最新ネタバレ『キングダム』651-652話!考察!什虎に集結した猛者達

スポンサーリンク

魏軍の返事を待たずに什虎に宣戦布告した蒙武軍。

前回は、蒙武自ら包囲陣に突っ込み、敵をなぎ倒していくところで終わりました

さて、個性的な将軍が揃っている什虎。

満羽を筆頭に、一帯の大戦で全勝している強者ばかりが蒙武を待ち受けています。

さらに、媧燐が早く戦いを片付けるべく、援軍まで手配していました。

はたして、蒙武軍だけで什虎軍と戦うことができるのか!?

そして、媧燐が送り込んだ援軍とは誰なのか!?

今回は、戦場となった月知平原の様子を中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』651話!のネタバレ

原泰久『キングダム』651話より引用

それでは『キングダム』651話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

無視できない満羽の攻撃力

原泰久『キングダム』651話より引用

始まった秦軍VS楚軍の戦い

ここでは、満羽軍と蒙武軍が戦っています。

兵数は同じ三万

秦軍は蒙武に続くべく、必死に敵を押し込んでいました。

現時点では、互角の戦いといったところでしょうか。

そこへ髪をなびかせながら近づく、一人の男がいたのです。

そして次の瞬間!

血をまき散らしながら宙を舞う秦軍の兵士。

槍を一振りしただけで秦軍を圧倒したのは、什虎軍の満羽でした

体の大きさは蒙武以上。

近づいて来るだけで、妙な威圧感があります。

満羽は敵を蹴散らしたあと、堂々と名乗りました。

「来い、総大将の満羽だ」

原泰久『キングダム』651話より引用

唖然とする秦軍の兵士

総大将が目の前にいるのです。

満羽を討てば秦軍の勝利と考えていいでしょう。

兵士が束となって満羽に挑みます。

ところが、またも槍を二振りしただけで斬られてしまいました

兵士だけでなく馬すら真っ二つ。

恐ろしいほどの威力です。

しかし、ひるんでばかりもいられません。

意を決して、次々と満羽へ挑む秦軍。

ところが、横から飛んできた槍に頭を貫かれてしまいます。

現れたのは満羽近衛兵団

寿胡王の合図もなく飛び出した満羽を追いかけて来たのです。

迷惑そうに「困ります、殿」と声をかける迅戈(じんか)

ただ、満羽としてはもう少し戦っていたかったのでしょう。

「お前達、早すぎ」と不満をもらしていました

近衛兵団としては、勝手な行動は慎んでほしいところ。

しかし、満羽が先を急いだのには理由があったのです。

「だって

 蒙武が疲れる前に戦いたいじゃないか」

原泰久『キングダム』651話より引用

満羽が言う通り、蒙武は最初から全力で戦っていました。

体力配分を考えていないといってよいでしょう。

戦争が楽しくて仕方がない満羽としては、狙いは蒙武の首

体を少し温めてから、戦いを挑もうと考えていたのです。

 

秦軍を斬り倒して進む満羽。

その様子は、少し離れた蒙武からも見えていました

本来ならば、このまま中央突破して前進したいところです。

しかし、満羽を放っておくわけにもいきません。

蒙武は悔しそうな表情をしたあと、部下に指示をだしました

「百騎来い、あの敵を先に討つ」

原泰久『キングダム』651話より引用

満羽を先に討つと決めたのでしょう。

蒙武は百騎を連れて、正面から左へ方向転換

戦場の動きが一気に変わってしまいました。

 

スポンサーリンク

蒙毅が待っていた援軍

蒙武軍本陣。

原泰久『キングダム』651話より引用

軍師であり蒙武の息子、蒙毅が戦場の様子を見て焦っていました

満羽を放っておけないのは分かりますが、蒙武が左に動いたことにより第一陣が衰退。

明らかに勢いが弱まっていたのです。

そもそも蒙武が包囲陣に飛び込んだのは、敵の挟撃を回避するため

兵数が多い什虎軍は、蒙武軍を囲むように展開。

中央軍を総大将の満羽が担当。

左翼は千斗雲、右翼は玄右が受け持っていました。

左右から挟撃されてしまえば、蒙武軍に勝ち目はありません。

そこで、挟撃される前に前方突破しようと蒙武は考えていたのです

ところが、突破する前に満羽が参戦。

本当であれば、満羽を放置して前進すべきでしょう。

しかし、それだけ放っておくことができない敵だと、蒙武は判断したようです。

 

父の動きを心配する蒙毅。

ただ、もう一つ気になったことがありました。

蒙武が前方突破の手を止めたので、挟撃してもおかしくないはず

しかし、左右にいる什虎軍は動く気配がありません。

なにか作戦でもあるというのでしょうか。

すると、蒙毅はふと気付いたのです。

「あの中央軍だけで

 蒙武を討てると踏んでいるのか・・・」

蒙毅の予想が当たっているならば、蒙武は満羽一人で十分だということでしょう

必死な秦軍に対して余裕の楚軍。

蒙武と戦いたいと思っているのは、満羽だけではありません。

原泰久『キングダム』651話より引用

左翼で待機している千斗雲

出撃合図をウズウズしながら待っていました。

満羽はもう戦っています。

このままでは戦いが終わってしまうと思ったのでしょう。

「今、何か合図的な音が聞こえた気がする!」

そういうと、千斗雲は勝手に出撃してしまったのです

部下も最初は動揺していましたが、将軍が出撃した以上ついて行くしかありません。

久々の勝負です。

千斗雲は、満羽と自分、どちらが先に蒙武の首を飛ばすかで興奮していました。

 

