最新ネタバレ『キングダム』587話!考察!無念の後退

スポンサーリンク

関常を見捨てる事ができず、敵の輪に戻った王賁。

前回は、残りわずかな力で尭雲と戦うも、最後に王賁が討たれたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』586話!考察!討たれた王賁

 

さて、それでも、どうにか王賁だけでも助けようと、関常達は覚悟を決めます。

はたして、敵の輪から王賁を助け出す事はできるのか!?

今回は、死闘を繰り返したあとの各部隊の様子を中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』587話!のネタバレ

原泰久『キングダム』587話より引用

それでは『キングダム』587話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

命懸けの救出

「賁様を逃がせっ」

「行かせるかァ!王賁の息の根を止めろォ」

原泰久『キングダム』587話より引用

敵の怒号が飛ぶ中、玉鳳隊の隊員達は決死の思いで王賁を助け出そうとしていました。

それでも、このチャンスを逃すまいと、容赦ない攻撃が続きます。

「このままでは逃げられぬ

 命を捨てて殿をせねば」

松琢は心の中で覚悟を決めました。

 

そこへ突然、宮康が割り込んできました。

もの凄い勢いで盾を敵にぶつけ、道を切り開いていきます。

宮康は、松琢と共にずっと関常の元で戦ってきた仲間でした。

だからこそ、松琢と同じ事を考えていたのです。

「行けっ!兄弟」

原泰久『キングダム』587話より引用

宮康はそう言うと、捨て身の攻撃を続け、その間にも次々と敵の槍が容赦なく彼を攻撃します。

そして、最後に敵である十槍の1人が槍を振りかざし、宮康の体を貫きました。

口から血を流しながらも、宮康は言ったのです。

「松琢

 昔から二人で熱くなりすぎずに

 しぶとく生き残るぞって言ってたが、そうもいかなく・・・

 だが、いい

 賁様は命をかけて守るに足るお方だ

 あとは頼んだぞ、兄弟」

そう言って穏やかな笑顔を浮かべたあと、逃げる事なく敵に攻撃を続けました。

周囲の敵から無数の槍が、彼の体を貫きます。

「宮康ォォ!!」

涙を流しながら松琢は叫びました。

 

宮康と松琢はいつも一緒で、飄々と仕事をこなしている印象でした。

けれど、いざとなったら迷わず王賁のために命を差し出した宮康に、つい胸が熱くなりましたね。

その姿はもう立派な戦士で、彼の最期はかっこよかったです。

 

利き腕を失った尭雲

原泰久『キングダム』587話より引用

飛信隊が戦う戦場で、ふと信が遠くに視線を送りました。

楚水が「どうかしましたか!?」と尋ねると、信は少し間をおいて答えました。

「何か向こうの戦場が・・・

 ザワついてねェか?」

「隣の亜光軍のところですか?」と、不思議そうに信と同じ遠くを眺める楚水。

「・・・分かんねェ

 もしくは玉鳳のところだ」

信はそう答えつつ、王賁がちゃんと勢いを止めずに戦っているのか、不安がよぎりました。

 

一方で、尭雲直下兵団の十槍の戦士たちは、少し離れたところから立ち去る玉鳳隊を眺めていました。

宮康のおかげで、どうやら王賁を敵の輪から救出する事に成功したようです。

それでも、どのみち王賁は死んだと確信し、十槍の1人が尭雲に話し掛けました。

「尭雲様、戻りましょう

 ここは玉鳳の中心部

 さすがに敵が集まってきます

 それに・・・

 急いで傷の手当てを」

王賁の一撃によって負傷した尭雲。

利き腕からは、溢れんばかりの血が流れていました。

その腕を見て、悔しそうにする尭雲の部下達。

最終的には、尭雲直下兵団〝雷雲″は半数近く討たれ、さらにその中でも最強とされる〝十槍″も四槍失いました。

 

「何珉は、このでかぶつに殺られた

 首でも取っていくか」

そう言った十槍の視線の先には、静かに横たわる宮康の姿がありました。

彼は立派に自分の使命を果たしたのです。

そんな部下の会話に「置いていけ、戻るぞ」と言って、馬を走らす尭雲。

王賁を追い込む事に成功はしたものの、尭雲軍も大きな痛手を負ったようです。

 

そんな尭雲が持ち場に戻る姿を、少し離れた戦場で確認した趙峩龍は、分断戦術を止め、本陣へ下がりました。

それによって、趙峩龍に行く手を阻まれていた番陽も、玉鳳隊本陣に戻る事ができました。

そして戻ってから初めて、王賁が討たれた事を番陽は知るのです。

 

スポンサーリンク

宮康との別れ

玉鳳本陣では、体が震えるほど悔しがり、涙を流す番陽がいました。

そんな番陽に対して、現状を報告する隊員達。

「賁様は、宿営地の天幕にお連れしました」

「息は・・・息はかろうじてあります!」

「副長!とにかく今は玉鳳全体の指揮を・・・」

そんな言葉など耳をかさず、番陽は怒りを関常にぶつけました。

「関常!

