最新ネタバレ『キングダム』605-606話!考察!李牧の戦術を見抜いた王翦将軍

スポンサーリンク

田里弥の戦術が通じない李牧軍。

前回は、最後まで李牧の強さの秘密が暴けず、傅抵にバカにされたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』604-605話!田里弥の戦術に動じない李牧軍

 

さて、謎が解けないまま繰り広げられている中央軍同士の戦い。

王翦自身も分からず、強烈な探りとして倉央(そうおう)が突撃しました。

探りによって、今度こそ李牧軍のからくりを暴く事ができるのか!?

今回は、王翦軍の動きを中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』605話!のネタバレ

それでは『キングダム』605話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

第四軍突撃

倉央がまだ突撃する前の出来事。

王翦軍の部下が急いで倉央に伝えます。

「王翦様より伝令!

 敵の動きを〝探る″ため

 第四軍から一千騎突撃させよと」

原泰久『キングダム』605話より引用

田里弥の戦いぶりを見て、早く戦いたくて仕方ないのでしょう。

倉央は、手で前髪をクルクル触りながら話をしています。

会話の相手は倉央と同じくらい体格のいい女性、副将の糸凌(しりょう)です。

 

探りなのに、一千騎と多い兵数。

倉央と糸凌は強さに自信があるようで、探りだけで李牧軍に大打撃を与えられると予測していました。

それでも、突撃前に倉央が心配して糸凌に言ったのです。

「張り切りすぎるなよ、糸凌

 李牧兵は何やら

 妙な戦術を使っている」

「分かっています」と言いつつ、不敵に微笑む糸凌。

倉央はさらに話を続けます。

「夜の元気は残しておけよ

 勝って、朝までお前を抱きまくる」

勝利を確信したかのような言い方。

どうやら、糸凌は倉央とそういう関係にあるみたいですね。

 

糸凌は微笑んだあと、「御意」と言って勢いよく走り出しました。

あれだけ張り切りすぎるなと言われていたのに、最初から両手に剣を持ち激しく振り回します。

飛び散る李牧兵の首。

原泰久『キングダム』605話より引用

あまりにも一人で突っ走っていくので、部下はついていくのがやっとでした。

「ダメだ、声がもう届いてねぇ」

「俺らが追いつくしかねぇ

 いつも通りな」

部下からすると、糸凌の単独行動はいつもの事みたいです。

 

遠くから糸凌が暴れる姿を見ていたカイネ。

近くにいた部下は驚いていました。

「やばい連中が入って来たぞ

 先頭の大男が

 何だあれは・・・」

体格がいいせいか、糸凌を男性と勘違い。

でも、カイネは分かっていました。

「違う

 あれは大女だ

 所作で分かるだろ」

驚く周囲。

 

乱される共伯軍。

部下は心配していましたが、カイネは全く動じていませんでした。

「問題ない

 想定上の〝武″に合わせ損ねただけだ

 共伯軍には・・・

 つまりは李牧様の兵には通用しなくなる」

傅抵と同じく、戦闘能力が高い糸凌にも動揺しないカイネ。

個々の戦闘能力が高くても、李牧の戦術には通用しないみたいです。

 

糸凌を圧倒する李牧兵

探りなのに、一人で次々と敵を倒していく糸凌。

そこへ、李牧兵が大きな盾を持って集まってきました。

盾兵が糸凌を丸く囲むように追い詰めていきます。

 

しかし、これぐらいの事で糸凌の勢いは止まりません。

ニィッと笑って、剣を振り回して盾兵を攻撃!

原泰久『キングダム』605話より引用

敵は倒れるかと思いきや、少しだけ後ずさりするのみで、再び盾を構えます。

異変に気付いた糸凌。

今度はさらに勢いよく攻撃しました。

それでも倒れない盾兵。

 

これは〝虚脱″という名の防御方法でした。

ただ力を抜いて守ればいい、というわけではありません。

殺気や恐怖など、心に少しでも力みが生じれば、自然と体に力が入って斬られてしまいます。

ところが、李牧兵は糸凌の気をあてられたとしても恐怖をみせません。

どんなに剣を振り回しても、何度も態勢を整える李牧兵。

さすがの糸凌も驚きました。

「へー、ただの兵じゃない

 とんでもねェ

 仕込まれ方してるな

 こいつら・・・」

原泰久『キングダム』605話より引用

 

糸凌の異変に気付いた部下。

「将軍!

 なぜか副将の勢いが止まりました」

驚く倉央。

少し考えて、すぐに部下に指示を出します。

「進まぬなら

 糸凌を一度呼び戻せ

 伸びきったまま留まるのは

 いかにアイツとて危ういぞ」

 

部下は糸凌の元へ急いで向かおうとしましたが、目の前に突然敵兵が!

倉央の指示が届く前に、李牧兵による分断攻撃が始まったのです。

「こいつら、いつの間に!?」

「いかん、隊を断たれるぞ!」

一千騎もあった兵が、李牧兵によって分断されてしまいました。

でも、倉央は冷静です。

「五十騎、援軍を送れ」

糸凌の元へ援軍などと、珍しい出来事に慌てる部下達。

ところが、再び目の前に敵部隊が出現!

「何っ!?」

原泰久『キングダム』605話より引用

さすがの倉央も驚愕!

