最新ネタバレ『キングダム』677-678話!考察!飛信隊も影丘へ!桓騎軍劣勢の報が飛び交い蒙恬が王賁の無事を祈る!

スポンサーリンク

前線で出過ぎているため趙軍の兵力が集まり、そこへさらに趙軍総司令・扈輒大将軍の率いる15万の扈輒軍までも向かい始め、もはや全滅の危機が懸念される桓騎軍。

それでも桓騎はただ「前進だ」と指示するのみ

そんな桓騎の考えは誰にも読めません。

王翦さえも。

王翦軍にとって扈輒軍が桓騎軍の方へ向かうことは一見都合が良いように思えますが、扈輒軍の動きや桓騎の狙いを推測すると慎重にならざるを得ないため、王翦軍はひとまず静観です。

桓騎の考えは趙軍はもちろん、摩論を始めとする桓騎直属の部下たちですらも理解できていませんでした。

そんな中「それでもお前ら桓騎一家か!」と喝を入れた雷土

自分たちがついて来た桓騎が一体どういう男なのか、改めて感じた桓騎軍は覚悟を決めて戦場へと動き出したのでした。

第677話は『飛信隊の行方』ということで、飛信隊がついに動きます!

 

スポンサーリンク

『キングダム』677話!のネタバレ

原泰久『キングダム』677話より引用

それでは『キングダム』677話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

趙軍優勢の中で李牧は

原泰久『キングダム』677話より引用

桓騎軍左翼として「影丘」に向かわされた玉凰隊は、やはりかなり激しく厳しい戦いをしている様子

王賁の危機に焦る番陽…果たして王賁の運命は!?

その頃、趙王都・咸陽に戦況が伝わったようですが、郭開らがガッツポーズをしているので趙軍が優勢だと分かります。

一方で趙・青歌にも伝令が着き、カイネらも同じく喜びの表情。

しかしその朗報の中に桓騎の狙いを感じているのか、李牧だけは厳しい表情を見せていました

 

スポンサーリンク

桓騎軍苦戦の知らせに秦軍は

桓騎軍と王翦軍の間で未だ待機中の飛信隊

桓騎軍苦戦という情報は入るのに、王翦軍からは「待機」との命令が来るだけなのでヤキモキしています。

しかも情報部隊からの報告によると桓騎軍は初日から劣勢とのこと。

「もう八日も経ってる!」

原泰久『キングダム』677話より引用

そう、桓騎軍と扈輒軍の戦いはすでに始まり、もう八日目

そして伝わるのは桓騎軍苦戦の報告ばかりでした。

桓騎軍はいよいよ中央軍まで分断されつつある模様。

王翦軍は呆れていました。

桓騎は扈輒軍が反転し、王翦軍を挟撃するところを狙うつもりなのでは?

とも考えつつ、さすがに「いざ扈輒軍が来ればまともに戦わずに後退するだろう」と田里弥は推測していたわけですが、実際には桓騎軍は本当に正面から扈輒とぶつかり、まんま敗れているのです。

「…理解に苦しむ。まともにやるなら始めから負け戦だ」

読みが外れた田里弥はますます桓騎が分からなくなりました。

 

スポンサーリンク

飛信隊の行方

王翦軍本陣に蒙恬がやってきました。

「飛信隊を動かすことを進言します」

原泰久『キングダム』677話より引用

飛信隊は桓騎軍の戦場の近くで一番力を持ったまま留まっている部隊

彼らを今すぐ桓騎軍の援軍に向かわせるべきだと蒙恬は考えるのです。

しかし王翦の返事はノー。

「飛信隊は動かさぬ」

理由は桓騎から「楽華はやるから飛信隊は中間地に留めておけ」と使いが来たから

その意味に驚く蒙恬に、王翦がはっきりと伝えます。

「つまり、飛信隊は桓騎が使う」

飛信隊は“どちらかに呼ばれる”ではなく、すでに桓騎がキープしていたわけですね。

 

スポンサーリンク

飛信隊ついに動く!

