最新ネタバレ『キングダム』658-659話!考察!昌平君裏切りフラグ!?満羽が示した一つの覚悟!

スポンサーリンク

魏軍本陣には千斗雲軍が、楚軍本陣には謄軍が迫っており、戦況はほぼ互角に近い状態

魏軍本陣は龍范の率いる“光華狼”が応援にやってきたことと録鳴未軍が千斗雲軍を追って来たことで、千斗雲軍を3方から囲む形になります。

楚軍本陣は部下たちが寿胡王に什虎城への一時退却を進言していましたが、その頃什虎城もまた、呉鳳明の策により新たな動きを見せ始めていたのです。

なんと魏軍の井闌車が什虎城を急襲!

什虎城陥落なるでしょうか!?

そして第658話は『一つの覚悟』として、満羽が蒙武に告ぐある忠告に注目です。

 

スポンサーリンク

『キングダム』658話!のネタバレ

原泰久『キングダム』658話より引用

それでは『キングダム』658話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

いきなり什虎城陥落間近!?

原泰久『キングダム』658話より引用

呉鳳明の井闌車隊が現れた什虎城は、瞬く間の襲撃で早くも大乱戦になっていました

凄いですね、井闌車が城壁の上にまでそそり立っていて、城壁にいる兵たちに弓を浴びせています。

什虎兵らが弓の対応に迫られている中、魏軍は続々と城壁の上に登ってきます。

什虎兵が細長い井闌車を引っ掛けて倒そうとするも、反対側から引っ張り戻すように設計されているためうまくいきません。

「鳳明様の井闌車は細工があって面白いわ」と笑っているのは、指揮を執る袁比

魏軍は城門開門に向けて配置につきました。

「什虎城を落とすのは我らの仕事だ!」

原泰久『キングダム』658話より引用

什虎城陥落に向けて、魏軍の士気が高まります

 

スポンサーリンク

謄を追う項翼…しかし

楚軍本陣に迫っている謄軍。

原泰久『キングダム』658話より引用

すると、謄に向けて鋭く矢が飛んできました

間一髪華麗に躱す謄。

部下に心配されるも、謄は「案ずるな」と返しました。

「来ることが分かっていれば当たることはない」

これ確か以前録鳴未も言っていましたよね!

矢を討ってきたのはもちろん白麗

謄はその白麗の位置を把握し警戒していたのです。

しかし白麗は、場所を変えて再び狙おうとはしませんでした。

それは時間がないからというのもありますが、項翼が向かうと分かっていたからです。

謄を討ちたい項翼はどんどん謄を追って場を突き進んできました

が、そこに乱美迫が到着!

項翼は乱美迫につかまってしまったのでした。

「よし行くぞ。我らで本陣を落とす」

原泰久『キングダム』658話より引用

その間に謄軍は再び走り出します

 

スポンサーリンク

寿胡王の誤算

謄軍迫る楚軍本陣は大慌て。

「限界です!」「ひとまず後退を!」「そうでなければ大至急満羽様をここに!」

兵たちは口々に進言しますが、寿胡王の判断はそのどちらでもありませんでした。

「退却する」

原泰久『キングダム』658話より引用

驚く兵らにもう一度伝えました。

「退却だ」

それはひとまず退がって立て直しを図るというものではなく、“城まで戻る”という判断

あれほど愉快に戦を楽しんでいた寿胡王ですが、今やその顔に笑みはありません。

寿胡王が退却を判断した理由、それは―

「満羽がおかしい」

本来なら千斗雲同様自ら突っ込み前線を押し上げる満羽が、今回はそうしていないのです

そしてそのために満羽軍は逆に前線を押し込まれてしまいました。

それは満羽が見込んでいた戦果の半分も出せずにいるということ。

寿胡王は、玄右と千斗雲の働きだけでは秦魏同盟軍には勝てないと考え、この判断を下したのでした。

 

