最新ネタバレ『キングダム』689-690話!考察!信が捨て身の策に!?堅い攻防を見せる岳白公に対し王騎の矛再び!

スポンサーリンク

岳白公対策として尾平を呼んだ信

その理由は大切な矛を預けるためでした

尾平に“王騎の矛”を預け“漂からもらった政の剣”に持ち替えた信は、素早さがアップし岳白公の動きについていけるようになりました。

それを見て岳白公も得物を鉄球槌から刀へと持ち替えます

さらに体術のスピードが上がる岳白公。

信は漂との手合わせを思い出しながら徐々にその身体に刻まれた剣の感覚を取り戻していきますが、果たしてこのまま岳白公を討ち取れるでしょうか!?

第689話『最大の娯楽』は再び信と尾平の阿吽の呼吸に注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』689話!のネタバレ

原泰久『キングダム』689話より引用

それでは『キングダム』689話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

戦い方が変わった岳白公

影丘を抜くために奮闘する飛信隊

裏では亜花錦隊が岳白公軍本体を足止め中です。

それも限界があるので急げ飛信隊!

しかし信は岳白公に対し再び劣勢に立たされていました。

どうやら岳白公は得物を持ち替えたことでさらに体術多めの戦い方になったようですね

原泰久『キングダム』689話より引用

剣を交える隙に激しい蹴りを繰り出すようになりました

これが体術を得意とする岳白公の本領ということでしょう。

信は剣は対応できているものの、途中でふいに挟まれる強烈な蹴りをどうしても喰らってしまいます。

さらには岳白軍の騎兵隊も信を襲ってきました

焦る崇原ら歩兵隊。

しかし岳白軍の騎馬隊が強すぎて飛信隊の騎馬隊が対応しきれていないのです。

代わりに歩兵隊が信を守るために奮起しますが、騎馬隊や岳白公に次々にやられていってしまいます。

それでも「ひるむな!」と前進する崇原

すると信が声を荒げました。

「止めろ崇原!!お前にまで死なれちゃこの先、隊がやっていけねェ」

原泰久『キングダム』689話より引用

しかし何より信を守らねばこの先も何もありません。

そんな崇原の心配を汲み上げた上で信は「俺がこいつをぶった斬る」と宣言しました。

 

スポンサーリンク

戦争に対する意識の違い

そんな飛信隊のやりとりを見て「随分と隊内の情が厚いのだな。侵略者の分際で」と嫌味も交えながら感心する岳白公

しかしそういった戦場での“結束”や“友情”があるからこそ隊は成長するのだと納得もしています。

岳白公はそれら“戦争での結束や友情”のことを「快楽」だと言いました。

戦争こそが人間にとって最大の娯楽・快楽なのだと

原泰久『キングダム』689話より引用

特に力ある者(侵略する側)にとってはそうであり、そして「逆にその快楽に浸りきった者の息の根を止めることこそが、私にとっては最大の“快楽”なのですよ」と笑いました

その考えに信は「能天気だ」と失望しますが、これは扈輒と共に様々な景色を見た上で至った岳白公の結論なのです。

扈輒は戦争の“痛み”を抱き留め、岳白公は戦いの“狂喜”も“痛み”も“快楽”も「人の“営み”」として受け入れたのです。

「人の世はただ“あるがままに”」

 

スポンサーリンク

やはり太刀打ちできない信

対し“すべてをただ受け入れたら何も変わらない”というのが信の考え

「まるで為政者のようだ」と岳白公に笑われますが、信は世界を変えようとしている政の想いも知っていますし、敵味方様々な将たちの意思や考え方を学んできましたし、その中で信自身も未来に向けて前進し続けています。

「意識の高い侵略者に殺されるのも、ただバカな侵略者に殺されるのも、殺られる側は同じですよ」という岳白公の捉え方も否定できませんが、それでも何のための戦争かという意識を持つことが大事だと信は言いたいのでしょう。

そして「能天気」な岳白公が武術を極めていることにも腹を立てます

どうしても相容れない両者。

原泰久『キングダム』689話より引用

こうなると互いの正否を決めるのはやはり「勝った方」

信と岳白公は再び激突しました。

が、やはり武術を交えた岳白公の戦闘スタイルに信は為すすべなくやられてしまいます。

岳白兵曰く、矛から剣に持ち替えた信は正しいが、この戦闘スタイルになった岳白公には通用しないとのこと。

岳白公の強さの秘訣は、月刀を守りに徹し絶対防御とし、そこから拳闘術の攻撃を繰り出すというもののようです

つまりこれとまともにやり合うには同等の肉弾戦の力が必要。

そんな者いるはずない、つまりは岳白公に勝てる者などいないと岳白兵は確信していました。

 

スポンサーリンク

攻略の鍵はやはり尾平!?

信の剣を封じる剣術と圧倒的な拳闘術が岳白公の強さ。

肉弾戦では勝ち目がない以上(勝つためにはやっぱりあの刀の守りを抜くしか…)と信は考えますが、一体どうやって抜けばいいのか…。

原泰久『キングダム』689話より引用

すると信はふと何かを閃いた様子

そして一瞬何やら尾平の方を見つめてから、再び岳白公に斬りかかっていきました。

やはり剣は止められてしまいますが、なんと信は剣をそのまま蹴りへの防御にもっていきました。

右腕を剣に押し当てて支えにし、岳白公の強烈な蹴りを受け止めます

剣は岳白公の膝に深く食い込みました。

しかし剣は両刃のため、信の右腕にも食い込んでいます。

捨て身の行動の意図は、まず岳白公の動きを止めること

そして信はその状態で尾平の名を叫びました。

原泰久『キングダム』689話より引用

意図が伝わったのか尾平は慌てて昂と力を合わせ、信から預かっていた矛を信に向かって投げたのでした

岳白公を討ち倒すのは“漂からもらった政の剣”と“王騎の矛”の合わせ技!?

岳白公の鉄壁の攻防を打ち破れるでしょうか!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ689-690話のまとめ

原泰久『キングダム』689話より引用

思いを背負い思いを乗せて戦う信と“あるがままに受け入れる”という考えに至った岳白公の意識の違いが描かれました。

何だか岳白公が仏のような顔である理由もわかった気がします。

きっと侵略された経験があるかないかという点も大きな差を生んでいるのでしょうね。

そして戦いに強い意志があってもなくても強い者は強いということも伝わってきました。

が、やはりこの剣と矛どちらも使って勝ちそうという点に答えがあるのだと思います

肉を切らせて骨を断つという捨て身の戦法を使わざるを得ない厳しい戦いですが、そろそろ決着がつくのではないでしょうか。

信の熱い思いが勝利することに次回期待していましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』691話!桓騎が扈輒軍本陣に到達!桓騎の策は・・

⇒『キングダム』690話!影丘攻略完了!それも桓騎の策略のうち・・

⇒『キングダム』688話!信が尾平に矛を預ける!?久々の剣術で・・

⇒『キングダム』687話!キーマンは尾平!?信の見出した岳白公・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です