最新ネタバレ『アオアシ』289-290話!考察!アシト、司馬に直訴する!このままでは終われねぇ!!

スポンサーリンク

小林有吾「アオアシ」289話より引用

「ミスターエスペリオン」こと司馬のプレーを見て、アシトは合点がいきません

やはり首振りせずにフカンを発動させています。

再びミニゲームに参加するアシト。

一度は背後に位置取りする司馬にナイスパスを送りますが、そこまででした

司馬のリターンに反応できません。

プロを目指すならば頭を切り替えろと、司馬はアドバイスをします

40分という短時間で結果を残せない場合は、契約の0円提示が待つ厳しいプロの世界。

ユースとは時間の価値が全く違うのでした。

 

スポンサーリンク

『アオアシ』289話のネタバレ

それではアオアシ第289話『要はこれから』の要点をまとめてみました。

表紙に巻頭カラー、アニメ情報など、オンエア前の推しがスゴイ『アオアシ』です。

猛スピードでユースBからトップチームへと合流を果たしたアシト

しかしながら、初のトップチーム練習に打ちのめされてしまいます。

落ち込んだまま残り2日が終わるのか?

それとも奮起して巻き返しなるのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

視線の先

トップの練習が終了しました。

疲れ切ったのか、座り込んで下をうつむいたままのアシト

大ベテランの司馬も何となく心配そう。

一方、同じユース組から参加した遊馬は元気です。

ハードだったと言いつつ、風呂に入る気マンマンです

各選手が引き上げる中、報道陣の数が練習前よりも増えています。

その様子を眺める司馬に出口が声を掛けるのでした。

 

スポンサーリンク

同期会

クラブハウスで着替えが済んだ司馬は、保育園の子供を迎えに行く時間を確認中

ケガで1年間静養していたため、どうやら習慣が抜けきれていません。

子供達は復活する父親を見ると張り切っていますが、司馬は何らかの決断が必要になりそうです

そんな司馬が夫婦の会話を電話している最中です。

大きな声で司馬に声を掛けてくるキャラがいました。

ユース監督の福田です!

現役時代と変わらずに先輩への態度がぞんざいな福田。

さすがの司馬も驚きますが、もう40歳だぞと言いつつ福田にヘッドロックです。

司馬は同行した伊達に苦言を呈しますが、福田は抑えきれるキャラではありません。

 

福田と伊達が司馬と一緒に練習したのは、2人がまだ18歳の時でした。

当時、高校サッカー界ではスターだった福田。

しかし司馬のえげつないパスには追いつけませんでした

疲れきった福田の訴えも司馬は気にしません。

これからは、チーム全員が自分のパスに追いつけるようにするつもりでした。

プロになりたければ、頭の中を作り変えろ

司馬はお馴染みのセリフを福田に言い放ちます。

 

スポンサーリンク

初日はこんなもん

昔を思い出す司馬、福田、伊達の3人。

伊達は練習初日にレベルの違いを見せた司馬に感謝します

福田と共に最高の頂を目指すことが出来たからです。

しかし当の司馬は「ふるいにかけた」だけだと答えるだけ

サッカーがダメな場合、それ以外の人生に気付かせる必要もあります。

今はレバークーゼンへの移籍報道が過熱する出口選手

まるで芸能人のような取り巻きです。

しかし練習生初日はアシトたちと一緒でした。

初日は何も出来ずに終わっていたのです。

アシトと遊馬がモノになるかは明日以降

いつもどおりだと司馬は淡々と話します。

エスペリオン一筋20年の司馬は、この間に色々な選手を見送ってきました

初日から通用する選手はいませんでした。

何とかしたい選手だけが司馬に質問をしてきました。

17歳だった出口も同様でした。

「今できないことに我慢ならない奴」とは、どんな相手にも訊いてくる

それが司馬の感想です。

 

スポンサーリンク

異端児現る

司馬が見て来た新人の中では、福田と栗林の2人はやはり別格でした

福田の場合は、初日終了後も帰宅せずに夜通し練習を続けていたのです。

パスを要求する福田に対して、司馬は気色悪いと思うほどでした。

もちろん極端な例でしたが、もう十分見たと回想する司馬。

しかも最近は少し疲れたとまでボヤキます

そんな黄昏モードの司馬を探していたのは、やはりアシトでした。

ようやく見つけたと血相抱えた表情のアシト。

時間があるかと司馬に確認しながらも、今から教えてくださいと訊いてきたのです

初日から質問に来たのは、司馬にとっても初めてのパターンでした。

想定外のアシトの行動に戸惑いつつ、苦笑するしかありません。

 

スポンサーリンク

『アオアシ』289-290話のネタバレのまとめ

プロサッカー選手で40歳とは高齢の部類に入る司馬。

久しぶりに再会した福田や伊達に驚きつつも感慨深けでした

2人の登場に唐突感はありましたが、やはりアシトたちの様子が気になったのでしょう。

どうやら福田の性格は昔からあんな感じだったようで。

小林有吾「アオアシ」289話より引用

回想シーンでは徹夜で練習していたという福田

実は第1話のアシトと同じことをしていました(時系列的には逆ですが)。

当時から変わらない司馬のヘアスタイルにも驚きです(笑)。

20年という中で多くのルーキーを見て来た司馬ですが、やはり福田と栗林は別枠でした。

栗林がトップ練習に参加した時、「ある人」に救われたと振り返るシーンが以前ありました。

おそらくは司馬のことを指していたのでしょう。

出口も司馬に欧州移籍を先に連絡するなど、実は面倒見の良い選手なのかもしれません。

福田は司馬の嫁さんにご飯食べさせてもらったようですしね。

司馬夫婦の会話を察すると「引退」の2文字がチラついている気もしますが、そこに待ったかけた格好のアシト。

教えを乞うアシトの熱意に対して、司馬がどうコーチングするのか楽しみです

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『アオアシ』291話!自らの壁を壊せ!栗林からのメッセージ・・

⇒『アオアシ』290話!考えるな!感じろ!!プロが求めるプレー・・

⇒『アオアシ』288話!時は金なり!プロが見せる極限の集中力!・・

⇒『アオアシ』287話!パスミスではい?視ないで発動する司馬の・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA