スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』740-741話!考察!肥下が炎上!?桓騎の奇策に李牧が戦慄!

スポンサーリンク

原泰久『キングダム』740話より引用

赤麗が趙軍の手に落ち、太原や咸陽からの援軍も閼与にいる王翦軍の援軍すらも見込めず、いよいよ孤立した宜安の秦軍。

それを李牧軍が完全包囲して攻め入りましたが、なんとそこにすでに桓騎軍はいませんでした。

“西側以外の斥候が殺された”という情報もあり、李牧は桓騎の行き先は秦本土とは真逆=東の森林地帯の先にある「肥下城」であると推測。

何せ肥下には現在宜安と赤麗の一般市民が入城していますから、桓騎はその十万規模の人質を狙っているのだろうと李牧は考えました。

そのため急ぎ肥下へ向かおうとしたところ、なんと宜安城内に砂鬼一家特製の残酷オブジェと「肥下の惨劇を史に刻む」との桓騎からの伝言が残されているのを発見したのでした。

桓騎の狙いは“人質”ではなく“虐殺”なのかもしれないと焦る趙軍。

李牧はそれを「ただでは死なぬ」という桓騎のメッセージと受け取りましたが、果たして桓騎は今どんな動きをしているのでしょうか。

第740話『結末の意味』は肥下を巡る動きに注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』740話!のネタバレ

それでは『キングダム』740話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

必死に肥下へ向かう趙軍

宜安城はもぬけの殻。

しかも桓騎が“自分たちの家族が疎開している肥下城に“人質”ではなく“虐殺”目的で向かったかもしれない”という事態を受け、宜安将軍・袁環は大至急軍をまとめ肥下城に向けて出発しました。

趙北部の騎馬は脚が速く、それに合わせて歩兵も訓練するため軍全体の足が速いそうです。

これが全力で肥下へ走ったため、通常の十万規模の軍では考えられない程のとにかく速い進軍となりました。

彼らの頭の中には昨年の桓騎の大虐殺が強く印象付いているため、同様の惨劇を今北部民で溢れている肥下城で起こさせるわけにはいかないと必死なのです。

 

スポンサーリンク

桓騎軍の最高の結末

しかし、そうして趙軍が急ぎ宜安城から出発した頃、実はすでに秦軍は東の森林地帯を抜け、肥下城を視界に捉える場所まで来ていました。

本当に肥下城大虐殺をするつもりなのか、摩論が本当にやるのかとブルっている様子。

「“今回”のは、さすがにもう取り返しがつかないと言うか…」と摩論。

すると厘玉が「雷土がいたら“ウダウダ言ってないで俺たちはただお頭についていくだけだ”って言うだろう」と言い伏せました。

そして雷土を思い出しながら、厘玉は桓騎軍へ入った時の想いを語り始めます。

厘玉は呂比という田舎の外れにある山中でしょうもない盗賊をやっていましたが、しょうもなく死ぬだけなのもつまらないと思っていたときに桓騎一家の噂を聞きつけて加入したそう。

そして刺激的な日々に変わり、そこで初めて「生きるって何か面白いのかも」と思ったと言います。

恐らく他の桓騎兵も同様で、方々の吹き溜まりでただ息をしていただけのような連中が、桓騎の元に集まって初めて頭を上げて生きられた気がすると言いました。

他から見ればクソみたいな集団だったかもしれませんが、それが正規の秦軍となり、今や大将軍の軍。

それは桓騎一家に入る前からすれば夢のまた夢の世界です。

「だからこの結末がどんなに酷いものでも、すでに俺たちにとっては“これ以上ない最高の結末だ”」と厘玉は言いました。

 

