最新ネタバレ『キングダム』621-622話!考察!無敵の羌瘣すら圧倒する武神龐煖

スポンサーリンク

たった一人で龐煖に挑む羌瘣(きょうかい)。

前回は、羌瘣が龐煖(ほうけん)の背中を斬りつけたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』620-621話!彷徨う龐煖に立ちはだかる羌瘣

さて、李牧を目前にして立ちはだかる龐煖。

前進していた飛信隊も勢いがなくなり、多くの犠牲が出てしまいました。

龐煖は秦国の名武将、王騎(おうき)と麃公(ひょうこう)の命を奪っています。

武将ですら倒せなかった宿敵。

はたして、羌瘣ひとりで龐煖を仕留めるなど可能なのか!?

飛信隊は李牧に辿り着くことはできるのか!?

今回は、龐煖と羌瘣の一騎打ちの様子を詳しくご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』621話!のネタバレ

原泰久『キングダム』621話より引用

それでは『キングダム』621話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

舞い降りた神

これは、龐煖を攻撃する少し前のお話です。

原泰久『キングダム』621話より引用

騒がしい戦場の中、羌瘣は静かに呼吸を整えていました。

周りの音など届きません。

今は愛刀、緑穂(りょくすい)とだけ対話している状態です。

羌瘣は緑穂に求めました。

「もっと深くいこう」

 

羌瘣は暗殺一族の末裔。

一族に伝わる「巫舞(みぶ)」という、特殊な呼吸法を使って戦う事ができます。

羌瘣は今まで、幾度となく「巫舞」によって窮地を切り抜けてきました。

しかし、今度の相手は龐煖です。

武神と言われるほど、極みに立つ人物。

龐煖を倒すためには、今までで一番深いところまで辿り着かねばいけません。

羌瘣は緑穂と対話を続けます。

「命を投げ出すほどに

 深いところまで・・・」

原泰久『キングダム』621話より引用

まるで暗闇の海へ沈んでいくかのように、羌瘣は意識を深めていきます。

『トーン タンタン

 トーン タンタン』

目を見開いた羌瘣。

彼女の体には“神”が宿っていました。

「古の闇 開闢の炎

 汝の眼は何を宿す」

羌瘣の目が血走り、血の涙を流します。

「天を裂く白光

 血を揺らす鼓動

 汝の耳は何を刻む」

顔や首、腕や手に至るまで血管が炎のように浮き出てきます。

「人は迷いし土の器

 我は舞う 雷の神」

原泰久『キングダム』621話より引用

龐煖の前に立ったのは、いつもの羌瘣ではありません。

“雷の神”となった彼女が剣を向けていたのです。

「嗚呼、緑穂

 血が逆巻く」

それからは一瞬の出来事でした。

矛を振り回す龐煖をくぐり抜け、羌瘣は宙を舞いながら背中を斬りつけたのです!

渕副長や楚水も唖然。

周囲は目の前の光景に驚愕していました。

通常であれば、龐煖に近づくだけでも至難の技。

ところが、羌瘣はたった一人で龐煖と互角に戦っていたのです!

 

神堕としと武神の戦い

原泰久『キングダム』621話より引用

羌瘣は、身軽に地面に降りては宙を舞って攻撃。

次々と龐煖を斬りつけていきます。

しかし、武神も黙っていません。

羌瘣を睨みつけ、矛で攻撃しようとしますが!

矛を握る薬指と小指を切断されてしまいました。

驚異的な攻撃力。

見ていた渕副長は思いました。

「いっ、いけるっ」

しかし、楚水は気付きます。

羌瘣が地面に降りた時、苦渋の表情をしていることに。

それどころか、口からは血を吐いていました。

緑穂にも亀裂が入っていきます。

原泰久『キングダム』621話より引用

龐煖と戦うために、彼女はどれだけ無理をしているのか。

戦いを見ている飛信隊はすぐに気付いていました。

でも、羌瘣は歯を食いしばり、攻撃を止めません。

再び宙へと舞い上がり、今度は右肩を斬りつけます。

龐煖の体から血が噴き出し、衝撃からよろめいて跪きました。

これならいけると思ったのでしょう。

田永や渕副長が涙を流しながら応援します。

「いけ、羌瘣!」

「いけっ、いけェっ」

ところが、羌瘣の猛撃は長くは続きませんでした。

跪いた時に、龐煖が見た自分の手。

指が2本なくなっています。

龐煖の目は血走り、羌瘣を睨みつけました。

「ふざけるな!!」

原泰久『キングダム』621話より引用

羌瘣を矛で攻撃!

龐煖の攻撃を慌てて受け止めますが、パワーでは太刀打ちできません。

羌瘣は体ごと投げ出され、地面へ転がっていきます。

 

ただ、それでも彼女は諦めません!

