最新ネタバレ『キングダム』652-653話!考察!覚悟を決めた魏軍からの返事

スポンサーリンク

什虎軍に追い詰められる蒙武軍。

前回は、楚国の項翼と白麗が三万の兵を率いて登場したところで終わりました

さて、蒙武軍を助けるべく駆けつけた騰軍。

連れてこられた兵の数は二万。

しかし、媧燐が送り込んだ項翼軍によって、さらに楚軍の兵が増えてしまいます。

本来であれば、戦にすらならない兵数の差。

やはり、魏軍の協力なしでは什虎攻略は考えられません。

このまま蒙武軍は什虎軍に討たれてしまうのか!?

それとも、絶望的な状況を打開する方法は残っているのか!?

今回は、前回にひきつづき月知平原の様子を中心にお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』652話!のネタバレ

それでは『キングダム』652話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

気合い十分の項翼

原泰久『キングダム』652話より引用

蒙毅は絶句していました

ただでさえ、秦軍は兵数の差で不利な状況です。

それなのに、楚軍の援軍が来てしまっては話になりません。

周囲の部下が確認したところ、敵の数は三万といったところ

戦力差は明らかでした。

対して、什虎軍も突然の援軍登場に驚いていました。

戦いを楽しみにしていた千斗雲は、項翼軍が邪魔で仕方ないようです

援軍が来るぐらいですからね。

楚王都から総大将の満羽に連絡が来ていてもおかしくないはずですが、満羽は覚えていないようです。

悔しそうに歯を食いしばる蒙武と録嗚未。

騰はすぐに全軍停止の指示を出します

援軍として、久しぶりに項翼が登場。

項翼が戦う姿は、函谷関の戦い以来でしょうか。

読者の中では、項翼は「楚国の信」と言われているぐらい信に性格が似ている人物です。

信が将軍となっていたように、項翼も将軍となっていたようですね。

 

項翼は戦場を見て笑いが止まりません

媧燐に「力業でねじ伏せて来い」と言われていましたが、敵の援軍は少数。

余裕だと思ったのでしょう。

しかし、隣にいた白麗は、騰がいるだけに「油断は禁物」と警戒しています

項翼も油断しているつもりはありません。

原泰久『キングダム』652話より引用

騰といえば、臨武君(りんぶくん)を討った男

仇を取るチャンスといえるでしょう。

項翼は声高らかに言いました。

「騰~蒙武の前にてめェの首をすっ飛ばしてやる!

 行くぞ、てめェら」

項翼の指示で、弓大隊が展開

まずは、手前にいる録嗚未軍を狙います。

 

ここで対戦相手を確認しておきましょう。

中央では蒙武軍VS満羽軍。

左側では騰軍VS玄右軍。

右側では録嗚未軍VS千斗雲軍となっています。

援軍として来た項翼軍と白麗軍は右側から登場

まず、目の前にいる録嗚未軍を潰そうと考えたのです。

しかし、千斗雲は汗をダラダラ流しながら「来るなっ」と迷惑そうな様子

せっかくの楽しみが奪われることに焦っていました。

友軍に獲物を奪われるくらいなら、まず蒙武を殺りに行くか。

それとも、邪魔しに来た友軍を殺すか悩んでいたほどでした。

録嗚未軍が狙われている様子は、騰からも見えています

騰は戦場を見てつぶやきました。

「まずいな

 このままでは録嗚未が死ぬ、すぐに」

原泰久『キングダム』652話より引用

録嗚未を心配しているようで、騰は無表情です

 

