最新ネタバレ『キングダム』630-631話!考察!信を救うため命を差し出す羌瘣

スポンサーリンク

信が息を引き取り、悲しみに包まれる飛信隊

前回は、絶望的な状況を打開すべく、羌瘣が現れたところで終わりました。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』629-630話!息を引き取った信に嘆く飛信隊

さて、気になるのは羌瘣の動きです。

いくら蚩尤族の末裔とはいえ、人を生き返らすなんて無理なはず。

ところが、羌瘣にはなにか考えがあるようです。

はたして、信が復活する奇跡は起こるのか!?

今回は、信に対する羌瘣の思いを中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』630話!のネタバレ

原泰久『キングダム』630話より引用

それでは『キングダム』630話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

異変に気づいた蒙恬と王賁

王賁と共に王翦のそばにいた番陽。

遊軍がいない今、李牧の首を狙えるチャンスです。

ところが、飛信隊は一向に李牧を追う動きをみせません。

原泰久『キングダム』630話より引用

番陽は我慢できず、飛信隊の方へと馬を走らせます。

すると、隣にいた蒙恬が何かに気づきました。

「待て、番陽副長

 様子が・・・」

王賁も異変を察したようです。

周囲を見渡せば、兵士はみんな涙を流して嘆くばかり。

「隊長」とつぶやいては、悲しみに打ちひしがれていたのです。

驚く番陽。

王賁と蒙恬も目を見開きます。

前方に視線を送ると、中央には大きな人だかり。

番陽、蒙恬、王賁の3人は、急いで人が集まっている場所へ向かったのです。

 

人だかりの中央では、息を引き取った信が横たわっていました。

原泰久『キングダム』630話より引用

どうやら、羌瘣が信を「助ける」と宣言したようです。

でも、信はもう死んでいます。

今さら助けることなどできるのでしょうか。

 

死を受け止めきれず、涙を流す尾平。

思いが溢れ泣き叫びました。

「もうとっくに死んじまってるんだぞ

 信は・・・

 死んじまったんだ

信はァあああああああ」

苛立って羌瘣は叫びます。

「だまれ!気が散る」

信の胸に右手を置いた羌瘣。

隣にいる河了貂も、羌瘣が何をしようとしているのか理解できません。

 

禁術の掟

原泰久『キングダム』630話より引用

羌瘣が実践しようとしているのは、蚩尤族の禁術。

禁術のなかには、命を分け与える術がありました。

それで信が生き返るとでも言うのでしょうか?

河了貂はまだ信じられません。

 

禁術と言うだけあって、羌瘣も試した経験はありませんでした。

ただ、信を救う方法はこれしかないのです。

羌瘣は記憶をたどりながら、試みようと考えていました。

原泰久『キングダム』630話より引用

「スー」と息を深く吸った羌瘣。

まず、互いの気の道を開いて繋ぐ必要があります。

あとの手順は、呪語の詩に従うだけ。

羌瘣は集中した状態で、教わった詩を思い出そうとしていました。

 

これはまだ、羌瘣が小さい頃のお話です。

羌瘣はひとり、森の中で禁術の詩を唱えていました。

目の前には鳥の亡骸。

可哀想だと思ったのでしょう。

教わったばかりの禁術を使って、鳥を生き返らせようと考えたみたいです。

順番を確認しながら唱える羌瘣。

「色無くす時、その目は

 二つの赤門を見る

 えー見る

見て・・・えー」

明らかにウロ覚え。

現在は強い羌瘣ですが、可愛らしい時期もあったようですね。

 

ウロ覚えの羌瘣を見かねた象姉。

代わりに続きの詩を唱えてあげます。

驚いて後ろを振り向く羌瘣。

象姉は呆れて注意しました。

「・・・あんた何

 やばい禁術やろーとしてんの」

原泰久『キングダム』630話より引用

羌瘣はキョトンとした表情。

やばい禁術だと知らなかったようです。

でも、絶対にやらないようにバァに言われたはず。

象姉はさらに呆れていました。

 

スポンサーリンク

象姉が止めた理由

象姉の話では禁術は「うそっぱち」で、試すとおかしなことになるようです。

だから、昔から伝えられてはいますが、絶対にやってはいけない術でした。

 

「うそっぱち?」と聞き返す羌瘣。

象姉は眉間にシワを寄せて言ったのです。

「そう

死んだやつを生き返らせる術なんて

 この世には存在しないってさ」

原泰久『キングダム』630話より引用

記憶をたどっていた羌瘣。

象姉の言葉を思い出して、目を見開きました。

「死んだものは

 生き返らない」

羌瘣の目から流れる一筋の涙。

いくら蚩尤族でも、人を生き返らせる術など存在しなかったのです。

 

羌瘣の様子を見て、なにかを察した飛信隊。

本当は、助ける方法などないと分かっていたのでしょう。

羌瘣を止めようとします。

ところが、羌瘣は泣きながら怒鳴りました。

「うるさい!!」

驚く河了貂。

羌瘣はまだ諦めていなかったのです。

「そんなはずはない

 あの術はたしかに・・・」

諦め切れないのには理由がありました。

 

禁術を象姉に止められた羌瘣。

でも「うそっぱち」なのに、なぜ昔から伝えられているのでしょうか?