態勢を立て直し、すぐに立ち上がります。

顔を上げ、龐煖を睨みつける羌瘣。

龐煖は言いました。

「吠えるな

 “神堕とし”の分際で

 貴様こそ所詮は“器”

 宿す者ではない」

要するに、龐煖からすれば、羌瘣に神など宿っていません。

思い込むことで“神”になりすました程度。

だから、羌瘣の体は器に過ぎず、お前自体が強くなったわけではないと言いたいのでしょう。

羌瘣が命懸けで自分を追い込み、辿り着いた境地。

でも、龐煖はすでに到達しているどころか、強さは神そのものでした。

龐煖は鬼の形相で言い切ったのです。

「我・・・

 武神龐煖也」

原泰久『キングダム』621話より引用

 

スポンサーリンク

追い込まれた羌瘣

原泰久『キングダム』621話より引用

再び攻撃し合う両者。

あまりの速さに、周囲は唖然としてしまいます。

まるで何本も腕があるかのように攻撃しつつも、見事に相手の攻撃を回避。

龐煖と羌瘣、両者譲らない状態で攻防が続きます。

 

本当であれば、周囲にいる仲間も手助けしたいでしょう。

しかし、常人では手出しできない程のスピード。

下手に手を出せば、逆に足手まといになるだけです。

出来ることと言えば、ただ応援するのみ。

田永は涙を浮かべながら叫びました。

「いけ、羌瘣!」

原泰久『キングダム』621話より引用

みんなの期待に応えるかのように、羌瘣の攻撃が続きます。

ところが、龐煖の頭上を舞っていた時でした。

突然、左足首を掴まれたのです!

 

龐煖はそのまま力強く、羌瘣を地面へと叩きつけました。

衝撃で口から血を噴き出します。

それでも、龐煖は攻撃を止めません。

足首を掴んだまま高く振り上げ、再び地面へと叩きつけます。

周囲に響き渡る鈍い音。

渕副長の目から涙が流れました。

もう傍観しているなんてできません。

「や、やめっ・・・」

渕副長が呼び止めようとしますが、羌瘣は諦めていませんでした!

原泰久『キングダム』621話より引用

足首を掴まれたまま宙へと舞い上がった時、羌瘣の目は龐煖を捉えます。

そのまま、矛を握っている左腕を攻撃!

緑穂が龐煖の腕を貫通しました。

追い込まれてもなお、攻撃を止めない羌瘣。

 

ところが、龐煖には通じていなかったのです。

「土に還れ、神堕とし」

そう言うと、龐煖は再び羌瘣を地面へと叩きつけました。

骨が折れたのでしょう。

羌瘣の掴まれた足首からは、鈍い音が鳴ります。

振り上げては、地面に叩きつける。

龐煖は何度も繰り返しました。

原泰久『キングダム』621話より引用

意識を失った羌瘣。

握っていた緑穂も手から離れ、どこかへ飛んでいってしまいました。

地面に叩きつけられる度、顔から血が飛び散ります。

ここまで追い込まれた彼女を見た事がありません。

愛刀も失って、人形のように振り回される羌瘣。

応援していた仲間達の目からは、涙が流れていました。

このままでは羌瘣が死んでしまいます!

見ていられなくなった飛信隊。

止めるべく、先頭を田永と田有が走り出しました。

 

ところが、何かに気付いた龐煖。

いきなり羌瘣を投げつけてきたのです。

飛信隊の隙間をくぐり抜け、羌瘣を受け取ったのは信。

顔を上げずに、悔しそうに歯を食いしばっていました。

 

『キングダム』ネタバレ621-622話のまとめ

原泰久『キングダム』621話より引用

今回は、命を捨ててでも龐煖に挑む羌瘣が印象的な回でした。

飛信隊の中でも、羌瘣は一番強いと言ってもいいくらいの人物です。

さらに、特殊な呼吸法を使えば無敵状態。

敵う相手などいない印象でした。

ところが、龐煖は羌瘣が辿り着いた境地など通り過ぎており、矛を使わずに圧倒。

原泰久『キングダム』621話より引用

まるで信を挑発するかのように、羌瘣を投げつけてきました。

これは宣戦布告とも言える行為ですよね。

ただ、信も深手を負っています。

無残な羌瘣の姿を見て怒りに震えても、気持ちだけで勝てる相手ではありません。

たくさんの犠牲を払って、李牧本陣に辿り着いた飛信隊。

あとは李牧の首を取るだけなのに、信の前に龐煖が立ちはだかります。

信は武神を倒すことができるのか!?

命を削ってまで戦った羌瘣は生きているのか!?

次回の展開が心配でなりません!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です