向かおうとした五十騎の前に、敵五十騎が現れたからです。

仕方ないので現れた敵は倉央が対処するとして、援軍五十騎は先を急がせました。

「何だ、今のは・・・」

倉央からしても、李牧兵の動きが読めませんでした。

 

スポンサーリンク

気付いた王翦

一方で、戦術が封じられてしまった田里弥。

たくさんの部下が駆け寄り、次の指示を待ち望んでいました。

原泰久『キングダム』605話より引用

「黄馬隊が半分に、ご指示を」

「山比隊も!」

「陸隊も指示を仰いでいます!」

隊が削られているのにも関わらず、田里弥は何も指示を出しません。

これには部下も動揺を隠しきれませんでした。

 

険しい表情のまま、田里弥の脳内はフル回転。

次の指示をグルグルと考え悩んでいたのです。

「大小戦術を出しても全て通じず

 むしろ裏目に出続けている」

敵も戦術理解を徹底しているとはいえ、それは田里弥軍も同じ。

押し負けてしまうほど、差があるとは思えなかったのです。

何やら感じる違和感。

その答えを、田里弥は必死に考えていました。

 

高台から、腕を組んで眺めている王翦将軍。

隣にいた部下が叫びます。

「入って行った

 倉央達の動きが止まりました!

 いや、それよりも

 田里弥軍が各所で・・・」

動揺する部下達。

ところが、王翦将軍は表情も変えずに言いました。

「ほう

 そういうことか」

原泰久『キングダム』605話より引用

何かに気付いたようです。

 

王翦に比べて、未だに答えが出ない田里弥。

指示がなければ、このままでは負けてしまいます。

ひとまず、入っていった倉央達は危険回避のため外に出てもらう事にしました。

「そして全軍

 乱戦を解いて一度退がらせよ

 今のかみ合いのままでは

 兵を失うだけだ」

田里弥の指示に動揺する部下。

しかし、このまま攻めたとしても無駄に兵力を失うだけ。

戦い方を大きく変えるためにも、全体的に一度後退させる事にしたのです。

 

ところが、戦場に突然大きな音が響き渡りました。

地鳴りのような足音。

田里弥も気付き、戦っていた糸凌や倉央も手を止めたのです。

驚く傅抵やカイネ。

李牧も戦場を見つめて言いました。

「・・・ほう

 早くも出て来ましたか」

原泰久『キングダム』605話より引用

全ての視線の先には、王翦本軍一万の兵。

先頭はなんと王翦将軍です!

後ろに歩兵団を引き連れて前進し始めました。

いよいよ、王翦自身が動き出したのです!

 

王翦軍の前進

原泰久『キングダム』605話より引用

王翦の動きに反応した雷伯将軍。

共伯軍の後ろに控えていましたが、部下に出陣の指示を出しました。

向き合う王翦軍と雷伯軍。

兵数は同じ一万。

雷伯軍は早くも布陣展開を始めています。

 

傅抵は王翦を見て笑いました。

「早くも大将自らお出ましかよ

 でも残念だったな、王翦」

なぜ、ここまで傅抵が余裕なのかというと、雷伯将軍もまた李牧の直下兵だったからです。

田里弥が戦っている相手は共伯将軍ですが、ただでさえ苦戦している状態です。

たとえ王翦が出てこようとも、同じ戦術を見せつけてやれば問題ないと考えていました。

「つまり

 李牧様の戦術の謎を解かない限り

 お前には勝ち目はないんだよ!」

原泰久『キングダム』605話より引用

傅抵からすれば、李牧の陣形は戦術を超えた代物。

王翦がどんな陣で挑もうとも、李牧の戦術を攻略できるはずがないと確信していたのです。

田里弥や倉央もまた、王翦将軍がどのように攻めるのか注目。

倉央の予想では『鶴翼』あたりが妥当であると考えていました。

 

しかし!

王翦将軍の動きは周囲の度肝を抜いたのです!

「なっ、何だ!?

 布陣しない・・・

 ただ、そのままで

 ぜっ、前進する!?」

原泰久『キングダム』605話より引用

なんと王翦は、引き連れた一万の歩兵をそのまま前進させました。

横並びで突き進む王翦軍。

この動きに、李牧は何かに気付いたのです!

 

これは予想外の展開になってきました。

まさかの王翦先頭で、相手は布陣を展開しているのにも関わらずそのまま前進!

無謀とも思えるこの動き。

王翦の真意が気になりますね!

 

『キングダム』ネタバレ605-606話のまとめ

原泰久『キングダム』605話より引用

今回は、周囲の予想を上回る王翦将軍の動きが印象的な回でした。

また、真面目そうな田里弥に対して倉央の個性も光っていましたね。

前回から倉央の隣にずっといる女性が何者なのか気になっていましたが、今回でようやく正体が分かり、おまけに倉央との関係性も明らかにされました。

糸凌は強い剣士のようなので、これから大いに活躍してくれそうな気がします。

さて、問題は王翦将軍の動きです。

歩兵だけを引き連れて進むとは、李牧の戦術のからくりが分かって同じ戦術で押し潰そうと考えているのでしょうか。

王翦軍がお手本として雷伯軍も圧倒できたらなら、あとは同じ手法で田里弥軍も共伯軍を倒してしまえば良いだけの事です。

王翦将軍は、このまま李牧軍を攻略できるのか!?

次回の展開が待ちきれません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です