最新ネタバレ『キングダム』715-716話!考察!詰みの盤面から開戦!?李牧の用意した狩り場にて秦軍絶望の戦が始まる!

スポンサーリンク

原泰久『キングダム』715話より引用

いよいよ宜安攻略へ!!

秦軍は結局何も情報を掴めぬまま赤麗から宜安に向けて進軍を開始

一方の宜安は李牧の言葉によって士気最高潮で待ち受けるどころか、秦軍の予想に反して城の外に打って出てきました。

平地で対峙する両軍。

そこで明らかになった軍容は、秦軍14万に対して趙軍はなんと31万!

李牧は半年かけて総動員したこの31万の趙北部兵を、ここまで秦に悟らせないよう隠し続けていたのです。

秦軍は予定より大幅に兵力を減らしながらも趙軍も同数程度だと予測しながら進軍を選択してきたわけですが、それが李牧の罠でした。

趙の深部まで足を踏み入れてしまった秦軍は、この圧倒的兵力差を見てももはや後戻り出来ません

果たして秦軍に打つ手はあるのでしょうか!?

第715話『描き切られた戦い』はかつてない秦軍の絶望が描かれます!

 

スポンサーリンク

『キングダム』715話!のネタバレ

それでは『キングダム』715話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

李牧と共に戦う日

まずは出陣した時の趙軍の様子から。

前衛に配置された馬風慈は、ひとまずお別れとなる馬南慈に「ご武運を」を伝えます。

「しっかり戦え」という馬南慈に「いつも通り戦いなさい」という李牧。

馬風慈は李牧が雁門を離れてからの11年、ずっと李牧と戦う日を待ち望んでいたといいます

それは馬風慈だけでなく雁門将軍の骨珉伯も。

すると宜安将軍・袁環も「同じ気持ち」だと言います。

何故なら趙北部の戦いは対匈奴との戦いであり、その最前線が雁門

その司令官であった李牧はつまり北部全体の総司令でもありました。

その時代が最も匈奴からの被害を抑え北部が栄えていた時期であり、そして李牧が匈奴に大勝利し平和がもたらされた時、北部民は皆、心に刻んだのです。

李牧こそが北の最高の統治者であると

ゆえに雁門将軍たちだけでなく、この趙北部兵全員が李牧と共にする日を待っていたのです。

その想いを示すように袁環が声を上げ叫ぶと、趙軍全員が空気を震わせるほどの高い士気でそれに応じたのでした。

 

スポンサーリンク

絶望の秦軍

侵略者が一人残らず恐怖と後悔にまみれて死を迎えるように…そんな趙軍の強い意志によって作られた31万の秦軍包囲陣。

宜司平野にてポツンと囲まれた秦軍14万は皆、思わぬ事態に絶望の表情です

蒙恬は、自分たちが誘い込まれたこの状況が“閼与を出る前から練られていた”ものだと気づきました。

秦北東部軍20万が狼孟軍に潰されたことについても、今さらながら違和感を覚えます。

何故なら狼孟に対して咸陽の本営は脅威と思っていなかったはず。

それなのに秦軍20万を打ち破ったということは、相当前から軍の増強がされていたということです。

それはつまり“秦北東部軍が太原に集結して東進する”ことを見越してのこと

桓騎連合軍はそのうちの5万と合流し、諦めずに宜安攻略に踏み切ったわけですが、その5万の通過も意図的なのだとしたら…

すべては秦軍が宜安攻略に出ることを読んだ李牧の思い描いた通りだったことになります

それに気づいた蒙恬は戦慄しました。

それならばこの地の戦いも描き切られているはずだと。

 

スポンサーリンク

すでに詰みの盤面

そう李牧は半年以上前に宜安一帯を視察していましたが、その時すでにここでの決着を描いていたのです。

秦軍が事態を受け止めきれないまま、李牧の無情な合図により開戦

ここまできたら趙軍に策なんていりません。

一斉攻撃です。

蒙恬はとにかく足を止めてはならないと考え脱出を試みますが、異様に足の速い趙軍によって捕まり、蒙恬軍左方が早くも交戦に。

そうこうしている間に正面にも分厚い軍が押し寄せてきます。

目前の敵に集中しなければ死亡不可避!

とはいえ先を考えて動かなければ秦軍の全滅は不可避!

もちろん右翼の飛信隊も同じ状況に迫られていました。

右方の飛麃がすでに交戦中。

河了貂は「どうにかして突破口を見つけないと」と焦りますが、圧倒的読みを見せた李牧の作り上げた“詰み”の盤面を覆せるのかという絶望がこみ上げます

壁軍も窮地に陥っており、早くも横陣が崩されようとしているところ。

絶体絶命の秦軍!

圧倒的な兵力と士気の差に為す術はあるのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ715-716話のまとめ

これまで李牧の手の上で進んでいる様子が描かれてきたわけですが、今回はそれに気づいた秦軍の絶望が描かれました。

これまで飛信隊は倍以上の数の敵に勝ってきたりしていましたし、人数的にはあまり脅威はない気がします。

原泰久『キングダム』715話より引用

問題は李牧が完璧に用意した狩り場であることと、李牧と共に祖国を守らんとする趙北部兵の士気の高さ

秦軍はもう本当に“ただ囲まれている”という状況なので、策の打ちようがなさそうというのが絶望を誘います。

突破口があるならばやはり信のような武力でしょうが、それでも秦軍がひとつにならなければすぐさま潰されてしまうだけでしょう。

そこで気になるのは大将の桓騎ですよね

桓騎は今回一度も描写されなかったので、一体どんな表情をしているのか…。

この状況で期待されるのはやはり信と桓騎。

2人が絶体絶命の秦軍に何かをもたらしてくれることを期待しつつ、また次回を楽しみに待ちましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』717話!右翼が左翼に移動!?飛信隊はまさかの・・

⇒『キングダム』716話!本能型の覚醒!?火を起こすために飛信・・

⇒『キングダム』714話!李牧の策は数の暴力!予想外の趙北部31・・

⇒『キングダム』713話!赤麗無血開城!順調な秦軍に李牧の情報・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA