最新ネタバレ『キングダム』629-630話!考察!息を引き取った信に嘆く飛信隊

スポンサーリンク

龐煖を倒した信

前回は喜んでいたのも束の間、信が倒れたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』628-629話!命を削って龐煖を倒した信の末路

さて、最後に立ちはだかった龐煖を撃破。

残すは、鄴へと向かった李牧を倒すだけです。

ところが、龐煖を倒すために力を使い果たしたのか、信から返事がありません。

夢を叶えるため、仲間のため、信は命を削って戦い続けました。

大将軍を約束されている主人公が命を落とすなど、ありえるのでしょうか!?

今回は、信の異変に気づいた仲間の様子を詳しくお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』629話!のネタバレ

それでは『キングダム』629話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

田里弥の誤算

原泰久『キングダム』629話より引用

丘の上をみた蒙恬

さきほどまでいたはずの李牧の姿がありません。

隣にいた王翦は呼びました。

「田里弥(でんりみ)」

すると、田里弥は意気揚々と次の作戦を話し始めます。

 

李牧陣は王翦軍に対抗するため、総力をぶつけました。

そのため、李牧を守るための遊軍がほとんどいない状態。

守る陣がないということは、李牧の首を取りやすいということ。

田里弥はすでに小隊を複数裏に送っていました。

遊軍がいなければ、少数でも李牧の首を取ることは可能でしょう。

原泰久『キングダム』629話より引用

万が一、小隊が李牧を逃がしたとしても、近くには右翼の大隊がいます。

飛信隊が全力で追えば、確実に李牧を潰すことができるはず。

田里弥からすれば、功績を飛信隊に取られるのは癪ですが、秦軍が趙軍に勝つには仕方ないといえました。

 

心配そうに飛信隊を見つめる蒙恬と王賁。

田里弥は説明しながら、何かに気づきました。

王翦は再び力強く呼んだのです

「・・・田里弥」

田里弥は慌てて部下に指示をだしました。

「丁雨(ていう)

 右翼に走れ!急げ」

丁雨は急いで馬を走らせます

 

いつもであれば、飛信隊はすぐにでも李牧を追いかけるはずです。

ところが、飛信隊は一切動いていませんでした。

李牧の首を狙える千載一遇のチャンス

田里弥は驚きを隠せませんでした。

「バカな・・・

 なぜ李牧を追わぬのだ

 飛信隊・・・」

原泰久『キングダム』629話より引用

錯乱する飛信隊

田里弥が疑問に思っている頃、飛信隊は李牧どころではありませんでした。

龐煖を倒したあと、意識を失ったかのように倒れた信。

原泰久『キングダム』629話より引用

周りにはたくさんの仲間が集結し、涙を流していたのです。

信を抱えて名を呼ぶ尾平。

渕副長や楚水も近くにいます。

少し後方には、呆然とする河了貂がいました。

 

尾平は叫ぶように呼びかけます。

「信っ、起きろ

 お前っ、ふざけてんじゃねェぞ」

原泰久『キングダム』629話より引用

激しく信の体を揺らす尾平

体によくないと思ったのでしょう。

楚水が尾平を止めました。

見ていられなかった田永。

力づくでも信を起こそうとします。

「どけ、尾平!

 俺がぶっと飛ばして

 目を覚ましてやる」

拳を握った田永を、田有と楚水が慌てて止めました。

錯乱するのも無理はありません。

田永は信が死ぬなど信じられなかったのです。

近くで田永が暴れるので、尾平は押されるように倒れました。

原泰久『キングダム』629話より引用

すると、信はまるでマネキンのように地面へと転がったのです。

周りにいた仲間は言葉を失いました。

 

信は本当に死んでしまったのでしょうか?

静まり返る戦場。

渕副長はショックのあまり、突然嘔吐します。

みんなが動揺するなか、信に近づいたのは崇原(すうげん)でした。

最初は信の手首を。

次に首を触って脈を確認します。

崇原はつぶやきました

「・・・心臓も動いてないし・・・

 もう・・・冷たくなっている・・・」

唖然とする尾平と楚水。

田永は信じられず叫びました。

「だっ、だからどうしたってんだよ

 崇原、てめェっ・・・」

崇原は田永の方をみて、涙を流して叫んだのです。

「死んだっ

 信は死んだんだ!」

原泰久『キングダム』629話より引用

受け入れられない現実

田永は怒りながら、崇原を殴りました。

ほかの仲間も呆然としたあと、その場に倒れ込み泣き叫んだのです。

 

スポンサーリンク

亜花錦からみた飛信隊

少し離れた場所で、飛信隊をみていた亜花錦。

部下は動かない飛信隊をみて、怒りをあらわにします。

「何だ!?

 なぜ飛信隊は動かぬ!?

