最新ネタバレ『キングダム』696-697話!考察!桓騎が10万人大虐殺へ!飛信隊は遠ざけられ止められなかった!

スポンサーリンク

桓騎自らが扈輒を討ち、戦いにひと段落し、ようやく合流した桓騎軍幹部たち

しかし、そこに雷土の姿はありませんでした。

雷土は拷問の末、無惨な姿にされていたのです

言葉は少ないながらも明らかに怒りを見せる桓騎。

そして桓騎は静かに「何人だ?」と摩論に投降兵の数を確認したのでした

第696話『解放の噂』は、その投降兵の扱いについて描かれていきます。

 

スポンサーリンク

『キングダム』696話!のネタバレ

原泰久『キングダム』696話より引用

それでは『キングダム』696話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

勝利の報に咸陽は

桓騎軍勝利の報が咸陽にも届きました

9日間…というか今日の今日まで圧倒的劣勢の様子を聞かされていた文官たちは、この思わぬ報せに「これは早くも六将復活の成果が出たとも言えるぞ!」と沸きました。

戦況がひっくり返った理由として考えられるのは飛信隊が参戦したこと

「飛信隊が勝利をもたらしたのかは分からぬが、そのきっかけになったのは間違いあるまい」と昌平君も言います。

どちらにせよこれは本当に大きな勝利。

今回「邯鄲の守護神」である扈輒も討ちましたので、武城・平陽の前に立ちはだかる難敵がいなくなったことになります。

つまり次の武城・平陽の攻略に進めるわけです。

昌文君は改めて政に伝えました

「その二城を抜けば…その先はいよいよ趙王都・邯鄲!」

原泰久『キングダム』696話より引用

政はまっすぐ前を見据えて「ああ、そうだな…」と答え「本当によくやってくれた」と桓騎を労いました。

 

スポンサーリンク

現場はまだ終わっていない

当然邯鄲にもその報せは届きます。

原泰久『キングダム』696話より引用

趙軍大敗と扈輒討ち死にという一報に、邯鄲は咸陽以上にどよめいていました

そうして両国を揺るがせた大逆転劇。

王翦軍も愕然としていますが、実はこの話はまだここでは終わりませんでした。

それは恐らく桓騎軍が予想以上に得ることになった10万の投降兵の行方です

「本当にやるんですか?お頭…」

そう言って冷や汗をかく摩論、そして無言で険しく前を見据える桓騎の表情から、桓騎が只事ではないことを為そうとしていることが分かります。

 

スポンサーリンク

遠ざけられる飛信隊

飛信隊本陣に「今すぐ逃げた趙軍を平陽城まで追って、こちらに戻らぬよう見張れ」という命令が下されました

摩論曰く、軍で動いて反抗の気を起こさせないことが上策とのこと。

“今すぐ”という指示に疑問と不満を抱きながらも、飛信隊は動けるメンバーのみで渋々動き出すことにします。

原泰久『キングダム』696話より引用

しかし「(ケガ人と共に)私もここに残っていいかな?」と言い出す羌瘣

ケガをしているわけではないので結局信たちと一緒に行くようですが、羌瘣は何か嫌な予感のようなものを感じ取っていそうです。

ともあれ桓騎の命令により敗走した扈輒軍の残党を追うことになった飛信隊

元々桓騎軍本陣の西にいた飛信隊が北西の平陽に向かったわけですから、桓騎軍とはさらに離れることになったのでした。

 

スポンサーリンク

解放ではなく斬首だった

投降兵は何名かずつ、どこかに連れていかれていました

ある者が見張りの桓騎兵に聞くと「俺らも聞かされてねーが、噂じゃー少しずつ解放してやってるらしーぞー」という答えが返ってきました。

原泰久『キングダム』696話より引用

彼ですら(お頭は何でこんなに早く解放してるんだろう)と疑問に思う事態ではありましたが、投降兵たちはそれを聞き“王翦軍に”投降したことに改めて安堵したのでした。

さてその投降兵ですが、少数ずつ連れていかれた彼らの身は、しばらく歩かされた後にまた別の桓騎兵たちに“引き継ぎ”されていきました。

解放を目前に投降兵らは再び家族に会えることを喜んでいたり、この戦で家族を殺された怒りから「解放されたらすぐに軍に戻って桓騎兵を殺しまくってやる」と考えていたりと表情は様々です。

共通するのは「とにかくもう少しの辛抱だ…」ということ

そんな思いを抱いていると、ある場所で休憩だと言って座らされました。

そして間隔を空けて座らされ、水をやるからと言われて下を向かされ、気づけば…

原泰久『キングダム』696話より引用

ドッ!!と一斉に首を斬られていました

投降兵は解放されていたわけではなかったのです。

 

スポンサーリンク

史実の事実

そうした方法で次々に投降兵を斬首していく桓騎軍

数が数ですから一人当たりの担当数も多く、次第に疲れが出たり、連れていく→引き継ぐ→座らせるの作業が面倒になり、その場で惨殺し始めたりと大きな惨劇となっていきました。

これが広域に点在した全ての収容地で繰り広げられたわけです。

正に大虐殺

「終わったみてェだぜ、全部」と倫玉が声を掛けると、摩論は両手で顔を覆い「分かりました」と静かに答えるのでした。

戦死者と処刑者の数の振り分けは不明ではありますが、この戦いのことは『史記』にも記されています。

【始皇十三年に桓騎が平陽の地を攻めた】

原泰久『キングダム』696話より引用

【趙将扈輒を討ち取り、首十万を斬った】

こうして趙軍が勝利を確信し上げていたはずの歓喜の声は、1日にして悲鳴へと変わったのでした。

後ろ姿しか得かがれていないので、桓騎の表情は分かりません。

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ696-697話のまとめ

予想されていたこととは言え、なかなか奥深い描写でしたね。

原泰久『キングダム』696話より引用

淡々と描かれていたからこそ桓騎軍の非情さを感じながら、桓騎の雷土への弔いやそれ以上の何かに対する怒り、あるいは覚悟を感じざるを得ません

自軍の数以上の投降兵はやはり扱いにも困りますし、「解放されたらやり返す」という意志を見せている兵もいるわけですから、禍根を残さないという点では正しいのかもしれません。

それに本当に情に駆られて行ったのだとしたら桓騎という人物への見方が変わりますが、しかしこのやり方が現在の秦の意向においては大問題になることも桓騎は分かっているとは思うので桓騎の考えが気になりますね。

一連の流れに対する罪悪感に押しつぶされそうになっているようでもあり、今後の自分たちへの対応を予想しうなだれているような摩論の姿も辛かったです。

だから重要なのは今後の咸陽の対応

次回はこのことが咸陽に伝わるようなので、桓騎軍への対応も含めその反応に注目です!

遠ざけられ、知らないまま大虐殺が行われることとなった信の動向にも注目しましょう。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』698話!桓騎斬首!?政の追及に対する桓騎の答・・

⇒『キングダム』697話!政出陣!六将の暴挙を受け秦王が最前線・・

⇒『キングダム』695話!雷土箱発見!静かに怒る桓騎が大虐殺・・

⇒『キングダム』694話!桓騎軍の情報戦!うまくいきすぎて摩論・・

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です