最新ネタバレ『キングダム』691-692話!考察!桓騎が扈輒軍本陣に到達!桓騎の策は孫臏にあった!?

スポンサーリンク

信は剣と矛、両方を使い見事岳白公を撃破

飛信隊は玉鳳隊の力を得ながらついに険地・影丘を攻略したのでした。

といっても影丘はあくまでも通過点。

飛信隊は休む間もなく扈輒軍本陣を急襲に向かいます

しかし影丘突破の報を聞いた扈輒がすぐに留めておいた虎白軍五千を右翼に回したため、手負いの飛信隊は行く先で五千の軍に待ち構えられることに。

そんな中、桓騎が不敵な笑みを浮かべていました

戦局は桓騎の予定通り!?

この笑みは一体どんな意味なのでしょうか!?

第691話『竈の数』ではついに桓騎の居場所が判明します!

 

スポンサーリンク

『キングダム』691話!のネタバレ

原泰久『キングダム』691話より引用

それでは『キングダム』691話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

桓騎の所在が分からない

桓騎軍中央はさらに脱走者続出中。

敗色が濃厚すぎて脱走者が後を絶たず弱体化していった黒桜軍・倫玉軍が退却を開始し、それを虎白軍が追撃しているところですが、4万で始まったはずの桓騎中央軍はいつしか7千と痩せ細っていました。

「さすがは元野盗の寄せ集め!軍人としての責任感もなければ誇りもない!」

原泰久『キングダム』691話より引用

と虎白軍は大笑い。

ただ桓騎の所在だけは未だに掴めません。

黒桜軍の後方の森に本陣の跡が確認できましたが、すでにもぬけの殻

大隊や中隊などそれらしい軍を叩いてはいるものの一向に見つからないため、軍に守られず小隊規模で動いている可能性も見えてきました。

そうなるとさすがに見つけにくいと虎白軍は考えますが、虎白は「どちらにせよ殲滅するのみだ。極小の小隊すら見逃すな」と指示しました。

原泰久『キングダム』691話より引用

(さっさと出てこい桓騎。艶びていると噂のお前の顔を斬り刻んでやる)

虎白は脱走した兵も含めて桓騎軍を皆殺しの構えです。

 

スポンサーリンク

やはり桓騎の所在がわからない

一方、趙左翼・龍白軍の戦場。

こちらも桓騎軍殲滅の構えで雷土軍を追撃しているところですが、やはり父弟を殺された龍白の怒りは凄まじく、散り散りになった兵も次々に捕まり首が並べられていました

と、そこに本陣から伝令が入ります。

「軍を分けて一方を中央軍の戦場へ動かし、桓騎の包囲に加われ」とのこと。

龍白は桓騎がまだ見つかっていないことを察し、部下・晋布に雷土軍追撃を任せ、自身は8千を率いて中央に向かうことにしました。

原泰久『キングダム』691話より引用

(この溜飲を下げるには貴様の首を取る以外にないわ!)

龍白は「桓騎を八つ裂きにして殺す!」と意気高らかに出発します

これで中央には虎白軍に龍白軍8千も加わり、黒桜軍はいよいよ逃げ場すらもなくなっていきました。

桓騎を炙り出すため大包囲陣を展開し、徹底的に桓騎捜索を行う虎白軍

しかしそれでも桓騎の所在は分かりませんでした。

 

