最新ネタバレ『キングダム』695-696話!考察!雷土箱発見!静かに怒る桓騎が大虐殺開始!?

スポンサーリンク

桓騎軍に包囲され趙軍大将・扈輒討ち死に

しかし広く展開した戦場にはすでに完全勝利ムードだった趙軍がたくさん残っています。

この状況を覆すため、桓騎軍は情報戦を開始

扈輒本陣周りの兵たちを捕らえること無く敗走させたり、各戦場で王翦軍を装って投降を促したり、扈輒討ち死にの報を広めながら投降兵を増やし盤面をひっくり返していきます。

逃げ出した桓騎軍も戻りその網を広げ、そして投降兵がまた投降兵を呼び、桓騎軍本陣はあっという間に趙の投降兵で埋め尽くされていきました。

その数、数万!

予想を超える結果に摩論はひとり冷や汗をかくのでした

果たして桓騎はこの膨れ上がった投降兵たちをどうするのでしょうか!?

第695話『箱』は箱に注目です…。

 

スポンサーリンク

『キングダム』695話!のネタバレ

原泰久『キングダム』695話より引用

それでは『キングダム』695話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

合流した幹部たち

桓騎兵が次々に投降兵を収容所に連行してきますが、どこの収容所もすでに投降兵でパンパンになっており、摩論だけでなく他の桓騎兵たちもその異様さに気づき始めていました。

「一体…何人捕虜になったんだ?これは…」

原泰久『キングダム』695話より引用

 

その頃、摩論、倫玉、黒桜が合流します

倫玉と黒桜は互いの無事を確認しつつ、桓騎の部下であることを誇りに思うのでした。

「しっかし今回はマジでダメかと思ったなー。そんでもしっかり勝ってやっぱお頭はすげーなー」「ああ、最高だ」

とはいえやはり作戦を教えて欲しかったと思う倫玉と黒桜。

摩論だけが作戦を聞かされていたことにも腹を立てますが、雷土にも教えていたらしいことを聞くとさらに腹を立てます。

特に「私より雷土のアホの方がお頭にとって大きい存在とでも?」とショックを受ける黒桜

そんなこんなで黒桜と倫玉はようやくの勝利に安堵しながら「早くお頭に会いてーなー」と桓騎の待つ本陣に向かいます。

原泰久『キングダム』695話より引用

かたや摩論はパンパンになっている収容所を見ながら焦っていました。

(敵を討つ戦力がなかったから投稿させる策に出たが…上手くいきすぎてしまった…)

 

スポンサーリンク

勝利を知る飛信隊

死力を尽くして影丘を攻略した飛信隊は、そのまま休みなく扈輒本陣を目指していたところでしたが、中央から動かされた虎白残留軍を前に足止めを喰らい戦い続けていました。

扈輒軍との勝敗が決したにも関わらず飛信隊がまだ戦っていたのは、ここが摩論の情報戦の外だったからです。

そして敵が平陽に向けて退却し始めた頃、ようやく飛信隊の元に摩論からの伝令が届きました

原泰久『キングダム』695話より引用

この戦があまりに劣勢だったこともあり、桓騎自らが扈輒を討ったという報せを飛信隊はにわかには信じられませんでしたが、ともあれ飛信隊はようやく落ち着けることとなりました。

「相当苦労したと聞いている…他の連中は大丈夫か?」と、伝令に来た馬印に聞く那貴。

馬印は那貴のことを変わらず“裏切り者”としながらも「とにかくお頭や摩論さん黒桜さんは無事だ。あとはまだ俺の耳に入っていない」と教えてくれました。

 

スポンサーリンク

雷土が“見つかる”

