最新ネタバレ『キングダム』585話!考察!王賁!命がけの脱出!

スポンサーリンク

秦右翼に勝つための手段として、趙左翼に狙われた玉鳳隊の王賁。

前回は、飛信隊や玉鳳隊を上手く欺く事に成功し、尭雲らが王賁の背後にまで近づく事態になってしまいました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』584話!狙われた王賁

 

さて、混乱する戦場の中、自身の危機に気付いていない王賁、そして側近の番陽と関常。

このまま王賁は討たれてしまうのか!?

今回は、玉鳳隊にとって最大のピンチを迎える中、隊員達が王賁を守ろうと奮闘する姿を中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』585話!のネタバレ

原泰久『キングダム』585話より引用

それでは『キングダム』585話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

王賁を狙う尭雲

原泰久『キングダム』585話より引用

尭雲直下兵団〝雷雲″の中でも、さらに最強とされる〝十槍″と言われる戦士たち。

その十槍が、混乱する戦場を上手くくぐり抜け、ついに王賁の背後にまで迫っていました。

「見えたぞ、王賁だ」

槍を振り回し、次々と玉鳳隊の隊員達がやられていきます。

 

「賁様後ろへ!ここは我らが」と必死に、玉鳳隊も侵入を防ごうとします。

槍が交差し、十槍の戦士が力で押し通そうとしても、王賁の親衛隊も負けません。

「ほう、やるな、親衛隊か

 王賁 最後の砦と言ったところか」

余裕の発言に、親衛隊も言い返します。

「なめるなよ

 我らの槍は賁様と共に鍛えし槍

 それにここは・・・

 我ら玉鳳の本陣!

 貴様らなど槍の数で凌駕できる!」

無数の槍が、十槍の戦士たちを攻撃します。

 

ところが、そんな親衛隊も一瞬にして切り倒されてしまいました。

なぜなら、その背後に尭雲が控えていたからです!

尭雲の強さは本物で、槍を一振りしただけで親衛隊が殺られてしまいました。

その光景に、唖然とする王賁。

 

それを遠くで戦っていた関常の隊員が気付きました。

「関常隊長!」

「何だ、どうした」と戦いながら返事する関常に対して、心配そうに言いました。

「若君が・・・

 本当に危ないかも」

 

隊員の言う通り、王賁は十槍に囲まれ、一斉攻撃に1人で対応していました。

さすがの王賁も、これはピンチです!

その状況に気付いた隊員達が、必死に王賁の側へ駆け寄ろうとします。

「くそっ護衛が皆殺られてる

 何としても賁様の元にっ」

そんな願いもむなしく、王賁の元に辿り着く事なく、十槍にやられてしまいます。

十槍の1人がニヤリと笑って言いました。

「〝雷獄″

 武を合わせ持つ厄介な秦六将を、一瞬で討つために生み出された技

 奴らに喰らわす場はなかったが、かつての列国の将軍・大将軍を幾人も葬った

 尭雲様と雷雲十槍のこの囲いを受けて生きて外に出た人間は

 一人もいない」

 

王賁相手に本気ですね!

確実に勝つために、最強戦士達を隠していたとは、恐るべき尭雲!

雷獄と言われる攻撃を、王賁は1人で耐えているわけです。

親衛隊もやられて、他の隊員達も近づけない!

どうなる王賁!?

 

行く手を阻む趙峩龍

原泰久『キングダム』585話より引用

一方、王賁の指示で玉鳳右翼の陣頭指揮と取っている番陽。

「いいぞォ、その調子だァ

 賁様の道を拒まんとする敵を打ちのめせェ」

趙峩龍軍相手に奮闘しています。

 

ところが、敵の変な動きに隊員が気付きました。

「副長!趙峩龍軍に動きが

 左から割って入ってきます」

言われた方向をじっと見つめる番陽。

最初は、本陣と玉鳳右翼を分断しようとしているのかと思いましたが、明らかに本陣の様子がおかしい事に気付きます。

番陽の目は血走り、直感で王賁の危機を察知しました。

「江里、ここは任せる!

