最新ネタバレ『キングダム』694-695話!考察!桓騎軍の情報戦!うまくいきすぎて摩論も困惑する結果に!

スポンサーリンク

奇襲を成功させ瞬く間に扈輒を取り囲んだ桓騎軍

桓騎の懐刀・朱摩一家を前に為す術のなくなった扈輒は、桓騎に「人の闇の底」「痛みの底」を語り、雷土の死を仄めかせながら自らの首に剣を添えたのでした。

思わぬ大敗に対し扈輒が選んだのは自害

雷土の生死が分からない以上このまま死なせる訳にもいかないでしょうが、果たしてこのまま扈輒との決着を迎えてしまうのでしょうか。

そして桓騎はこの戦をどう動かしていくのでしょうか!?

第694話は『情報戦』ということで桓騎軍の動きに注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』694話!のネタバレ

それでは『キングダム』694話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

扈輒死亡

「先に逝って雷土と酒でも飲んで待つぞ」

原泰久『キングダム』694話より引用

思わぬ言葉を残し、剣を自らの首に当てた扈輒

しかし当然桓騎軍がこの自害を放っておくわけがありません。

急いで取り囲む朱摩一家。

すると突然扈輒が朱摩一家のひとりを一刀両断!!

なんと扈輒はまだ抵抗したのです。

生け捕り狙いのため、抵抗できなくなるよう腕を切り落とそうとする朱摩一家。

ところが扈輒は今度こそ自らの首に刃を立ててしまったのでした。

「総大将として辱めを受けるわけにはいかんのでなァ」

首から血を吹き出す扈輒。

扈輒は最後の力を振り絞り「趙のためにもう少し連れていくか」と桓騎に向かって剣を振り上げて走っていきました。

途中朱摩一家を斬りながらも、やはり扈輒は朱摩一家にズタズタにされてしまったのでした。

原泰久『キングダム』694話より引用

始皇13年、趙軍総大将・扈輒討ち死に

 

スポンサーリンク

全てをひっくり返すための動きへ

最後のあがきに腹を立てながらも扈輒の死に安堵する朱摩一家。

そんな中、気になったのは扈輒が言っていた「雷土の死」です

朱摩が桓騎に言葉を求めますが、桓騎は「それは後だ」として戦を先に進めることを宣言しました。

「今は扈輒の首を使ってとっとと全部をひっくり返すぞ」

原泰久『キングダム』694話より引用

そう言いながら遠くを見つめる桓騎の背が何とも言えません

というわけで見事敵総大将・扈輒を討ち取った桓騎ですが、戦場全体ではすでに扈輒軍の圧倒的勝利ムードが広がっています。

桓騎軍がそこから勝ちに転ずるには、いかに扈輒の死を広めるかが重要です

そこで桓騎はまず扈輒の死を知る扈輒本陣周りの兵たちに扈輒の首が見せ、その“生き証人”を作ったうえで、捕らえること無く敗走させました。

彼らの存在が“総大将・扈輒の死”という超軍が想像もしなかった一大凶事が誤報でないことを証明していくことになります。

 

スポンサーリンク

情報戦で形勢逆転

原泰久『キングダム』694話より引用

一方、桓騎軍側でも摩論が即座に情報戦を開始。

朱摩から早馬を受けた摩論は、すぐさま本陣を出現させ「情報拡散部隊」を全戦上に走らせたのでした

(桓騎の作戦をあらかじめ聞いていた摩論は失敗すると思い一番奥まで逃げていたようですが、成功した場合の準備も一応ちゃんとしていたのです)

扈輒の死が戦場に広まる中で、さらに扈輒軍の甲冑を着た情報拡散部隊が「王翦軍が10万を率いて急襲した」「10万の楊端和軍が現れた」と誤報を広めていきます。

あっという間に「最初から桓騎の作戦だったんだ!」と混乱していく趙軍

趙軍はいよいよ士気を失っていきました。

「俺たちは王翦軍所属の部隊だ!投降兵に手出しはせぬ!」

原泰久『キングダム』694話より引用

そして桓騎軍はさらに王翦軍になりすまし、趙軍に投降を促していきます

「桓騎に捕まるよりマシだぞ」という言葉もあり、趙兵たちは次々に投降していったのでした。

戦場が広域で趙軍も広く展開していたため、心細い小・中隊が士気を失いやすかったというのもあります

桓騎軍追撃の余波がここにも出たと言えますね。

 

スポンサーリンク

予想を超える結果に

そして桓騎軍は、その投降した趙兵を使いさらに次の投降兵を生んでいきます。

あまり投降兵の数が増えすると今度は制御する軍力もそれなりに必要になってきますが、そこは桓騎軍。

原泰久『キングダム』694話より引用

脱走したと思われた桓騎兵が“何食わぬ顔で”舞い戻り、それに当たりました

脱走も早いですが、勝ち戦になると知った瞬間、全速で戻るのも桓騎兵の特性なのです。

しかもその数はあっという間に数千を超え、脱走した桓騎兵が戻るごとに趙軍の投降兵の数も増えていきました。

そうして瞬く間に趙軍全体に投降する流れが広がっていったのでした

この動きを止められるのはもちろん扈輒軍の将たちです。

しかしこの時中央軍の将・虎白公は扈輒討ち死にの報に驚き、扈輒本陣へ走ってしまっていました

そしてもうひとり、左翼の将・龍白公はこの投降ムードに対し徹底抗戦の構えを見せましたが、戻った兵を集めて大きな戦力とした黒桜によってその動きを封じられてしまったのでした。

こうして2人の将軍の号令がかからないこともあり、趙軍の投降兵は増え続けていきます。

その投降兵の数に本陣の摩論配下は勝利を確信し歓喜。

原泰久『キングダム』694話より引用

しかし摩論は静かに考え込んでいました。

勝利は確定しましたが、投降兵の数が予想を遥かに超えていたのです

その数はなんと数万!

桓騎軍と言えどこれほどの規模の投降兵を抱えた経験は初めてです

本陣でひとり状況を把握している摩論は冷や汗をかくのでした。

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ694-695話のまとめ

原泰久『キングダム』694話より引用

さすが手際がいいですね桓騎軍!

奇襲で扈輒を討ち取るという大逆転劇も見事でしたが、扈輒討伐後の動きも実に見事でしたね。

先を見据えた桓騎の知略と臨機応変な桓騎軍ならではの電光石火の攻略でした

これまで多くの自軍兵を犠牲にしてしまったとは言え、まだ兵力的に有利と思われる趙軍をこうしてほぼ丸々投降させるなんて戦として大成功ではないでしょうか。

そうして圧倒的勝利を収めたわけですが、ここからの投降兵の扱いも桓騎軍ならではということになっていきそうな恐ろしい予感…

かの長平の戦いを思わせる状況になってきたということです。

やはりここで雷土の生死と史実を絡めていくのかもしれません。

原泰久『キングダム』694話より引用

果たして桓騎は数万の捕虜を得たこの戦をどう治めるのでしょうか

趙軍の様子が変わり信たちにも動きが出てくるかもしれませんのでそちらも注目したいですね。

次回も楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』696話!桓騎が10万人大虐殺へ!飛信隊は遠ざけ・・

⇒『キングダム』695話!雷土箱発見!静かに怒る桓騎が大虐殺・・

⇒『キングダム』693話!扈輒自害!?最期の言葉に桓騎動揺!・・

⇒『キングダム』692話!ゼノウ一家も参戦!桓騎は最初から・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です