スポンサーリンク

逃げられない蒙武

騰が予想していた通り、録嗚未軍は危機的状況でした。

録嗚未軍の兵数はたった一万

対して、項翼軍と白麗軍は合わせて三万の兵を引き連れています。

さらに、目の前には千斗雲軍が待ち受けている状態。

挟撃されたらおしまいでしょう。

すると、まず白麗の指示で遠弓隊が弓を構えて矢を放ちました

録嗚未軍からすれば、まだ敵が米粒ぐらいにしか見えない距離。

これだけの距離があれば、普通は矢が届かないでしょう。

本陣から見ていた蒙毅達も、矢は避けられると思っていました。

原泰久『キングダム』652話より引用

ところが、録嗚未軍の頭上に降り注ぐ無数の矢

なんと、あり得ない距離から矢が飛んで来ていたのです。

録嗚未軍が矢に気を取られていると、前方から見えて来たのは敵の騎馬隊

項翼を先頭にもの凄い勢いで近づいてきます。

騎馬隊の数は千騎といったところ。

しかし、後ろにも敵の兵が続いています。

録嗚未は悔しそうな表情を浮かべ、部下に「全軍反転」を指示

一度離脱することを決めました。

原泰久『キングダム』652話より引用

本陣から様子を見ていた蒙毅。

録嗚未の判断を「正しい」と評価

敵の援軍を録嗚未軍が引きつけている間に、全軍退却の指示を出したのです。

やはり、兵数の差で戦にならないと考えたのでしょう。

全軍退却して、立て直しを図ろうと考えたのです。

そして、今の状況で最も危険なのは蒙武軍

挟撃される前に突破しようと奥まで進んだので、簡単に後退できる距離ではありません。

「急がないと本当に全滅するぞ」

蒙毅は危機感を募らせていました

こうして、蒙武軍本陣は全軍退却するべく鐘を鳴らし始めたのです。

 

鐘の音は戦場中に響き渡り、騰軍の元にも届いていました。

騰軍は敵右翼の攻撃を中止

本来であればすぐに反転するべきですが、騰は蒙武軍の危機に気づいていました。

だからこそ、騰は周囲に指示を出します。

「敵中央軍へ攻め込こんで

 蒙武の脱出を助ける」

騰がアシストしてくれるならば、蒙武も助かるかもしれません。

しかし、それを許さないのが敵の玄右軍

さきほどまで動かなかった楚右翼が急に動き始めたのです。

「お前の相手は俺だったろ」

原泰久『キングダム』652話より引用

騰を睨みつける玄右

結局、蒙武軍を助けに行くこともできず、騰軍と玄右軍の戦いが始まってしまいます。

 

もちろん、鐘の音は蒙武軍にも届いていました

しかし、後退しようにも敵に囲まれて身動きがとれません。

周囲の部下は蒙武だけも後退させようとしますが、敵がそれを許しません。

蒙毅は焦っていました。

騰軍に蒙武軍の後退を援護してもらおうと思っていたのに、敵に封じられた状態

このままでは、本当に一刻ももたないかもしれません。

蒙毅は父の身を案じていました。

 

スポンサーリンク

楚軍の予想を裏切る援軍

確実に追い込まれていく秦軍。

本陣から戦場を眺めていた軍師の寿胡王はがっかりしていました

「はー、またしても

十のうち一の力しか出さずに勝ってしまう」

原泰久『キングダム』652話より引用

よほど余裕があるのか、優雅にお茶まで飲み始める始末。

もう勝利を確信しているようです。

什虎城は三国にまたがる最重要地であることから、どの国も欲しがるような城でした

それなのに、なぜ各国が什虎に手出ししなくなったのか。

寿胡王は久々に秦軍に教えてやろうと考えていたのです

ところが、それを教える前に戦いが終わろうとしていました。

寿胡王はお茶の飲みながらつぶやいたのです。

「我ら四人がいる限り

 什虎は落ちぬ」

 

このまま行けば、寿胡王が言う通り秦軍の負けは決まっていたでしょう。

しかし、戦場に再び異変が起きます。

その異変に、秦軍・楚軍関係なく誰もが気づき手を止めていました

明らかに、何かが戦場に近づいていたのです。

 

地鳴りのように戦場に響き渡る大きな音。

無数の馬。

数多くの兵士。

風になびく旗には「魏」の文字

原泰久『キングダム』652話より引用

戦場に姿を現したのは、呉鳳明率いる魏軍でした

兵数は確認できませんが、かなりの数を引き連れています。

蒙毅は驚きのあまり、開いた口が塞がりませんでした。

騰だけは「来たか、やはり」と冷静に分析しています

驚いたのは楚軍も同じ。

まさか、ほかの国からも同じタイミングで攻め込まれるとは思いません。

慌てて右反転します。

 

魏軍の登場は、本陣にいる寿胡王からも見えていました。

魏軍が登場したのは戦場の左側。

騰軍と玄右軍が戦っている場所です。

部下から次々と報告が入るなか、寿胡王は気持ち悪い笑顔を浮かべて喜んでいました

「やればできるじゃんかよ

 やーっと面白くなってきた」

原泰久『キングダム』652話より引用

そう思っていたのは項翼と白麗も同じ。

魏軍登場に笑みを浮かべていました。

さらに喜んでいたのは千斗雲です。

まるで恋する乙女のように頬を赤くして、空を見上げながら興奮していました

秦と魏、二人と同時に戦えることが嬉しくて仕方ないようです。

千斗雲に限っては、変態レベルで戦が好きなようですね。

 