 お前がついていながら何ということか!」

 

ところが、番陽など見向きもせず「すまぬ、番陽・・・少し待ってくれ」とつぶやき、ボロボロの体を引きずりながら、横たわる宮康の元へと近づきます。

原泰久『キングダム』587話より引用

そして、宮康の横でひざまずき、静かに言いました。

「すまなかったな、宮康・・・」

そう言うと、全ての力を使い果たした関常は、意識を失うように倒れました。

 

この戦いが始まるまでは、関常に対しては良い印象がなかったのですが、命懸けで王賁を助けようとするし、部下想いだし、すごく良いヤツですよね。

そんな関常だからこそ、宮康も立派な戦士になれたのでしょう。

原泰久『キングダム』587話より引用

こうして、王賁が不在となった玉鳳は、亜光軍の斜め後ろまで後退するしかありませんでした。

事情を知った亜光軍は、右に兵を厚くして趙峩龍軍の攻撃に構える形を取りましたが、その分全面が弱くなり、馬南慈軍に攻め込まれてしまいました。

ただ、王賁を討ち取るため、尭雲が不在となっていた尭雲軍に対しては、飛信隊は右の馬南慈軍が警戒するほど、奥へ押し込む事に成功したのです。

王賁を討つことで、玉鳳隊を壊滅させる事に成功した趙左翼。

趙峩龍は勝利を確信し、明日1日で決着をつけるつもりです。

どう考えても、秦右翼が圧倒的に不利な状態ですが大丈夫なのでしょうか?

 

瀕死状態の王賁

玉鳳本陣では、王賁が治療を受けているテントを囲むように座り、涙を流しながら見守る玉鳳隊の隊員達の姿がありました。

そこへ、「ここか、玉鳳の本陣は」と信がやってきました。

河了貂と羌瘣も一緒です。

 

王賁がいるテントの方へ信が歩いていこうとすると、松琢が呼び止めました。

「待て

 今、手当て中で、皆静かに見守っているところだ

 せっかく来てくれたが、あんたもここで待て」

「静かにって、じじィは騒ぎまくってんじゃねーかよ」と、テント前で騒ぎ立てる番陽を見て答える信。

続けて「危ねーのか、王賁」と尋ねます。

少し困った様子で松琢は言いました。

「見た通りだ

 あとはもう・・・

 覚悟を決めて祈るだけだ・・・」

 

ところが、信は「ちょっと、どけ」と言って前へ歩き始めました。

「オイ!」と松琢が再び呼び止めるも、肩にポンと手を置かれ「大丈夫だ」と信に言われてしまうのです。

そして、パニック状態になっている番陽にも話し掛け、「しっかりしろ、あいつは大丈夫だ」と言い切ります。

思いがけない発言に周囲も驚きつつ、番陽は涙ながらに応えました。

「バ、バカ者

 なぜそんなことが・・・

 もう何度もさっきから賁様の心臓は止まりかけて・・・

 いるのだぞ」

それでも、信は力強く言いました。

「それでも大丈夫だ

 あいつは死なねェ

 死んでたまるか」

原泰久『キングダム』587話より引用

その言葉に泣き崩れる番陽。

 

そして、「治療のために羌瘣を連れてきた」と説明します。

「効く秘薬も持っているし、ふつうの軍医ではできない治し方もできるから絶対助けてくれる」と太鼓判を押す信。

そんな無茶な説明に、少し呆れた様子で羌瘣は言いました。

「前にも言ったぞ、何でもできるわけじゃないって」

 

不満そうにしながらも、治療するためテントの中に入ろうとした時、ふと気付いて「お前は中に入らないのか?」と羌瘣は信に尋ねます。

すると、信は背中を向けて言いました。

「入らねーよ

 しょーもねー死にかけのあいつなんか見たかねェし

 あいつも見られたくねーだろーし」

信なりの気遣いをみせ、番陽に向かって話を続けました。

「それに俺は、あいつを見舞いにここに来たんじゃねェ

 俺は・・・

 明日どうやって趙左翼に勝つか、玉鳳と話し合いに来たんだ」

原泰久『キングダム』587話より引用

その発言に驚く玉鳳隊の隊員達。

けれど松琢だけは、戦場で言っていた「秦右翼にはまだ飛信隊が残っている!」という関常の言葉を思い出していました。

 

「お前という奴は、この状況下でまだ・・・」と動揺する番陽に対して、信は声を荒げて言い返しました。

「当たり前だ

 俺達は勝つために戦ってんだ!!」

「お前はどこまでバカな・・・」と呆れる番陽。

こんな厳しい状況であっても、信は勝利を諦めていなかったのです!

 

思い返してみれば、最初に王賁が信に相談したからこそ、玉鳳隊と飛信隊が2隊同時に覚醒できたわけです。

今回は、信の方から話し合いに来たという事は、王賁自身も諦めていないと思っているからこその行動なのかもしれません。

追い込まれた時こそ、根拠のない自信が頼りになる事もあるはずです。

信がどう動くのか、楽しみですね!

 

『キングダム』ネタバレ587話のまとめ

原泰久『キングダム』587話より引用

今回は、命を捨てても王賁を守ろうとした宮康の姿、そして絶望的な空気が漂う中、希望を捨てていない信の姿が印象的な回でした。

不思議なもので、信が「大丈夫だ」と言えば、読んでいるこちらも大丈夫な気がしてくるから不思議です。

これも、信の人柄から出る魅力なのでしょうね。

どう考えたって、王賁が討たれてしまった以上、秦右翼が勝つのは厳しいはずです。

兵糧も底をついたし、援軍が来てくれる様子もありません。

こんな厳しい状況から、信はどうやって勝利へと導いてくれるのか!?

来週が待ち遠しいです!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です