最新ネタバレ『キングダム』700-701話!考察!砂鬼は女だった!?敗れた趙では再び李牧が動き出しそう!

スポンサーリンク

桓騎に対し秦王が下した結論は、扈輒軍撃破の功を踏まえ桓騎の地位をそのままに留め置くというものでした

六将剥奪も無し。

そしてその桓騎との対談の後、髑髏の積み重なる戦場で頭を抱えていた政の元へ信が現れたのでした

趙国戦線で再会した2人は、ここで一体何を語るのでしょうか!?

第700話『戦後の軋み』は展開盛りだくさんで、物語が一気に前へ進む予感です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』700話!のネタバレ

原泰久『キングダム』700話より引用

それでは『キングダム』700話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

久々の再会

趙との前線の地で再会を果たした信と政

「俺達がまさかこんな最前線で会うとはな」と信も笑いました

が、ここは桓騎軍の積み上げた髑髏の広がる地ですから、信の馬に2人で乗り場所を変えることにしました。

到着したのは少し見晴らしの良い場所

原泰久『キングダム』700話より引用

そこで信は“影丘”がある場所を指し示し、そこで何があったのかを政に語り始めます

飛信隊がこちら側にあった扈輒本陣を目指し、影丘突破に奮闘していたこと。

崖を新人たちが頑張って登り突破口を開いたこと。

玉鳳も頑張ってくれていたこと。

岳白公と戦い勝利したこと。

そしてやっと影丘を抜いてこっち側に来たらすでに桓騎が扈輒を討っていたことなど、此度の戦について政に伝えていきました。

 

スポンサーリンク

桓騎について

桓騎が扈輒を討てたことについて、貂が“飛信隊の奮闘のおかげ”であり、そもそも“その形を作るために飛信隊は呼ばれたのかもしれない”と言っていたことも話します。

その流れを信は「信じられるか?桓騎の頭の中どうなってんだ?」という疑問でまとめました。

「天才であることは間違いないだろう」

原泰久『キングダム』700話より引用

と返す政ですが2人の桓騎に対する見解は「それでも奴はクソ野郎」ということで一致していました

そして「…政、今回は悪かったな。そしてありがとな。こんなところまで来てくれて」と信。

信が政に謝った理由は、自分が目と鼻の先にいながら桓騎の虐殺を止められなかったからです

政に礼を言った理由は、自分も含め桓騎を止められる者がおらず血涙を流すしかなかったところに、政が来てくれたからです。

「来たが桓騎を断罪することは出来なかった」と政は返します

「今はまだあの男の力が必要だ」

その言葉に信も同意しました。

 

スポンサーリンク

目先の懸念について

「…だが今心配なのは桓騎ではなく…万の捕虜を虐殺した“結果”だ」

原泰久『キングダム』700話より引用

と政は言います。

懸念は先の統治のこともそうですが、まずはその前に趙人の怒りが飛信隊含む前線の兵たちに向かうであろうこと

過度な残虐性は逆に相手の士気を上げてしまう上に、相手も容赦なくその行為を返してくる可能性があるからです。

すると「こっちは趙を滅ぼそうとしてんだ。怒りを買うのは当たり前だ」と信。

ここからはさらに趙人と近いところで戦っていくことになり、向こうの苦痛がより強く伝わってくるでしょう。

「だがそれも承知の上だ」

信は「俺達はやりきってみせる」と強い眼差しで宣言しました

そんな信に「前からそうだが、お前はやはり強いな」と感じる政。

「俺はお前の“金剛の剣”だからな」と言う信に、政は(本当に何度も助けられる)と実感したのでした。

 

スポンサーリンク

趙の心臓はもう目の前

すると政は、影丘の右奥にあるのが現在秦国が狙っている平陽と武城だと指し示し、そしてそれらを抜いて北上すればそこにはもう趙の王都・邯鄲があると言いました。

政が紫夏の力を借り邯鄲を脱出してから16年。

「尊い犠牲を出し命からがら逃げた子どもが秦王となって舞い戻り、その邯鄲の喉元に今こうして立っている」

原泰久『キングダム』700話より引用

政はしみじみ語り、信もまた“あと少し”だということを実感しました

政が改めて言います。

「二城の先にある王都邯鄲を落とせば、趙国が滅びる」

ここからさらに激しく戦いが続くでしょうが、貫くべき趙の心臓はもう目の前。

信は「任せとけ」と言いました。

 

スポンサーリンク

砂鬼は女だった!?

原泰久『キングダム』700話より引用

場面は変わり、桓騎軍の本陣になんと那貴がやってきました!