一方で摩論、黒桜、倫玉の3人が本陣に到着しました

が、肝心の桓騎の姿がありません。

部下はこう言いました。

「つい先ほどやっと雷土さんが見つかってお頭はそっちに!」

原泰久『キングダム』695話より引用

3人は案内役について馬を飛ばし、雷土の側近たちも後を追ってきます。

道中3人は、そこでようやく雷土が捕らえられてしまったことを知りました

「何っ!?」「それってもう…」「殺られたってのか?雷土は」

不安が過る3人。

案内役も詳しくは知らないようですが、とにかく桓騎に3人と雷土の側近たちを連れてこいと言われ待っていたそうです

黒桜は「そんなに簡単に死ぬかよ、あの岩男が」と舌打ちしました。

そして不安を抱きながら桓騎の元に到着した黒桜たち。

桓騎はいつものようにテーブルに足を上げて座っていましたが、「お頭っ!」と声を掛けられると無言で前方を指差しました。

刺した先には無惨にも捕らえられた雷土兵たちの首が並べられていました

しかし肝心の雷土はいないようです。

原泰久『キングダム』695話より引用

すると「首じゃねェ。箱だ」と桓騎

そう言われ改めてその場を見ると、真ん中に何やら大きめの箱も置かれていました。

嫌な予感…。

開けてみると、なんとそこにはバラバラにされた雷土が詰まっていました

目の周りの刺青…間違いなく雷土です。

3人は腰が引け、言葉が出なくなりました。

側近たちは「雷土さん!雷土さん!」と必死に叫びました。

 

スポンサーリンク

桓騎の静かな怒り

そこへ“顛末を知る者”から情報を得てきたという砂鬼一家がやってきます

砂鬼一家は桓騎に伝えました。

「雷土は口を割らせようと拷問され、生きながらにバラバラにされた。だが、それでも何一つしゃべらずに死んだそうだ」

原泰久『キングダム』695話より引用

それを聞き摩論は呟きます。

「雷土さんがしゃべっていれば我々は負けていました」

すると桓騎が立ち上がり、「不細工ヅラがさらに酷くなったなー」と笑いながら血で満たされた箱に手を突っ込みました

そして雷土の顔に手を当て話しかけます。

「無茶せず適当に逃げろっつったろーが。俺の言うことを聞かねーからだぞ、この大馬鹿野郎が」

その様子を見てさらに泣きながら扈輒軍への怒りを見せる雷土側近たち

黒桜も「マジでやってくれたな」と怒りを露わにしますが、扈輒は死んでしまった上に、砂鬼一家曰く拷問を行った拷問官も報復を恐れて殆どが自害してしまったそう。

すると桓騎が「何人だ?」と聞きました

残る拷問官は1人だと砂鬼一家は言いますが、桓騎は「摩論に聞いたんだ」と言います。

砂鬼一家だけはその言葉の意味に気づきます

「何人だ?」

原泰久『キングダム』695話より引用

桓騎はもう一度言いました。

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ695-696話のまとめ

雷土が予想以上の姿で発見されました…コトリバコじゃないですか。

今回ようやく雷土の安否=生きながらにバラバラにされたという壮絶な最期を迎えたことが分かりましたが、第686話を読み返すと彼の想いを改めて感じ泣けてきます。

原泰久『キングダム』695話より引用

ただ、桓騎に「大馬鹿野郎だ」と言われた雷土の死に顔が穏やかなのが印象的でした

この誇りを持った姿が雷土の魅力でしたよね。

本当に残念です…けど結局これが戦国の世なんですよね、桓騎軍も散々酷いことやっていますし。

とはいえ予想以上に情の深さを見せた桓騎たち

少し桓騎の見方が変わったと言える1話でしたが、だからこそ次回が怖いですね。

「何人だ?」と捕虜の人数を聞いた桓騎がやろうとしていることを想像してしまいますが、やはり史実にこの桓騎たちの感情を合わせて描かれていくということなのでしょう。

“痛み”を語る扈輒が自分のブライドを守ったことで結局さらなる“痛み”を生んでしまうのが何とも滑稽というか虚しいですね。

こうしてここで政の止めようとしている報復の連鎖、負の連鎖が起こってしまいそうなわけですが、信がどのような状況でそれを目にするのかも気になります。

というわけで見たいような見たくないような次回となりそうですが、また楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』696話!桓騎が10万人大虐殺へ!飛信隊は遠ざけ・・

⇒『キングダム』694話!桓騎軍の情報戦!うまくいきすぎて摩論・・

⇒『キングダム』693話!扈輒自害!?最期の言葉に桓騎動揺!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です