スポンサーリンク

魏軍からの使者

原泰久『キングダム』652話より引用

蒙武軍本陣では、魏軍登場に全員が「よォォし!」と喜んでいました

約束通り、魏軍が来てくれたのです。

これで蒙武軍全滅は回避できたでしょう。

しかし、蒙毅だけは安心していませんでした

確かに魏軍は来てくれましたが、まだ同盟の返事をもらっていません。

正式な言葉を聞かない限り、友軍であるとは言えなかったのです

まずは、確認のため魏軍に使者を送ろうとしますが、動きが早いのは魏軍の方でした。

なんと、すでに魏軍から使者が来ていたのです。

原泰久『キングダム』652話より引用

少数の兵を率いて現れた使者は、魏軍総大将・呉鳳明の側近のひとり、将軍の荀詠(じゅんえい)でした

呉鳳明の言葉を伝えに来たと、礼儀正しく挨拶して来たのです。

突然の使者登場にたじろぎながらも、「どうぞ」と返事をする蒙毅。

ところが、何も言わない荀詠。

どうやら、蒙毅が名乗るのを待っていたようです

確かに、初対面なわけですから、互いに名乗るのは当然かもしれませんね。

蒙毅は慌てて挨拶します。

荀詠は「蒙(もう)」がついていることで、蒙武将軍の息子だと気づいたようです

微笑む荀詠に対して、警戒する蒙毅たち。

すると、「フッ」と笑ったあとに、荀詠は主からの言葉を伝えたのです。

「“秦軍・魏軍で共闘し楚を討ち倒す

単純な挟撃でそちらに合わせてやる故

自由に戦え”とのことだ」

原泰久『キングダム』652話より引用

そう伝えると、荀詠は去って行こうとします。

秦軍としては、これ以上ないくらい助かる提案

こんなうまい話があるでしょうか。

心配になった蒙毅は荀詠を呼び止め、同盟を受け入れたのか確認します。

すると、荀詠はまた「フッ」と笑ったあとに言いました。

「三年だけだぞ」

驚愕する蒙毅たち。

魏軍は同盟を受け入れ、本当に友軍として参戦してくれていたのです

もちろん、呉鳳明としては死ぬほど不本意な様子。

しかし、それだけ昌平君が出した条件が魅力的だったのでしょう。

呉鳳明は周囲に指示を出しました。

「秦軍と共闘し楚軍をすりつぶす!」

原泰久『キングダム』652話より引用

 

スポンサーリンク

『キングダム』ネタバレ652-653話のまとめ

今回は、秦軍のピンチを他国の魏軍が救うという驚きの展開でした。

呉鳳明がこれほどまで頼もしいと思ったのは初めてです。

なにより、秦軍が他の国と共闘すること自体が珍しいかもしれません。

秦は同盟条件として、勝利した場合は「什虎城」を魏に与えることになっています

憎んでいた秦と同盟を組むぐらいですから、よほど魏にとって好条件だったのでしょうね。

さすが昌平君。

敵を味方にしてしまう交渉術には恐れ入りました

まだ魏軍の兵数は明らかにされていませんが、魏国といえば兵器を操るイメージです。

もしかしたら、今回も秘密兵器を持ってきているのではないでしょうか。

原泰久『キングダム』652話より引用

魏が三年同盟を組んでくれるならば、対趙戦にも動きがあるかもしれません

はたして、呉鳳明参戦で形勢逆転となるのか!?

次回がとても楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』653話!始まった秦・魏同盟軍VS楚軍の戦い・・

⇒『キングダム』651話!什虎に集結した猛者達・・

⇒『キングダム』654話!什虎軍の強さは一国分!?正体が明・・

⇒『キングダム』650話!什虎に宣戦布告した蒙武軍・・

 

スポンサーリンク

関連記事



1 個のコメント

  • はじめまして。いつも楽しく拝見してます。

    以前、呉鳳明と間違えて霊凰が信に斬られましたが、あれはあながち間違ってはいなかったと言えるかもしれませんね。呉鳳明はこの役目を果たすために生かされたという感じですかね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です