黒桜が激しく拒みますが摩論と厘玉は受け入れてくれました。

那貴がここに来た理由は、桓騎の様子が気になったから

ずっと桓騎軍のことを気にかけている様子が見られましたが、此度の雷土の件や政が来た件もあり、訪れずにはいられなかったのでしょう。

今回の件について「雷土の報復にしてはやりすぎだ」と言う那貴

信や貂の言っていたように桓騎を止められるのは秦王しかいないでしょうが、那貴は桓騎軍幹部の方からアプローチ出来るわけですね。

原泰久『キングダム』700話より引用

摩論は桓騎の行いについて、雷土の死が理由ではなく「久々に“首切り桓騎”の本性が外に出ただけ」だと言いました

かたや厘玉は「雷土のことは大きく関係してると思う」と言います。

それに対し「まー最古参ですし」と呟く摩論。

その言葉に那貴は疑問を抱きました。

最古参は砂鬼一家だと聞いていたからです

砂鬼一家は謎すぎるため最古参かどうかなどはこの場の誰も分かりませんでしたが、那貴はひとつ疑問を感じていました。

「前から思ってたが、古株なのにどうして砂鬼一家は幹部に入ってないんだろうな」

那貴の呟きに黒桜と摩論が「入れるわけねェだろあんな不気味な奴らを!」「お頭だって砂鬼一族とはいつも距離を取っています」と反論。

原泰久『キングダム』700話より引用

その頃、桓騎の天幕にひとりの女性が訪れていました

裸なので身体の関係ということでしょうか。

綺麗な背中ではありますが、刺青と共に傷痕がついているところが印象的です

そしてなんとそこに砂鬼一家の覆面が!

つまり砂鬼一家のひとりは女性だったということですね!

どうやら砂鬼一家と桓騎は、幹部も知らないような深い関係にありそうです。

 

スポンサーリンク

李牧が動き出す

政はその後しばらく前線に留まり、各所を巡回し兵を労っていました。

原泰久『キングダム』700話より引用

王賁の元にも見舞いに訪れます

政は重傷を負った王賁に寝たままで良いと気遣いながら、子供のことにも触れて話をしたようです。

パパ同士の会話も見てみたかったですね。

そして政は連れてきた3万の兵をそのまま前線の増援軍として置き、僅かな兵団で咸陽へと戻っていきました

勝ったとは言え桓騎軍と王賁軍は大いに戦力を失ったため、その兵を取り入れて再生を図ることになります。

そして一方、敗れた趙国内にも動きがありました。

“邯鄲の守護神”扈輒を失った趙は、急いである場所へ伝令を走らせていました

原泰久『キングダム』700話より引用

その場所とは「青歌」です

ここは現在、秦にとって最も厄介な男が雌伏の時を過ごしている場所

そう、来たる時に向けて力を蓄えていた李牧軍が動き出すということです!

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ700-701話のまとめ

今回は700話目に相応しいとも言える、内容が盛りだくさんな回でした。

一番の衝撃は砂鬼ですよね。

まだハッキリと判明してはいませんが、後ろ姿と目からすると完全に女性に見えます。

原泰久『キングダム』700話より引用

この者が砂鬼なのか、それとも桓騎が砂鬼一家の中に存在を隠しているだけなのか、桓騎との具体的な関係性、近しい間柄なのはこの人物だけなのかなど、色々想像は膨らみますが恐らくこの人が“最古参”の人物なのでしょう

そして恐らく「桓騎の怒り」や桓騎が言っていた「痛みの底」にも関係していそうですね。

最もミステリアスだった砂鬼一家の正体に近づいてきたということで、いよいよ桓騎の過去が描かれる時も近そうです。

そして史実でこの後桓騎と対戦したとされる李牧も動き出します

ということでまず次回は青歌の様子が描かれそうですね。

思っていたより早かったですが、再び李牧が秦に立ちはだかるということでより激しい戦いが予想されます。

しかも青歌と言えば司馬尚ですから、いよいよその顔や人柄を知ることができそうですよね。

これを機に司馬尚が立つのかも含め、青歌の動きに注目しましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』702話!李牧が宜安に目を付ける!李牧軍と桓騎軍・・

⇒『キングダム』701話!廉頗が趙に帰還!?扈輒の後に邯鄲を守る・・

⇒『キングダム』699話!六将剥奪は無し!政と桓騎の舌戦の結末・・

⇒『キングダム』698話!桓騎斬首!?政の追及に対する桓騎の答・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です