軍師の寿胡王の合図を待たずに、勝手に出撃した満羽軍と千斗雲軍

二人の勝手な行動はいつものことなのでしょう。

寿胡王は表情を変えることなく、戦場の様子を見ていました

このまま右翼の玄右を動かせば、蒙武軍を挟撃できます。

部下に「どうされますか」と投げかけられた寿胡王

すると、左側の異変に気づき指示を止めたのです。

「待て・・・

 左奥から何か来る」

 

振動が響き渡る戦場

馬が駆ける大きな音に、誰もが反応していました。

原泰久『キングダム』651話より引用

蒙毅としては、待ちに待った援軍といってよいでしょう。

戦場に近づいていたのは騰軍だったのです

兵数は二万。

騰自ら援軍として来てくれました。

隣には録嗚未もいます

ただし、喜んでばかりもいられません。

昌平君の話では、騰はこられないと蒙毅は聞いていました。

それだけ、今回の戦いが厳しいものになると騰自身が判断して来てくれたようです。

 

スポンサーリンク

蒙武を狙うもう一人の将軍

戦場を眺める録嗚未

「不敗の什虎」という噂は聞いていますが、実際に見るのは初めて。

騰は隣で淡々と什虎の説明を始めます。

原泰久『キングダム』651話より引用

「什虎」といえば、どの国も欲しがる三国と接する大重要拠点

それでも奪われていないのは、満羽・千斗雲・玄右・寿胡王が根城としているからでした

四人とも楚に吸収された大将軍。

実力はお墨付きだったのです。

 

ただ、騰の話を聞いて録嗚未は疑問に思いました。

不敗の強さを誇っているにも関わらず、楚の大戦には顔を出しません。

騰は「楚に忠義がないから」と説明

これまでの行動を見ても分かる通り、満羽や千斗雲は戦いが楽しめればいいのです。

什虎を与えとけば、勝手に敵を片付け侵入を防いでくれます。

楚国王都・郢からしても、そのほうが好都合

手懐けられない者達だからこそ、楚が考えたやり方なのでしょう。

騰から見ても、四人が強いのはよく分かります。

同じ兵数でありながら、蒙武と互角に戦っていました。

 

騰軍一万と録嗚未軍一万、合計二万の兵で、これから什虎と戦わなくてはいけません

さらに、什虎を葬ったあとに城攻めも待っているのです。

録嗚未からすると、倍の兵数は欲しいところ。

しかし、動かせる兵は二万が精一杯でした。

どう考えても圧倒的に不利な状況

しかし、騰は微笑んで録嗚未に言ったのです。

「怖くなったのなら戻って干央さんと代わって来なさい」

原泰久『キングダム』651話より引用

録嗚未もニヤリと笑って答えます

「バカ言え

 さっきから楽しくなってきたって話してんだよ」

相変わらず息の合ったコンビ。

二人が意思疎通できたところで、騰軍が全軍前進。

騰軍が敵左翼へ、録嗚未軍が敵右翼へと走っていきました

敵の数は倍。

不利ではありますが、これで蒙武軍の包囲は避けられるでしょう。

しかし、蒙毅は嫌な汗が止まりませんでした

正直なところ、やはりもう一万ずつ兵が欲しいところ。

さらに、什虎軍は一筋縄でいく相手ではありません。

秦軍の頼もしい将軍が集結しましたが、兵数からして城攻めは無理です。

原泰久『キングダム』651話より引用

やはり、魏軍の参戦が必須

魏軍の協力がなければ、「什虎攻め」の成功はありえませんでした。

 

蒙毅が悔しそうにしていると、再び戦場に響き渡る大きな音。

やっと魏軍がやってきてくれたのでしょうか。

ところが、蒙毅は目の前の光景に絶句してしまいます

戦場に現れたのは楚軍。

率いるのは項翼将軍。

隣には、白麗将軍もいます。

兵数はどちらも一万五千。

媧燐が送り込んだ援軍とは、項翼と白麗だったのです!

項翼はニヤリと笑って言いました。

「いーね、蒙武

 ぶっ殺す!」

 

スポンサーリンク

『キングダム』ネタバレ651-652話のまとめ

今回は、豪華な顔ぶれが什虎に集結し、これからの戦いがワクワクするような回でした。

原泰久『キングダム』651話より引用

信が成長して将軍となったように、項翼もまた成長していたようですね

それにしても、いくら蒙武とはいえ、数人の将軍を一度に相手にするなどできません。

昌平君の指示を信じて開戦しましたが、魏軍なしでは負けは決まったようなものでしょう。

楚軍の兵数は八万で、さらに項翼が参戦してきたので合計十一万

対して秦軍は、蒙武軍三万に騰軍二万なので合計五万。

倍以上違う兵数では勝利も絶望的です。

原泰久『キングダム』651話より引用

ただ、あえて言うならば、什虎軍は「楚に忠義がない」という点が気になります

戦いを楽しめなくなれば、あっさりと持ち場を放棄してしまいそうな気がしますけどね。

しかし、現時点では秦軍が不利であることは変わりません。

はたして、追い詰められた秦軍の次なる作戦とは!?

次回が待ち遠しいです!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』652話!覚悟を決めた魏軍からの返事・・

⇒『キングダム』650話!什虎に宣戦布告した蒙武軍・・

⇒『キングダム』653話!始まった秦・魏同盟軍VS楚軍の戦い・・

⇒『キングダム』649話!昌平君が考えた驚くべき戦略・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です