最新ネタバレ『キングダム』608-609話!考察!王翦の勧誘を断った李牧の思い

スポンサーリンク

李牧軍を追い詰めた上で、驚きの行動に出た王翦。

前回は、李牧に対して

「私と組み力を貸せ」

と誘ったところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』607-608話!思いがけない王翦からの誘い

 

さて、王翦と同じく、対話するために前にでた李牧。

最初はお互い挑発し合いましたが、黙って王翦の言葉に耳を傾けます。

鋭い眼光の裏に潜む、李牧の答えとは?

このまま、李牧軍は王翦の言いなりになってしまうのか!?

今回は、王翦に対する李牧の返事と、秦右翼の状況を中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』608話!のネタバレ

原泰久『キングダム』608話より引用

それでは『キングダム』608話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

李牧の返答

陣形の前で向き合って話す、李牧と王翦。

「私と一緒に来い、李牧

 お前が私と組み力を貸すなら

 二人で全く新しい

 最強の国を作ることが出来る」

原泰久『キングダム』608話より引用

思いがけない王翦からの誘い。

 

周囲は思わず、耳を疑いました。

「なっ、この状況でまさか

 敵国登用だと!?」

「秦軍の大将軍のくせして

 国を作るって言わなかったか!?」

原泰久『キングダム』608話より引用

これには、さすがにカイネや傅抵も驚愕します。

黙って聞いていた田里弥と倉央は、表情を変えず状況を見ていました。

 

戦場であるにも関わらず、続く沈黙。

李牧は少し考えてから、口を開きました。

「私は、あなたのことは

 そこまで詳しくは知りません

 しかし・・・」

 

誘いを受けると思ったのでしょう。

カイネと傅抵が「えっ!?」と動揺します。

ただ、ここからはあまりにも李牧らしい返事でした。

「これはあくまで

 私の直感ですが・・・

 あなたは国を亡ぼす事はできても

 国を生み出す事はできない人間です

 あなたは恐らく・・・

 この場にいる誰よりも

 愚かな人間だ」

原泰久『キングダム』608話より引用

王翦は目を見開いて言いました。

「それが応えか・・・李牧

 あえて報われぬ道を選ぶか」

原泰久『キングダム』608話より引用

今の状況からして、生き残るためであれば王翦側につくのも1つの方法です。

しかし、李牧にとっては、そんな事は重要ではないのです。

王翦の言う通り、李牧の肩には趙国の未来が重くのしかかっています。

だからこそ、どんな苦境でも全てをかけて戦ってきました。

それは、いわば“大義”です。

苦しい時こそ、我欲は必要ありません。

自分を最上に置く王翦には、この意味は理解できないと思ったのでしょう。

李牧は、王翦のいう事を全否定しました。

「私はある時から

 守るものがあった方が

 燃えるようになりましたので。

 趙国を亡ぼすことは

 私が決してさせませんよ

 王翦」

原泰久『キングダム』608話より引用

 

正面衝突

李牧の応えを聞いた王翦。

矛を掲げて言いました。

「必ず後悔するぞ、李牧」

李牧も睨みつけて言ったのです。

「あなたの方です」

 

矛を振り下げ、王翦は部下へ指示。

「李牧を殺せ」

原泰久『キングダム』608話より引用

今までの沈黙が嘘のように、お互いの兵が叫びながら衝突します。

まずは総大将を守るため、李牧と王翦の周りに一気に兵が押し寄せました。

 

王翦軍はすでに布陣済み。

倉央が糸凌に呼び掛け、李牧の首を狙いに行きました。

田里弥は王翦をまず保護し、李牧を追い込むように指示を出します。

ただ、李牧軍も負けてはいません。

傅抵がすかさず王翦の首を狙って出陣。

カイネは李牧を救援しようと向かいます。

 

激しくぶつかり合う中央軍同士。

離れていく時にも、王翦と李牧は互いを意識していました。

二人の脳裏に浮かぶのは秦右翼。

王翦の作戦では、中央軍が戦っている間に、横から秦右翼が攻撃して李牧の首を狙う流れでした。

もちろん、李牧は秦右翼を頼りにしている事は知っています。

互いに「勝ち目はない!」と予測。

全ての命運は、秦右翼にかかっていました。

 

激しい戦いを繰り広げている秦右翼の戦場。

信も矛を振り回し、敵をなぎ倒していきます。

しかし、いつもの勢いはありません。

辛そうに歯を食いしばる信。

「くそっ

 何で力が戻らねぇ・・・

 傷口とかじゃなねぇ

 趙峩龍との一戦が

 想像以上に重かったのか」

原泰久『キングダム』608話より引用

思い返してみれば、趙峩龍を討った時、信は今まで以上の力を放出していました。

明らかに、残った力を全て使い果たしていたのです。

気持ちだけではもう、言う事をきかなくなってきた己の体。

信は、動けない自分を歯がゆく感じていました。

 

スポンサーリンク

限界が近い仁

信の首を狙って駆け付けた十槍の三人。

少しでも信を休ませるため、飛麃隊が相手をしていました。

しかし、さすが尭雲の直下団である十槍。

強すぎて、我呂が追い込まれていたのです。

「第三槍、この平秀に対し

 よくやった方だ、誇れ

 そして死ね」

槍を構える平秀。

悔しそうに、我呂は睨みつけます。

その時でした!