疑問をぶつけますが、象姉は知らないふり。

最後に忠告したのです。

「とにかく、それは忘れな

 使った奴に“最悪のこと”が起こるんだ」

当時は羌瘣も子供だったため、象姉の言っている意味がわかりませんでした。

でも、今となっては理解できます。

象姉はいつか羌瘣が使わってしまわないように、嘘をついていたのです。

 

羌瘣の決断

原泰久『キングダム』630話より引用

禁術を使ってしまえば、“最悪のこと”が起こるでしょう。

しかし、羌瘣はそれ以上に信を失いたくありませんでした。

羌瘣は信に寄り添い、呪語を唱え始めます。

「人の命は連華の光

 人の命は唯唯光・・・」

静まり返る周囲。

羌瘣の体中の血管が浮き上がっていきます。

最後に目を見開いた羌瘣。

原泰久『キングダム』630話より引用

どうやら繋がったようです。

「行ってくる

 変化があったら

 みんなで信を呼んで」

そうつぶやくと、羌瘣は意識を失ってしまいました。

慌てる飛信隊。

 

再び羌瘣が目を開けると、周りには何もありませんでした。

周囲を見渡しても無の世界が続きます。

遠くを見てみると、誰かが立っているではありませんか。

姿からして信ではないようです。

近づくと、立っていたのは倒したはずの幽連(ゆうれん)でした。

 

幽連といえば、同じ蚩尤族で象姉の命を奪った張本人です。

でも、当時の気配とは違う様子。

幽霊の方から説明し始めました。

「ここが天地の間の門戸だ

 ここより先に行くにはお前の命

 寿命をいくつかもらう

 そして、それはお前が決めろ」

原泰久『キングダム』630話より引用

驚く羌瘣。

すると、今度は後ろから象姉が話しかけてきました。

「そういう術なんだ、瘣

 お前の寿命を減らすことでしか

 あの男は救えない」

象姉が羌瘣の禁術を止めた理由。

それは、己の命を使わないと発動できない術のためでした。

さらに、幽霊の説明によると、かなり分が悪い術のようです。

 

死んですぐの発動なら、術者の半分の寿命を頂きます。

でも、成功するのは2回に1回程度の割合。

失敗した場合は、死者が生き返らないまま、術者は半分の寿命を失います。

信の場合は、命を落としてから時間がかなり経過していました。

すでに間の世界の奥深くまで進んでいたのです。

だから、呼び戻すにしても成功率は十分の一。

羌瘣が寿命を半分失っても、信が生き返る保証はありませんでした。

 

当然、象姉は止めます。

「だからやめときな、瘣

 このままお前だけ戻れ」

幽霊も不敵な笑みを浮かべて忠告します。

「よーく考えな、羌瘣

 答えるのは一度だけだ」

 

信が助かる保証もないのに、自分の命を削って差し出すわけです。

本来であれば、とても悩む選択でしょう。

ところが、羌瘣は穏やかに微笑んで言いました。

「そんなの即決だ

 全部やる

 どうしても死なせたくない、信を

 私の命、全部やるから

 あいつを助けに行かせてくれ」

原泰久『キングダム』630話より引用

困り果てる象姉。

幽霊は呆れながら術を発動。

羌瘣の姿が消えていったのです。

 

再び目を覚ました羌瘣。

今度は暗闇の世界。

起き上がろうとすると、前には信が立っていました。

 

『キングダム』ネタバレ630-631話のまとめ

今回は、どんな手を使っても信を救いたい羌瘣の思いが溢れた回でした。

念のため、おさらいしておきましょう。

禁術を発動させるためには、術者は寿命の半分を差し出す必要があります。

原泰久『キングダム』630話より引用

しかし、信の場合は深くまで進んでおり、成功する確率は10分の1程度。

失敗したとしても、羌瘣が命を落とすことはありませんが、長くは生きられません。

信を死なせたくない気持ちは、はたして愛情なのか。

それとも、友情なのかは分かりません。

でも、一切迷いのない羌瘣の決断は、決して無駄にはならないはずです。

呼び戻せるかどうかは、信の意志も大きいでしょう。

天地の間で再会した羌瘣と信。

はたして、羌瘣は信を連れ戻すことができるのか!?

次回がとても楽しみです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です