 徳仁、二百騎いや、三百騎ついて来い

 本陣に戻るぞ!」

慌てて部下に指示を出し、王賁の元へ戻ろうと駆け出す番陽。

「ただごとではない」と、長年仕えてきた者として、やっと王賁の危機に気付いたようです。

 

ところが、横から同じ数ほどの敵が入ってきて、行く手を阻みます。

そして、番陽の前に趙峩龍が姿を現し、笑みを浮かべて言いました。

「老兵よ、残念だが

 ここは通さぬぞ」

その時、番陽は心の中で全て仕組まれた事なのだと初めて気付きました。

そして、自分の身を心配するよりも、王賁の身を案じたのです。

 

王賁だけでなく、番陽もピンチですよ!

なぜなら、相手は趙峩龍ですからね。

一筋縄ではいかないはずです。

まんまと趙左翼の作戦にはめられてしまった玉鳳隊。

そうなると、王賁を救えるのは関常だけです!

 

スポンサーリンク

駆けつけた関常隊

原泰久『キングダム』585話より引用

慌てて王賁の元に駆け寄る関常隊。

ところが、先ほどまで戦っていた尭雲直下兵団〝雷雲″も一緒について来てしまっています。

けれど、関常の思いは1つで、王賁の元に近づけず周囲で戦う玉鳳隊の隊員に言いました。

「乱戦になるぞ、お前達

 だがその隙に・・・

若を救い出せっ!!」

 

ところが、思うように王賁の元に近づけないどころか、さらに離されていきます。

十槍の1人が、不敵な笑みを浮かべて言いました。

「バカが、藺相如様と業雲様が練られた術だ

 本流だった雷雲が合流すれば

 それがさらに囲いに加わり

 強化するところまで仕込まれておるわ」

こうなる事は、敵はすでに予想していたわけです。

恐ろしいですね!

 

さすがに王賁も、止まない攻撃に限界が来ており、背後、そして頭と敵の槍が直撃し、今にも倒れてしまいそうです。

「賁様!」と、その状況に耐えられず叫ぶ隊員達。

それを見た関常が、叫びました。

「若!

 そこから脱する術は一つしかない!!

 行くぞ!!」

関常の言う術とは、内と外からの一点突破です。

 

朦朧とする意識の中、関常の言葉に王賁は気付き、理解して最後の力を振り絞ります。

もちろん、進もうとする時にも容赦なく敵の槍が攻撃してきます。

「持つか、力が・・・」と王賁が諦めそうな時、関常が再び叫びました。

「残ってる力を全部使えっ

 囲いを抜けさえすれば

 あとは俺が助ける!

 来い!若っ!!」

その言葉に、最後の力を振り絞って、十槍相手に「龍巣」や「影龍指」など、激しい技を繰り出して意地でも前に進む王賁。

そしてついに!

関常と王賁がすれ違い、一点突破に成功したのです!!

 

その状況に信じられない様子の十槍の戦士達。

「バ、バカな・・・

〝雷獄″が突破された―」

原泰久『キングダム』585話より引用

「やっと脱出したっ!」と涙を流す玉鳳隊の隊員達。

ところが、脱出に成功した王賁が「関常」と話し掛けようとすると、なぜか関常はそのまま直進し、王賁に対して言いました。

「そのまま走れェっ!!」

 

十槍の攻撃ばかりに気をとられていましたが、なんと背後には尭雲が今にも槍を振り下ろそうとしていたのです!

王賁を守ろうと盾になる関常。

背後に尭雲がいた事に、その時初めて気付いた王賁。

関常がピンチです!

王賁は力を使い果たしてしまったでしょうし、さすがの関常も1人で尭雲相手は厳しいはずです。

身代わりとなって前に進んだ関常。

とても心配です!

 

『キングダム』ネタバレ585話のまとめ

原泰久『キングダム』585話より引用

今回は、王賁を救おうと必死になる隊員達の姿にハラハラした回でしたね。

何より、関常の行動が意外で見直しました。

関常は元々王翦軍にいて、玉鳳隊への派遣は不満そうに見えましたし、王賁は王翦の本当の子ではないという噂も信じている印象でした。

けれど、いざ王賁のピンチを目の前にして、迷う事なく救い出す方法を瞬時に考え、さらには尭雲の姿に先に気付き、自ら身代わりとして前に出るとは驚きました。

関常が早くに判断しなければ、王賁は確実に討たれてしまっていたはずです。

雷獄を王賁が突破できたとはいえ、玉鳳隊全体が厳しい状況なのは変わっていません。

この玉鳳隊の危機に、飛信隊は気付く事ができるのか!?

尭雲の攻撃に関常はどうなってしまうのか!?

次回が待ち遠しいです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です