最新ネタバレ『キングダム』723-724話!考察!飛信と楽華で李牧の包囲突破!しかしついに桓騎の弱点が明らかに!?

スポンサーリンク

原泰久『キングダム』723話より引用

崇原ら歩兵団も先頭に追い付き、両軍歩兵団も入り乱れた総力戦に発展

それでも戦況は変わらず、起点となるはずの信を未だ動かすことが出来ずにいました。

しかしそこで弓矢兄弟が上和龍の側近・雲慶を撃破!

続けて上和龍に矢を放った隙に、信が斬りつけ上和龍を馬上から叩き落したのでした。

さらに我呂がもう一人の側近・雲玄を斬ります。

どちらも恐らく撃破までは至っていませんが、飛信隊は一気に形勢を逆転しました。

そこで我呂の「飛信隊を連れていけるのはお前しかいねえ」という言葉を受け、信が前進し突破をはかることに

上和龍の軍は厚く、飛信隊は副将・豪座公(ごうざこう)の前で力尽き足を止めてしまいましたが、なんと豪座公の背後から羌瘣がやってきたのでした。

第723話『飛信隊の道』は飛信隊が双方から掘り進んだ道を切り拓き包囲脱出できるか注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』723話!のネタバレ

それでは『キングダム』723話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

包囲貫通

趙軍の背後からやってきた羌瘣はそのまま豪座公を討ち取りました

そこでついに呼吸が完全に尽きてしまいますが、信が駆けつけ受け止めることが出来ました。

咳き込みながらも「丁度よかったろ」と笑う羌瘣

羌瘣はしばらく動けそうにありませんが、羌瘣隊の働きのおかげでついに外へ出る道が繋がったのです。

すかさず河了貂が指示を出し、飛信隊はいよいよ包囲脱出へ動き出しました

騎馬隊が作った道を歩兵隊が確保。

渕さんは負傷兵をまとめて連れてきてくれています。

右端の楚水隊が来れそうにないようですが、敵がここを必死に潰しに来るだろうからその隙に右から抜けられるはずだと河了貂は楚水を信頼しています。

信と羌瘣はラブラブで一時休息中。

飛信隊脱出の希望が見えてきました。

しかし「まだだ」と信は言うのでした

 

スポンサーリンク

楽華救出なるか

一方、飛信隊の動きに気づいた楽華。

そこで愛閃は飛信隊の作った道を目指すよう全軍に指示しました

しかし当然、楽彰とフーオンが許すわけがありません。

楽華の脱出は不可能なのか…。

ところがそこに、なんと信と羌礼が合流!

他に田有・田永らも含めて、飛信隊がこの死地に戻ってきてしまったのです。

「お前たちは脱出できていたのになぜ…」

唖然とする楽華に信は言いました。

自分たちはまだ共闘しているのだから、楽華も一緒に脱出しないと意味がないのだと

とはいえ道を確保している歩兵たちもすでに限界ギリギリ。

急がなければせっかく機を得た飛信隊すらも脱出できなくなってしますが、果たして楽華との脱出は成るでしょうか。

 

スポンサーリンク

楽華の戦場

楽彰には信が、フーオンには羌礼が挑みます

しかし上和龍との戦闘後ながらも奮闘していますが、やはり信が押されている状況。

羌礼は呼吸が切れてしまったこともあり、剣を捌かれてしまっています。

呼吸が切れたとはいえ羌族の剣を受けきれることが凄いのですが。

そこに陸仙の槍が割り込み、「邪魔をするな」と言いながらも羌礼がフーオンを馬上から落としました。

「うるさい、ここは楽華の戦場だ!」と陸仙

陸仙はそのまま楽彰に向かって行きますが槍を弾かれてしまい、その隙を突いた信の矛も止められてしまいます。

楽彰強い!

しかしそこへ愛閃が参戦!

歯を食いしばった愛閃の一撃は楽彰の脇腹を粉砕し、馬上から叩き落しました

「走るぞ!飛信隊の道を無駄にするな!」

愛閃の檄で楽華も併せた合同突破開始。

そして両軍大いに兵を失いながらも、李牧が半年かけて準備した包囲からついに脱出したのでした!

 

スポンサーリンク

桓騎の弱点

李牧はその様に「見事としか言いようがありません」と目を見張りながら、信が“傑物”の類になってきている将軍だと認めました

ただし、この戦の結末にはあまり影響しないと李牧は言います。

本命はあくまでも桓騎だからです。

飛信隊と楽華は生き逃れはしたものの、軍としての力はもはや半減以下。

その両軍を李牧は、骨珉伯の軍を使いさらに“外”へ追いやるつもりです。

つまり飛信隊と楽華をもうこの戦場に関わらせないことで、両翼が消え丸裸になった桓騎本軍を全力で討とうというわけです。

とはいえ桓騎は何を仕掛けてくるか分からない男ですから、油断できないと側近が警戒します。

ところが李牧は「何もできない」と断言。

なぜなら桓騎には信のような振る舞いは出来ず、そもそも普通の将が持ち合わせているものを持っていないから

それが桓騎の弱点だと李牧は言いました。

果たして余裕の李牧が見据える打倒桓騎のビジョンとは!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ723-724話のまとめ

原泰久『キングダム』723話より引用

飛信隊と楽華軍が李牧の包囲からの脱出に成功!

飛信隊の動きや方針、それを受けた楽華の意地や奮闘など、ギリギリの状況だったからこそ凄い臨場感で見応えありましたね。

上和龍・楽彰・フーオンは恐らく討ち取るまでは出来なかったので後にまた脅威になりそうですが、ひとまず窮地は脱出できました。

動けるようになった両軍は桓騎軍・壁軍・北東部軍と力を合わせたいところですが、李牧が戦場に戻らせないとのこと

飛信隊・楽華は戦力大幅ダウンしたまま、次は骨珉伯軍に捕まりそうです。

そのため桓騎本軍はさらなるピンチを迎えそう。

ここで黒羊丘編で李牧が言っていた「桓騎の弱点」がようやく回収されることになります

桓騎の弱点は、やはり信のように窮地を切り拓こうとする気迫がないことが根底にありそうですよね。

絶対に生きてやるという意志がないと言いますか。

桓騎兵にはそれがあり、危機的状況には脱兎の如く逃げ出すことで生き延びてきましたが、ここまで包囲されてはそれも不可能

軍としての絆もないですし、統制もなくまともな戦術も使えないでしょうし、このような平地かつ劣勢な状況では本当にやれることがないという印象ですね。

このまま桓騎が何も出来ずに負けるとは思えませんが、次回、李牧の考える桓騎の弱点とは具体的にどのようなものなのか注目しましょう!

それと皆忘れているかもしれませんが、THE・普通の将である壁の奮闘も同時に描かれることに期待です。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』725話!桓騎の狙いは時間稼ぎ!?謎陣形の驚・・

⇒『キングダム』724話!桓騎軍が陣形!?桓騎の弱点を語るも・・

⇒『キングダム』722話!信と羌瘣が挟撃で李牧の壁粉砕へ!弓矢・・

⇒『キングダム』721話!愛閃は蒙恬を救い羌瘣は前進突破!副長・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA