スポンサーリンク

最新ネタバレ『アオアシ』310-311話!考察!栗林の出場直訴!バルセロナ因縁の相手とは?!

スポンサーリンク

小林有吾「アオアシ」310話より引用

かつてガルージャが所属していたバルセロナ。

育成の王国は、スペイン代表をユース出身で埋め尽くすほどの神のチームでした。

ユースの福田監督もお手本にする、育成の象徴ともいえるでしょう。

Jリーグの監督として来日した当初のガルージャは、日本の育成組織を欧州の猿真似だと見下していました。

しかし、勤勉な日本の国民性と合致して、予想以上の成果を上げていることを認めます。

その上で、バルセロナを打ち負かせば、アシトたち1年生のトップ練習参加を考慮するというのです。

一方、高松宮杯ファイナルは佳境を迎えていました。

シュート態勢に入る義経は咄嗟にバックパス。

そのパスを受けたのは同じ3年生の山田です。

ノーマークでのミドルシュートが決まり、優勝ゴールとなりました。

かくして国際大会の出場権を獲得したエスペリオンユース。

バルセロナへの挑戦に向けて、運命の歯車が大きく動き出します。

 

スポンサーリンク

『アオアシ』310話のネタバレ

それではアオアシ第310話『賜杯のあと』の要点をまとめてみました。

バルセロナに勝利することで、アシト以外の1年生にもチャンスを与えるガルージャ。

何だか話が大事になってきました。

そのためには高松宮杯ファイナルでのエスペリオンユースが必須条件でした。

トップ練習終了後、アシトたちに届いた勝利の吉報。

次の舞台はいよいよ世界になりそうです。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

有終の美

高松宮杯を優勝したエスペリオンユース。

福田監督はインタビューの真っ最中です。

観客席に応える竹島。

二階堂は泣きじゃくる馬場を連れて義経たちと合流。

喜びを分かち合います。

片や2年生です。

高杉の涙にドン引きする洞木。

その2人の後輩を志村が優しく包み込みます。

秋山は小早川とグラブを交換します。

馬場はまだ泣き続け、山田と志村、小早川まで集まってきます。

その様子を微笑ましく見る1年生ズ。

冨樫にドリンクを無言で渡すのは黒田でした。

一方、掲示板の試合結果を眺める阿久津。

義経は面白おかしく阿久津に近づいて、最後は握手をしながら背中を軽く叩くのでした。

いよいよ授与式となりました。

首にかけられた優勝メダルを手にする大友は感慨深げです。

義経が優勝カップを掲げました。

埼玉スタジアムには大歓声が響き渡るのでした。

 

スポンサーリンク

束の間の休息

クラブハウスの屋外で試合結果を見たアシトと遊馬。

アシトはみんな良かったと安堵します。

かくして本日をもってシーズンが終了となりました。

明日からは練習もありません。

遊馬もホッとしながらもヒマになってしまいます。

1年で唯一のオフシーズンに突入です。

育成部長の加瀬からは、一度は年末に帰省するよう勧められていたアシト。

東京でも取得は可能ですが、国際大会に向けてパスポートが必要になるからです。

しかし、今のアシトには何も考える力は残されていません。

今シーズンが終わったことで、どうやら気が抜けたようです。

頭に残っていることは、1年ではプロになれなかったという結果だけでした。

さすがに少し休みたいと呟きます。

遊馬はフットサルチームで適当に遊ぶつもりです。

その時です。

会議室から大きな声が聞こえてきました。

 

スポンサーリンク

栗林のリベンジ

会話の主は加瀬と栗林でした。

加瀬が驚くのも無理ありません。

バルセロナユース戦に出場したいと、栗林がお願いをしてきたからです。

プロ契約をした栗林の申し出に対して、加瀬は理由が分かりません。

栗林はどうしてもバルセロナ戦だけは戦いたい様子です。

現在の栗林はトップのレギュラーに定着してきました。

今さらユースの大会に出場するのはおかしいと加瀬は説得します。

もしガルージャに直訴の内容を伝えた場合、干されてしまう可能性すら出てきます。

もっとも、栗林にとって因縁の相手がバルセロナユースに所属していることは、加瀬も承知をしていました。

どうやら栗林と同い年でトップへ昇格が噂されるFWのようです。

その相手とは、これからもU-21や代表選で戦うチャンスは幾度とあるでしょう。 

それでも栗林は今の時点で戦いたいのです。

しかも代表戦ではなく、クラブサッカー同士としてです。

今後のキャリアを逆算して、現時点で互いの力を測りたい栗林。

同学年で唯一敗北したと栗林が思う選手の名前は“デミアン・カント”。

バルセロナU-18の現10番を背負います。

 

スポンサーリンク

『アオアシ』310話-311のネタバレのまとめ

前半は高松宮杯を制したエスペリオンの面々の様子ですね。

さて3年生では誰が大泣きするかと思いましたが、やはり馬場でした。

かつてガノン大阪に1-5でボロ負けした際には1年生を罵倒していましたが、それもチームを愛すればこそ。

思い入れが強い分だけ、優勝の嬉しさも人一倍だったと思います。

対照的に終始ユーモラスな表情だったのが義経でした。

さすがに阿久津に対しては、真面目に健闘を称えていましたが。

スタンドで観戦していたのは理学療法士を目指す藤宮。

どこかの部屋で中継を観ていたのはアルメニアの一色?

いずれも既に退団した3年生たちです。

うーむ、細かい。

ほかに斎藤と中川の2人も9月に一緒に退団したはずですが、2人は受験勉強で忙しいということで。

小林有吾「アオアシ」310話より引用

とにかく、今シーズンを悲願の日本一で終えたエスペリオンユース。

単行本は30巻を数えようとしていますが、作中での時間経過はようやく1年ですか。

加瀬のセリフで改めて気付きましたが、アシトは一度も愛媛に帰省していませんでしたね。

それだけ目の前に一生懸命だった証拠ですが、反動が大きかったのか燃え尽き症候群のアシトがやや心配。

そこに栗林が国際大会出場への直訴です。

栗林にはスペインがサッカーの原点ですが、どうやら拘る理由が他にもあったようです。

かつて栗林の回想シーンに登場した“カンテラのあいつ”です。

この時に勝負をしたのか、栗林はケガをして花に手当てをしてもらいました。

敗北したと栗林は言いますが、まだ小学生前後の出来事でしょうに。

10年以上も昔のはずですが、語気の強さもあり普段と違う執念を感じます。

これまで順調に重ねてきたキャリアすら、ふいにしても構わないような決意の栗林。

クラブチーム同士での戦うつもりは、1話で福田が語った野望に沿った形です。

果たしてガルージャはどのような決断を下すのでしょうか?

 

この記事の関連記事はこちらからです⇩

⇒『アオアシ』312話!アシトはスペイン向き!?花の留学先も・・

⇒『アオアシ』311話!祝・エスペリオンユース日本一!3年生の・・

⇒『アオアシ』309話!バルセロナへの挑戦権!!決勝ゴールの・・

⇒『アオアシ』308話!死闘U-18決勝戦!!次の相手はバルセロ・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA