最新ネタバレ『キングダム』636-637話!考察!列尾に送られた兵糧の行方

スポンサーリンク

鄴陥落に成功した秦軍

前回は、兵糧攻めの影響で、鄴に食料が一切ないと判明したところで終わりました

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『キングダム』635-636話!食料がない鄴に困惑する秦軍

さて、食糧問題を解決するべく、作戦がある様子の王翦。

しかし、現在いる場所は敵地。

さらに、あとから後続軍も合流する予定です。

兵士が増える上に食糧がない、まさに餓死と隣り合わせの状態。

はたして、王翦はどのような方法で食糧を補給するつもりなのか!?

今回は、鄴以外の場所で奮闘する仲間の様子を中心にお届けしてきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』636話!のネタバレ

それでは『キングダム』636話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

後続軍との再会

どこまでも続く広大な大地。

平地を震える足で進む後続軍の姿がありました

残りの食料は全て、李牧を追う精鋭隊に渡しています。

後続軍は飲まず食わずの状態で鄴を目指していました。

原泰久『キングダム』636話より引用

空腹のあまり、体力は限界に近いのでしょう。

尾平はその場に激しく倒れます

驚く周囲。

慶(けい)と昂(こう)が心配して尾平に話しかけます。

「構わず先に行ってくれ」という尾平

仕方ないので、慶と昂が尾平に肩を貸してくれることになりました。

気持ちが折れないように、周りに呼び掛ける渕。

全員が満身創痍の体を引きずって歩きつづけます。

すると、一人の兵士が叫びました。

「見ろっ、鄴だ」

原泰久『キングダム』636話より引用

空腹も気持ちも限界に達した頃、やっと視界に鄴が入ってきたのです

泣いて喜ぶ兵士たち。

城壁の上には秦軍の旗が上がっています。

状況が分からない後続軍も、すぐに鄴が落ちたのだと理解しました

 

喜びも束の間、城門から三騎飛び出します。

近づいて来たのは、信、楚水、田永の3人でした

仲間の姿を見て駆けつけてくれたのです。

さきほどまで死にそうだった尾平。

走る力は残っていたのか、信をみて走り出します。

飛信隊全員が信の元へ駆け寄り、再会を喜びました

 

後続軍がやっと鄴に到着。

大きな城門を通過して入城します。

げっそりした渕が、信へ状況を説明。

原泰久『キングダム』636話より引用

食糧がなかったため、軍馬を全部肉にして食べたそうです

後続軍の数は四万。

途中で田里弥(でんりみ)軍から配給もありましたが、量はわずか。

飢えをしのぐために、全軍が軍馬を食べて耐えていたのです。

そのため、怪我をした者は途中で命を落としていました。

神妙な表情で話を聞く信と河了貂

ただ、羌瘣に限っては、竜川が背負ってきてくれたため無事でした。

今は建物の中で眠っているそうです。

 

状況を説明し終わったところで、尾平は食べ物を要求

飲まず食わずで歩いて来たのです。

しっかりと食べて体力をつけたいところですよね。

ところが、到着して配られた物といえば、一口分の食べ物と水だけ。

これでは元気がでません。

鄴は大きな城なだけに、尾平たちはたくさん食糧があると思っていたのです。

黙る信、河了貂、楚水の3人

気まずそうに信は言ったのです。

「それが、実は・・・

 全く無ぇんだよ」

原泰久『キングダム』636話より引用

尾平たちは驚きを隠せませんでした

 

残された食糧の補給方法

食糧がないのは死活問題。

今後を話し合うために、ある一室では軍議が行われていました。

集まったのは王翦軍からは王翦、田里弥、倉央

桓騎軍からは桓騎、摩論、黒桜の姿がありました。

地図を広げて、状況を摩論が説明します。

原泰久『キングダム』636話より引用

まず、鼻の利く桓騎軍が貴族の屋敷内を捜索。

貯えを探しましたが、予想以上に食糧は残っていませんでした

やはり、趙季伯という城主は優秀な君主だったのでしょう。

中枢の隠し蔵まで難民に解放していたのです。

そして本日、朱海平原から残りの軍も合流しました

いよいよ食糧は全てなくなってしまいます。

 

本来であれば、李牧軍は疲れ切った後続軍を攻撃していたはず。

しかし、餓死を狙ってあえて手を出さなかったのです。

軍全体を食べさせる一食分すら残っていません。

空腹で耐えられる日数など、もって二日程度

体力がなくなれば、たとえ鄴の城壁があろうとも李牧軍に攻められたら防げません。

つまり、残った方法は外部から食糧を補給するのみ。

摩論は念押しします。

「しかし、それを

 あの李牧が黙って許すはずがありません」

原泰久『キングダム』636話より引用

摩論の予想通り、鄴の様子を離れた場所で李牧が見ていました

王翦軍が全て鄴へ入ったことを確認。

次の作戦を考えているようです。

そこへ、部下から伝達が届きました。

部下の説明では、橑陽(りょうよう)城の包囲に唐利(とうり)軍が加わったそうです

 