そして当の飛信隊にいよいよ桓騎軍から使いがやってきました

「今すぐに全軍で援軍に来い!今すぐだ!!」

原泰久『キングダム』677話より引用

信が戦況を聞くと馬印は「よくはない」とだけ言いました。

詳しくは進みながら話すということでとにかく急がせる馬印の顔を見れば、状況が相当悪いことは窺えます。

桓騎軍の戦場に呼ばれたことで一気に飛信隊の空気は張り詰めますが、やはり飛信隊…すぐに覚悟を決め出陣します。

飛信隊、羌瘣隊を合わせて1万5千が、桓騎軍vs扈輒軍の戦場に向けて動き出しました!

 

スポンサーリンク

蒙恬の考える桓騎の動き

原泰久『キングダム』677話より引用

飛信隊が全力で桓騎軍の援軍に向かったことは王翦軍にも伝わります

8万vs15万の戦いに今さら1万5千が加わっても戦局が覆るとも思えないと田里弥と倉央は考えますが、「飛信隊は数字以上の力を持っている。立て直しのきっかけには十分成り得るはずだ」と蒙恬は反論。

そんな蒙恬に王翦が、此度の桓騎は何を考えているかを問いました。

意見を聞くあたりやはり蒙恬を評価しているんですよね。

蒙恬の見立てでは桓騎は「綿密な策略家というわけではなく感覚的に戦う男だが、実はあまり無意味なことはしない」

それを踏まえて蒙恬は今の桓騎についてこう考えていました。

「桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う」

原泰久『キングダム』677話より引用

この考えは盲点だったのか、田里弥も王翦も目を見開きました

 

スポンサーリンク

蒙恬の訴え

そしてここで初めて蒙恬は伝令から、玉鳳隊が桓騎軍左翼に入り、その左翼が最も劣勢で壊滅状態にあることを聞きます

蒙恬は焦りますが、かたや王翦軍の面々はすでに把握していました。

しかし例え死地にいるとしても、“若だから”戦を放って呼び戻すなんてことをすれば、それこそ王賁を“子供扱い”することになるのです。

蒙恬もそんなことは分かっていました。

それでも蒙恬は訴えたいのです。

原泰久『キングダム』677話より引用

王賁は子供が生まれたばかりで、しかもまだその子の顔すら見ていないのだと

「よくあることだ」「どうしろと言っているのだ」と言う田里弥と倉央…ではなく、王翦に蒙恬は叫びます

「心配してやれって言ってるんだ!家族だろ!」

蒙恬の熱い叫びは王翦軍に、そして王翦に響いたでしょうか。

自軍に戻りながら蒙恬は王賁の無事を祈りました

そして信にも武運を祈る蒙恬。

(そしてもし出来るなら、王賁を援けろ!信)

蒙恬の願いは届くのか、飛信隊は玉鳳がいるはずの桓騎軍左翼に派兵されていました。

原泰久『キングダム』677話より引用

「…これは…」と顔を引き攣らせる信

「壊滅状態」と報告された影丘は一体どんな状況なのか、そして玉鳳隊はどうなっているのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ677-678話のまとめ

ついに飛信隊が動き出しましたが、行先は玉鳳が向かわされた死地「影丘」

しかしまずはやはり玉鳳の現況が気になります。

冒頭の描写から相当の血が流れていることが分かりますが、果たして…。

そしてそんな玉鳳、王賁を想う蒙恬の叫びが熱かったですね。

原泰久『キングダム』677話より引用

田里弥と倉央が言っていたように、王賁だからといって戦の上ではどうにも出来ないのでしょうが、「家族なんだから心配しろ」という訴えは、王翦に届いたのではないかと願います

そして蒙恬の「桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う」という見解から、王翦は答えを見つけそうですよね。

桓騎の狙いが何なのか

それが分かれば王翦軍も動き出しそうなので楽しみです。

しかしまずは次回飛信隊から見た影丘の実態が描かれそうですので、果たして報告通りの惨状なのか、恐れながらも楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』679話!王賁と信の絆!玉鳳の思いを引き継ぎ・・

⇒『キングダム』678話!王賁は意識不明!?飛信隊が見た影丘・・

⇒『キングダム』676話!雷土死亡フラグ!?誰も桓騎が読めない・・

⇒『キングダム』675話!玉鳳隊影丘攻め開始!対し扈輒軍15万・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です