スポンサーリンク

桓騎は諦めていない

厘玉の言葉に激しく同意し、最後まで桓騎について行こうと盛り上がる桓騎軍。

そんな桓騎兵たちに、桓騎は「お前らをクソ溜めから引き上げるためではなく、元々復讐するために一家を作っただけだ」と告げました。

そして桓騎兵たちを「クソ中のクソ」とも言いますが、しかし桓騎は桓騎兵に限らず、この世界はただのクソの吹き溜まりだと言います。

桓騎はその中で好き勝手やって、出くわしたムカつく奴をぶっ飛ばし続けてきただけ。

その過程で唯一の失敗となったのが、加入してすぐ一家を乗っ取ろうとした摩論を殺しておかなかったことだと桓騎ジョークも飛び出しました。

摩論が「何度も寝首を搔こうとした雷土さんの方が酷かった」と弁明する傍らで、「俺の失敗はそのくらいだ」と笑う桓騎。

追い詰められているように見える今も、まだ“途中”であり失敗ではありません。

「いつもと同じ。俺の言う通りにしていれば全部うまくいく」という桓騎の姿に目を見開く桓騎軍。

「わかったらとことんついて来いよ」

桓騎の言葉に、兵たちは改めて覚悟を決めるのでした。

 

スポンサーリンク

肥下城炎上!?

趙軍も肥下手前の森林地帯に到達。

まばらな森林地帯ですが騎馬の大軍はそこを避けるように回り込み、馬の脚力を活かしていち早く肥下城へ迫ってきました。

歩兵たちは森林地帯の合間を縫うように全力で駆けていきます。

中でも最も早く肥下城についたのは、やはり家族を救わんと必死の宜安軍。

すでに馬が限界ではありますが、袁環はとにかく到着することを最優先にして走らせ続けました。

しかし必死の思いで辿り着いた彼らの目に、衝撃の光景が飛び込んできました。

なんと肥下城の方向に炎が上がっているのです。

「そんな…間に合わなかったのか…!」

絶望しながらも彼らはとにかく肥下城へ急ぐことにしました。

 

スポンサーリンク

桓騎の狙いは両者敗北?

肥下城炎上の報が李牧の元にも入り、李牧は戦慄しました。

何故なら、人質を盾にし籠城することだけが桓騎の助かる道だったはず。

それをあえて殺すというのは、虐殺という蛮行を繰り返すだけの愚か者であると断じかけましたが、さらにその先にある結末に李牧は気づいたのです。

もし桓騎を討ったとしても、肥下にいる十万もの北の民を死なせては、北部の信頼を失ってしまうのではないだろうか。

この先趙の最後の砦となってもらわなければならない北部…その協力を得られなくなってしまうのではないだろうか。

そうなればこの戦いは趙軍にとっても敗北と言えるものになります。

両者敗北にすること…それが助からぬと悟った桓騎の狙いであると考え、李牧は桓騎を見くびりすぎていたと自責しました。

しかしナレーションによると、李牧が本当に戦慄するのはまだここからだそうな…!

果たして李牧をさらに待ち受ける桓騎の策とは!?

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ740-741話のまとめ

この状況でも桓騎が桓騎で安心しました。

全てが李牧の手の上と思われた今回の戦ですが、気づけば桓騎が翻弄している形。

原泰久『キングダム』740話より引用

李牧は“桓騎は助からぬと見て両者敗北の結末に導こうとしている”と考えていますが、「全部上手くいく」と豪語する桓騎がそんな助からないことを前提の結末を考えているわけがないですよね。

もちろん肥下の住民が死んだら趙軍も敗北に等しい(北部民の信頼を失う)という点を最大限考慮した策を実行中でしょうから、どこまで見据え何をもって勝利と考えているのか、どのように李牧を戦慄させるのか気になるところです。

趙の勝利と肥下の民を巡って李牧に大きな選択が迫られるのかもしれませんね。

また、騎馬と歩兵を全力疾走させた上に森林地帯で分断させたことも作戦のうちのような気がしますから、圧倒的な趙包囲網にも穴が出来てくるのではないでしょうか。

そして飛信隊も桓騎と一緒にいる姿が描かれましたが、桓騎の描く策に対して飛信・楽華がどのような動きを担うのかも含め、次回からますます目が離せない展開になりそうで楽しみです!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』739話!桓騎は肥下へ移動か!?砂鬼特製の凄惨・・

⇒『キングダム』738話!李牧をなめすぎて気づけば援軍不可に!・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA