう)』というもので、呪い感満載です。

釘が刺さった所に呪力を流し込んで破壊したり、敵の欠損した一部と人形を重ねて呪力を流し込むことで敵本体に攻撃ができたりと、主に遠隔攻撃を得意としています。

自身の体と敵がリンクしているという状況下では、自分自身に釘を打ち込むことで攻撃するというトリッキーな技も披露しています。

金槌や藁人形は別の物でも代用ができるらしく、呪術高専の交流会では金槌の代わりにピコピコハンマーを使用しています。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇と虎杖の連携お祓い

釘崎と虎杖は六本木の観光だと五條に騙され、廃ビルにいる呪いを2人で祓うことになります

二手に分かれて進んでいくと、釘崎の前に子供を人質にする狡猾な呪いが現れます。

釘崎は子供を救うため武器を捨て、自らの命を差し出すという絶対絶命な状況に…。

しかしそこへ壁を突き破って虎杖が登場し、子供を救出します

逃げようとする呪いに釘崎がトドメを刺し、思いがけない連携プレーで2人は呪いを祓うことに成功したのでした。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇は兄貴??

釘崎はクールビューティーな見た目と男勝りな言動で、ファンからは男よりも男らしいと評されています。

ここぞという場面で見せるかっこいい技や名言から、ネットでは“兄貴”と呼ばれ、活躍すると「かっこいい!」「イケメン!」の文字が並びます。

(時に見せるヒロインらしからぬゲス顔から“真の悪役”と呼ばれることも…。)

「私が私である」ために戦う釘崎の生き様は、まさにイケメン女子といえます。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇が異常に嫌がる特別扱いとは?

釘崎が生まれ育ったのは、人と人の距離感が近く閉鎖的な価値観の田舎町。

少しでもみんなと違うと浮いた存在になってしまう田舎特有の雰囲気に、釘崎は嫌悪感を感じていました

しかし憧れの東京に出て呪術高専で出会ったのは、マイノリティである自分を決して特別扱いしない仲間たちでした。

そして自分と同じく「私が私である」ことを大切にしている禪院真希と出会い、釘崎は嬉しくなります。

 

スポンサーリンク

【呪術廻戦】釘崎野薔薇が死ぬ??

呪術廻戦124話で真人の攻撃を顔に受けてしまうシーンがあります。

左目が吹き飛び、血を出して倒れてしまったため、ファンの間では「生きているのか?死んでしまったのか?」と話題です。

その後の生死は不明となっていますが、新田明が何かしらの術式を施している描写もあるため、生存の可能性は高いと思われます。

過去のエピソードや領域展開など、釘崎野薔薇についてはまだまだ謎が多く、キャラクターとしてもとても魅力的なので、まだまだ活躍が見たいところです。

 

スポンサーリンク

まとめ

自信家で男勝り、主人公たちと共に戦う好戦的なヒロイン釘崎野薔薇。

「私が私である」ことを何よりも大切にする彼女の生き様はとても現代的で、多くの読者を魅了しています

死亡説もでてしまっている彼女ですが、まだ発動できていない領域展開や過去のエピソードなど、謎の多いキャラクターでもあるので今後の活躍が楽しみです。

ジャンプ作品の王道ヒロインのように虎杖たちとの恋愛模様が見れる日も来るのか、

見守っていきたいと思います。

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒男よりも男らしい釘崎野薔薇!ヒロイン枠なのに悪顔が似合う・・

⇒衝撃展開の呪胎戴天編!ラストで虎杖が死亡!?宿儺がとった・・

⇒伊地知潔高にまさかの死亡フラグ!?サポート役は狙われやす・・

⇒最強の呪術師といえば五条悟!ハイになると誰も止められない・・

⇒将来有望の呪術師といえば伏黒恵!父親に人生を振り回されす・・

⇒呪術廻戦 登場人物一覧に戻る

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です