スポンサーリンク

満羽の変化の理由

寿胡王の誤算は満羽

「まさか満羽が“ああなる”とは思わなかった」

原泰久『キングダム』658話より引用

想定外だと嘆きつつも、寿胡王には怒りや失望とは違う感情が湧いているように見えます。

その感情は興味

「我々は元からもう守るべきものはない」と捉えている寿胡王にとって、不敗の什虎軍が敗れるかどうかなどどうでも良いこと。

ただ、守るべきものがないはずの満羽が、全てを失くして久しい彼が、ここにきて何か変化を見せていることが寿胡王の興味を引いていました。

寿胡王は、満羽が虚無になって以来初めて本物の“漢”と出会ったのだろうと推測します

それは“かつての自分を重ねてしまうような本物の漢”。

「重ねてしまうが故に満羽…お前は蒙武を―」

原泰久『キングダム』658話より引用

 

スポンサーリンク

覚悟しておかなければならないこと

激闘の蒙武vs満羽

激しく打ち合い、互いに一歩も引きません。

それは“背負っているもの”を問う戦い

蒙武が何を背負っているかまでは満羽には分かりません。

しかし満羽にはただ一つ言いたいことがありました。

それは、“背負っているもの”が死んだ人間の思いならば永劫に力になるだろうが、“生きているものの何か”を背負っているのだとしたら、一つだけ覚悟をしておかねばならないということ。

昌平君との思いを背負っている蒙武が覚悟しておかなければならないことと言えます

それは―

「“それに裏切られる”ことがあるやも知れぬということを!」

原泰久『キングダム』658話より引用

やはり満羽は背負っていたものから逆に裏切られた過去があるようですね。

満羽の思いの乗った腕が蒙武に振り上げられました。

しかしその忠告は蒙武にとっては心外です。

「…ふざけたことをほざくな!!」

憤慨した蒙武の強打がついに満羽を地面に叩きつけました!

 

スポンサーリンク

寿胡王に迫る謄

退却のドラが鳴らさせ、寿胡王は退却準備に入ります。

しかしその頃、呉鳳明は「フッ」と笑みを漏らしていました

なんと、謄の刃が寿胡王の眼前に迫っていたのです!

寿胡王の誤算は満羽の異変でしたが、実はもうひとつ…

原泰久『キングダム』658話より引用

呉鳳明が主攻を任せた“謄の圧倒的な突破力”というものがあったのでした

次回、謄の刃で決着…!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ658-659話のまとめ

満羽の変化もポイントではありますが、戦としては呉鳳明が動きを見せたことであっという間に急転した感じですね。

魏軍・乱美迫を軸にするのではなく、乱美迫を楔にして謄と蒙武を動かし、更には什虎城も同時に攻めていたというさすが呉鳳明の見事な手腕でした。

謄と蒙武を警戒しているからこそ、力を認めているからこその選択だったと感じます。

なので敵となった場合には2人の力を測り間違えることはないということでもありますね。

原泰久『キングダム』658話より引用

さて問題は、昌平君の裏切りフラグが立ってしまったということ

ご存知の方も多いと思うので敢えて書いてしまいますが、史実では昌平君は後に楚王に立ち、王翦・蒙武に討たれてしまうとされているんですよね。

その辺をうまいことキングダムストーリーでどうにかならんかなと思っていましたが、今回の描写でどうやらそっち方面へ進んでしまうというフラグが立ってしまいました…。

今回の什虎城の戦いはそれに繋げる話だったと言う点が大きそうです。

こうなるとその際蒙武がどのように昌平君と向き合うのかに注目せざるを得なくなってきましたが、とりあえずフラグが立ったことがツラいので目を背けますね。

原泰久『キングダム』658話より引用

ひとまずこの辺を踏まえて、するべき覚悟を教えたこの満羽との対峙が改めて蒙武にどう影響を与えるのかに注目しましょう

ということで、この戦すでに終わった感じに言っていますが、寿胡王はもう謄の刃を躱せる距離ではないかと思いますので次回で決着となりそうです。

蒙毅くんの存在感は消えました…。

次回は謄の一撃から始まり、寂しいですが秦魏同盟軍は解散となりそうですので、早くもまた新たな展開に続くことを期待したいと思います。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』660話!満羽の悲劇と寿胡王の遺言!不落の・・

⇒『キングダム』659話!秦魏同盟軍完全勝利!什虎軍は余力・・

⇒『キングダム』657話!猛武の強さは昌平君にあり!?激闘・・

⇒『キングダム』656話!蒙武が下馬!?恐るべき満羽の力!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です