現在、趙国内では橑陽城を楊端和と壁が占拠

鄴城を王翦と桓騎が占拠した状態になっています。

橑陽城は食糧が残っていたので、餓死を心配する必要はありません。

しかし、城の周りを趙軍が包囲。

そこへ趙国の唐利軍が加わった状態になります。

これでは、楊端和軍が外に出ることができません。

要するに、楊端和軍が鄴へ食糧を送ることなどできないのです。

となれば、残る方法は秦国からの補給のみ

李牧は地図にある列尾(れつび)を指差します

部下は叫びました。

「列尾越え・・・!」

李牧が指摘した通り、鄴にいる秦軍を救うためには、秦国から列尾を越えて食糧を届けるしかなかったのです。

 

スポンサーリンク

先に動いていた昌平君

秦国、咸陽の城内。

部下が慌てて報告に来ました。

原泰久『キングダム』636話より引用

鳥の知らせによって、やっと王翦軍の状況が分かったのです

部下は叫びました。

「繰り返します

鄴を王翦軍、桓騎軍がっ

 奪い取りましたァ」

思わず立ち上がる政

周囲からは歓声があがります。

その場には昌文君や昌平君、蒙恬の弟である蒙毅(もうき)の姿もありました。

 

しかし、政は喜ぶ文官たちを一蹴します

「いや、喜ぶのはまだ早い」

政の言う通りです。

鄴を落とせても、王翦軍がいる場所は敵地。

安心できる状況ではありません。

王翦軍もまた列尾を越えて趙国の領土内へと潜入

本来であれば、列尾に秦軍の一部を置いていくはずだったのです。

ところが、王翦の判断で全軍奥へと前進。

全軍で動いたおかげで朱海平原では勝利できましたが、列尾城は再び趙軍の手に落ちていました。

となれば、鄴と橑陽は孤立状態

原泰久『キングダム』636話より引用

どちらも必ず食糧問題に陥ることは目に見えていたのです

政の考えに同意する軍総司令の昌平君。

届いた情報が「陥落」だけなので、どのように鄴を落としたのかは分かりません。

ただ、鄴の趙軍が食糧を焼いた可能性もあると判断。

最悪の場合を想定して、昌平君はすでに次の指示を出していました

政は昌平君に尋ねます。

「あの軍は今どこまで・・・」

昌平君はハッキリと答えました。

「・・・すでに

 補給軍は列尾に迫っている頃かと」

 

介億の作戦

餓死を心配して秦国が送り込んだ補給軍。

先頭に立つのは大将、介億(かいおく)でした

後ろには山積みになった俵。

一つの荷台に食糧が入った俵が計30個ほど

二頭の馬が一つの荷台を引っ張っていました。

そんな荷台が長蛇の列をなして、列尾付近まで来ていたのです。

介億は部下に指示。

「補給部隊はここに留めよ

 前線部隊は攻陣配置

 列尾攻めを始めるぞ!」

原泰久『キングダム』636話より引用

部下はいっせいに攻撃態勢に入ります

 

兵一万の介億軍に対して、敵の趙軍も同じ兵一万。

趙軍はなぜか籠城せずに、迎激しようと列尾城の前で隊列を組んでいました。

さらに、城内にも兵がいる様子。

趙軍は増援をしたため必ず勝つ自信があるようです

対して、介億軍も配置完了。

いつでも先手を打つことができます。

ところが、介億は敵の大将を見て様子をみようと判断。

原泰久『キングダム』636話より引用

なぜなら、敵は邯鄲(かんたん)の守護者、扈輒(こちょう)将軍だから

強い敵だけに、相手の出方をみようとしたのです

しかし、扈輒軍も動く気配がありません。

「始めますか」と意気込む扈輒の部下。

すると、扈輒は静かに答えたのです

「まだよい

 まずは奴が始める」

扈輒が言う「奴」とは一体誰なのでしょうか?

 

介億軍の後方では、補給部隊が兵糧を運んでいます。

すると、横から突如大軍が登場!

突然の敵襲に秦軍は慌てます。

明らかに狙いは補給部隊

兵糧を取られたら意味がありません。

秦軍は急いで兵糧を守ろうと戦い始めます。

まさかの伏兵。

介億にとっても予想外でした。

 

補給部隊の前に現れた趙将軍は、舜水樹(しゅんすいじゅ)でした

扈輒が言う「奴」とは舜水樹のことだったのです。

容赦なく放たれる火矢

俵は次々と燃えていきます。

舜水樹は言いました。

「全て燃やせ

 鄴へは一粒も行かせぬぞ」

原泰久『キングダム』636話より引用

宣言通り、兵糧は次々と燃やされていきます

ところが、俵を斬った一人の兵士が気づきました。

「なっ・・・かっ・・・

 空!?俵の中が・・・

 空だぞ!?」

なんと大量に運んでいた俵の中身は空!

介億はヒゲを触りながら「ニィ」と笑ったのです。

 

『キングダム』ネタバレ636-637話のまとめ

今回は、知らせがなくとも動いていた秦国、奮闘する補給部隊が印象的な回でした。

橑陽にいた舜水樹も、このタイミングで登場するとは思いませんでしたね。

原泰久『キングダム』636話より引用

ただ、気になるのは、今回の動きはあくまで昌平君の指示によるもの。

635話の終わりでは、王翦が食糧問題を解決したと言っていました。

そうなると、介億と王翦は何か繋がりでもあるのでしょうか?

本当の兵糧、つまり食料はほかの方法ですでに運んでいる可能性が大きいです

列尾越え以外で、兵糧を鄴へ運び込むことなど出来るのか!?

驚くべき列尾の突破方法とは一体!?

次回がとても楽しみです!

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です