スポンサーリンク

王翦の考える桓騎の策とは

場面は変わり王翦軍本陣。

王翦は、蒙恬に桓騎が何を考えているのかと問うた際に彼が「桓騎は普通に扈輒の首を取るつもりだと思う」と述べていたこと思い出し、ふと気づきました。

「孫臏か…」

原泰久『キングダム』691話より引用

それはこの戦いよりさらに百数十年前の兵法家で、かの有名な『孫氏兵法』の孫武の子孫にあたる人物の名

そして彼の起こした策こそが桓騎の打てる唯一の策だと王翦は気づいたのです。

「もし本当にそうなら、やはりあの男は狂っている。…この私でも…そんな手は使わぬぞ」

王翦さえそう思う“そんな手”というのは、孫臏の名を後世に残すほど有名にした一戦での話

『馬陵の戦い』

当時強国であった魏と苦戦を強いられていた斉との一戦。

両軍は魏領土内にて交戦しかけますが、斉軍はすぐさま退却し馬陵を目指しました。

最強を自負している魏軍は“臆病者”と笑われていた斉軍を大いに侮り追撃をかけます

そこで斉の軍師であった孫臏は、軍の竈の数を1日で半分に、次の日はさらに半分にして後退しました。

追ってきた魏軍は竈の数を数えます。

原泰久『キングダム』691話より引用

竈の数は食の数、すなわち兵の数

魏軍は臆病な斉軍はほぼ逃げ出し、残っている本隊は2日で4分の1になったと算出し、この本隊を殲滅せんと精鋭軍によって全力で追いました。

すると魏軍は馬陵の地で斉軍の伏兵に遭い、総大将が討たれるほどの大敗を喫してしまったのです。

孫臏は消えた兵を伏兵に変えていた、つまり魏兵に“残兵の数を見誤らせて勝った”のです

 

スポンサーリンク

桓騎はここにいた!

そして現在扈輒本陣。

もはや左翼は追撃、中央は桓騎包囲陣、影丘を抜かれた右翼も対策済みであり、本陣はすでに勝利に沸いていました

しかし本陣に変化が起こります。

なんと扈輒本陣守備隊第一陣に敵襲

本陣に報告が入りますが、しかし大した数ではなく突破される恐れはないそうです。

原泰久『キングダム』691話より引用

続くように西側の守備隊第一陣も敵襲を受けたとの報告が

同じく数はそれほど多くはないと言います。

しかしさらに左前方の第一陣にも敵襲があったとの報せが入ってきます

「一体…何が起こっているのだ」

扈輒本陣に戸惑いが広がりました。

さらに報告は続き扈輒本陣が混乱し始める中、この男がこんなところに姿を見せていました。

桓騎が扈輒本陣のすぐ目の前にいたのです!

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ691-692話のまとめ

原泰久『キングダム』691話より引用

ようやく姿を見せたと思ったら、桓騎はすでに敵の本丸・扈輒本陣の喉元まで来ていました!

やはり逃げて散ったと見せかけて、空いた扈輒本陣を急襲する策だったようです。

ただ雷土以外には知らせていなかったような…?

だからこそ桓騎軍の特徴が活かされていて扈輒軍の侮りを誘えるのかもしれませんが、この戦でこの策を実行しようとしていたなら初めから敗戦=多大な犠牲を前提にしていたということですし、頑張る部下ほど大変な思いをするでしょうし…。

ということで「もし本当にそうなら、やはりあの男は狂っている」という感じですね

しかしこれで一番頑張りそうな雷土にだけは「無茶しすぎるな」的なメッセージを伝えていたことにも納得です。

原泰久『キングダム』691話より引用

ただ扈輒は薄々何かを察している様子もあるので、この孫臏の策にも気づきそうなので、この先にさらに桓騎らしさが見えてくるのではないでしょうか。

いよいよ桓騎が動き出したと思ったら王手目前!

一体どんな戦いを見せてくれるでしょうか。

黒桜・倫玉も包囲陣から抜けていそうですし、この戦いに登場していないゼノウ一家もそろそろ出番?

今回扈輒本陣前に堂々と立つ桓騎の姿しか見られませんでしたが、ここからどんな展開になっていくのか次回がさらに楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』693話!扈輒自害!?最期の言葉に桓騎動揺!・・

⇒『キングダム』692話!ゼノウ一家も参戦!桓騎は最初から・・

⇒『キングダム』690話!影丘攻略完了!それも桓騎の策略のうち・・

⇒『キングダム』689話!信が捨て身の策に!?堅い攻防を見せる・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です