 李牧を逃がすぞ」

原泰久『キングダム』629話より引用

亜花錦は冷静に答えたのです。

「隊長 信が・・・

 倒れたようだ」

しかし、部下は納得できません。

隊長が戦場で倒れるなど、よくある話です。

李牧を追わない理由にはなりません

副長さえ生き残っていれば、隊は動くはずです。

 

すると、亜花錦は予測できていたのでしょう。

部下の疑問に平然と答えます。

「信が倒れたら、あの隊は動けぬ

 飛信隊はよくも悪くもそういう隊だ」

原泰久『キングダム』629話より引用

ニヤリと笑う亜花錦。

動けない隊を頼りにしていても仕方ありません。

亜花錦隊は、李牧を獲って功績をあげるべく馬を走らせたのです。

 

軍隊の後方で戦っていた飛信隊の新人たち。

先に進もうとしますが、ほかの兵士が邪魔で前へ進めません。

干斗(かんと)たちの元にも、信が死んだ情報は伝わっています。

でも、干斗は自分の目で確認するまで信じられませんでした。

「絶対間違いだ

 隊長が死ぬわけねェ」

 

少し離れた先では、沛浪(はいろう)が先に進めず苛立っていました。

馬に乗ったままでは先に進むことはできません。

沛浪は馬からおりて信の元へ急いだのです。

 

信の周りには、飛信隊が円を描くように全員集まっていました。

どんなに名前を呼んでも、どんなに叫んでも、信から返事は返ってきません。

それでも、田永は諦めず名前を呼び続けます。

涙と鼻水で顔はもうぐちゃぐちゃ。

しかし、田永は信を見つめたま、諦めきれずに声を絞り出して言いました。

「お前が死んだら

 俺達はどうすりゃ・・・

 飛信隊はどうすりゃいいんだよ」

原泰久『キングダム』629話より引用

田永の悲しそうな表情。

那貴は驚いた表情のまま。

我呂は歯をくいしばって涙を流します。

いつもは冷静な楚水。

頭を抱えて涙を流し、地面へと倒れ込みました。

駆けつけた沛浪たちも涙を流しています。

 

覚悟を決めた羌瘣

悲しさに包まれた飛信隊。

信の元へ河了貂が近づき、跪いてささやくように話しかけました。

「・・・信?

 田永の言う通りだよ

 早く起きないと

 全部終わっちゃうよ?」

原泰久『キングダム』629話より引用

河了貂の言葉に、仲間は全員耳を傾けます。

 

ここまで辿り着くのに、どれだけ頑張ってきたことでしょうか。

仲間もたくさん命を落としました。

でも、ずっとみんなで信を応援してきたのです。

辛いこともたくさんありました。

でも、みんな信のことが大好きだから、ここまで頑張ってこられたのです。

大将軍になるという信の偉大な夢。

飛信隊全員が叶えてあげようと、命懸けで戦ってきたのです。

ここで夢破れるというのでしょうか?

河了貂は穏やかに呼びかけます。

「だから起きないと、信」

肩を揺らしても、信は表情一つ変わりません。

静かに話しかけていた河了貂。

堪えていた涙が溢れ、震える声で再び呼びかけます。

「だって・・・

 なってないじゃん・・・

 まだ天下の大将軍になってないじゃん」

原泰久『キングダム』629話より引用

軍師として、河了貂は信を支えてきました。

いや、飛信隊全員が信を支えてきました。

でも、支えて来た信が返事をしてくれません。

笑って励ましてくれることもありません。

河了貂は今までの思いが溢れ、涙を流して泣き叫んだのです。

「お、置いていかないでよ

 起きてよ、信っ

 うあああああ」

 

未だかつてない絶望。

飛信隊は柱を失い、完全に再起不能の状態に陥っていたのです。

信がいなくなった今、もう奇跡を起こすなど無理でしょう。

誰もが絶望し、戦場に泣き叫ぶ声だけが響き渡りました。

すると、後ろから呼びかける声がしたのです。

「どけ、河了貂」

原泰久『キングダム』629話より引用

河了貂が後ろを振り向くと、立っていたのは羌瘣。

満身創痍の体を引きずり、決意した表情で信をみつめていました。

 

『キングダム』ネタバレ629-630話のまとめ

今回は息を引き取った信に対して、飛信隊の思いが溢れ出した回でした。

崇原が実際に確認して息をしていなかったのです。

信が命を落としたのは確実でしょう。

今まで飛信隊が窮地でも這い上がれたのは、信の影響が大きかったのは間違いありません。

隊長が倒れたことにより、飛信隊の弱さが浮き彫りになったような気がします。

 

ただ、注目すべきは羌瘣の反応です。

原泰久『キングダム』629話より引用

飛信隊全員が涙を流すなか、羌瘣だけは厳しい表情をしていました。

いくら羌瘣でも、人を生き返らすなど不可能なはず。

はたして、信は夢破れたまま終わってしまうのでしょうか!?

予想できない大波乱の展開に、次回は奇跡が起きることを願います!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です