原泰久『キングダム』608話より引用

「矢だと!?」

平秀の手首を矢が貫通。

動きを止めます。

その間に、気合いで槍を振り上げた我呂!

平秀は胸を斬られ、血を吹き出しながら落馬したのです。

 

間一髪で助けられた我呂。

原泰久『キングダム』608話より引用

矢を放ったのは弓矢兄弟の兄、仁(じん)でした。

「よし、さすがだ仁

 我呂さんを助けたぞ」

周囲から称賛の声。

ところが、仁は納得がいかない表情。

となりにいた弟、淡(たん)も不安そうに尋ねました。

「・・・兄ちゃん

今の・・・」

淡の予想通り、今回はたまたま手に当たっただけでした。

弓矢兄弟の父は、中華十弓に選ばれる程の弓矢の達人

父の血を受け継いだ二人は、いわば弓矢のエキスパート。

そんな仁が、狙ったはずの敵の顔を外すなど考えられません。

 

震える手で、弟に「淡、矢の補充を」とお願いする仁。

想像以上に長引いている朱海平原での戦い。

原泰久『キングダム』608話より引用

連日撃ち続けている仁は、すでに限界を迎えていました。

近くで見て来た淡は、その事に気付いていたのです。

 

弓矢兄弟の約束

矢の補充をお願いされたのにも関わらず、自ら弓矢を構え放った淡。

でも、狙った敵に当たる事はありません。

淡は涙を浮かべて、心の中で悔しがります。

「オイラの矢は当たらない

 兄ちゃんはずっと頑張ってるのに

 オイラの矢は・・・」

実は、淡。

弓矢の技術は、兄に負けないほど超一流。

でも、どうしても人に当てる事ができないのです。

飛信隊の試験では的を当てれば良かったので、兄弟揃って入隊する事ができました。

ただ、ここは戦場。

朱海平原でもそれは変わらず、兄をサポートするしかなかったのです。

「淡、ムリに撃たなくていい」

敵に当てられない弟を、優しくなだめる兄。

でも、仁が限界を迎えているなら、少しでも力になりたかったのです。

 

淡の気持ちは、十分理解しているのでしょう。

仁はニヤリと笑って言いました。

「兄ちゃんと約束しろ、淡 

   兄ちゃんが撃てなくなったら

 その時は代わりにお前が撃て

 この戦争には

 俺達兄弟の力が必要なんだ」

原泰久『キングダム』608話より引用

ボロボロと涙を流す淡。

「分かったよ、兄ちゃん!」と、力強く約束を交わしました。

 

飛信隊が奮闘する頃、横でなびく玉鳳隊の旗。

そこには、向き合う王賁と尭雲の姿がありました。

「来たか、王賁」

原泰久『キングダム』608話より引用

尭雲の鋭い眼差しは、王賁しか見ていなかったのです。

 

いよいよ、尭雲と王賁の再戦がやってきました。

関常を助けるため、王賁は尭雲の利き腕を攻撃。

見事に貫通させましたが、反撃で王賁は討たれてしまいました。

ところが、羌瘣の治療もあり、少しの休息をえて王賁は復活!

本調子ではないものの、戦場に立った時から尭雲を意識している様子でした。

今のところ、信と蒙恬は活躍している印象ですが、王賁はまだ結果を残せていません。

今度こそ尭雲を討つ事ができるのか、とても気になります!

 

『キングダム』ネタバレ608-609話のまとめ

今回は、王翦の誘いを断り、李牧の仲間に対する想いが感じ取れた回でした。

国のためではなく、守りたいもののために李牧は戦っていたようです。

さらに、久々の弓矢兄弟の登場。

立派に飛信隊の一員として仁が活躍しており、淡もそろそろ実力を発揮しそうな予感です。

そしてなにより、注目すべきは王賁と尭雲の再戦。

尭雲の周りには十槍がまだいるはずなので、このまま直接対決になるとも思えません。

藺相如の二つ目の遺言を果たすため、戦場に立った尭雲。

はたして、宿命の戦いはどちらが勝利するのか!?

次回の展開が楽しみです!

 

スポンサーリンク

 

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です