スポンサーリンク

最新ネタバレ『キングダム』743-744話!考察!カイネが捨て身で李牧を死守!次は傅抵vs厘玉!?

スポンサーリンク

原泰久『キングダム』743話より引用

肥下城へ向かう李牧を桓騎軍が急襲!

桓騎を筆頭に四方八方から続々と桓騎兵が現れ、李牧本陣を包囲していきました。

李牧に迫るゼノン&朱摩一家という桓騎軍の最強たち!

そこへカイネが援軍に来るも、朱摩に討たれる寸前まで追い込まれてしまいます。

ところがなんとこの隙に脱出すべきはずの李牧が戻り、朱摩を撃破してカイネを守ったのでした。

ただしその李牧の背後から黒桜の矢が迫っていました。

一方で飛信隊と楽華は別ルートにて趙の援軍を足止めする役目を担っており、飛信隊の前には前日に苦しめられた青歌軍(楽彰とフーオン)の姿が現れたのでした。

第743話『誓い』は黒桜の放った矢をはじめ、李牧を巡る両軍の死闘に注目です!

 

スポンサーリンク

『キングダム』743話!のネタバレ

それでは『キングダム』743話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

カイネ決死のガード

李牧に迫る黒桜の矢。

それはまっすぐ李牧の背に向かっていましたが、直前にカイネが気付き身を挺して李牧を守りました。

矢はカイネの胸(首に近い)に刺さります。

それを見た黒桜はもう一発撃ちますが、それもカイネは大きく手を広げてガード。

1本目と同様に胸(首)元に刺さり、カイネはついに馬上から倒れ落ちたのでした。

 

スポンサーリンク

次は厘玉!

カイネが倒れノーガードとなった李牧を、今度こそ討とうと再び矢を構える黒桜。

しかし李牧兵たちが黒桜に駆け寄り、その渾身の一撃を撃つことは出来ませんでした。

代わりに今度は厘玉が李牧を急襲!

カイネが倒れ焦っていた李牧に激しく斬撃を打ち込みます。

が、2人の間に李牧兵たちが割って入り、押し切ることが出来ませんでした。

ただし厘玉一家が“狩り”戦法を展開し趙兵を削っているので、この勢いなら再び李牧を追い詰めそうです。

 

スポンサーリンク

カイネを救う李牧

そのまま側近たちに囲まれながら脱出を目指す李牧。

地面に倒れていたカイネは「李牧様逃げて。生きて」と願い、涙を流しながらその後ろ姿を見つめていました。

ところが、なんと李牧が馬を下りカイネの元に走ってきたのです!

カイネも趙兵も桓騎兵も驚愕。

李牧は「行きますよ」とカイネに呼びかけ、優しく抱き上げました。

隙だらけですから当然桓騎兵が狙いますが、李牧兵が決死の守護を展開し近づけません。

その間に李牧はカイネの「どうして」という問いに答えます。

カイネを助けに来たのは、「全部終わったら一緒に雁門に帰る」と約束したからだと李牧は言いました。

そんな会話をしていたのは第704話ですね。

カイネは「そんな嬉しい約束していませんよ」と涙を流しました。

ともあれカイネは側近の1人に預けられることになり、戦場に置き去りにはなりませんでした。

 

スポンサーリンク

傅抵と馬風慈が到着

カイネを救いはしたものの、その間にも趙兵はどんどん殺され桓騎軍が迫ってきていました。

当然厘玉も再び李牧に襲い掛かります。

李牧は剣で迎えうつも、馬上から繰り出されたその斬撃を受け止めきれず、地面に倒れてしまいました。

このチャンスを逃すまいと、側近に“下馬してとどめを刺すよう”命じる厘玉。

李牧絶体絶命です!

ところが馬から飛び出した厘玉兵の顔に、横から剣が突き刺さりました。

厘玉兵はそのまま倒れ落ち、李牧は九死に一生を得ます。

剣を投げたのは傅抵。

さらに馬風慈も一緒に駆けつけてきました。

両軍ともかなり前方を走っていたそうですが、さすが趙北部の馬ですね。

傅抵も馬風慈も大した数で来ているわけではないと桓騎兵は気づきますが、それでもやはり将が2人も来たことで風向きが一気に変わります。

そして「そのまま李牧様をお救いしろ!」というカイネの叫びに応え、傅抵が李牧の元に向かいました。

狙うはもちろん厘玉。

このまま何としても李牧を討ちたい厘玉と守りたい傅抵、2人の刃が激突です!

 

スポンサーリンク

キングダム』ネタバレ743-744話のまとめ

ゼノウに朱摩に黒桜に厘玉にと、次々に李牧に迫っていくのが熱いですね!

こうなると磨論やオギコ、砂鬼、氾善など他メンバーもどんな動きで活躍するのか期待されます。

一方でここ2話の李牧はだいぶ人間味が際立っていますね。

桓騎を追い詰めたと余裕を見せていた李牧ですが、あれほど準備に準備を重ねていた戦いがこれほど覆されようとしているのに、こんなに個人の感情を優先させるなんて総大将としてやはり愚かだなと思ってしまいます。

もちろん大切な人を救いたいという気持ちは誰にでもありますし、そこが見えたのが李牧の魅力と言えるので、感想は物語をどう見ているかによるでしょうが。

しかし厳しいのは桓騎軍です。

恐らく何度李牧が戻ってきても彼は守られますし、早くもカイネ・傅抵・馬風慈が駆けつけてきたように、時間がかかれば趙軍がどんどん集まり敗色が濃くなる一方です。

李牧が倒せない、あるいは桓騎軍幹部が減り続けるとしたらどこかで方向転換する必要も出てくるかもしれませんが、今はとにかく飛信・楽華が少しでも趙軍を抑えることと、桓騎軍が援軍に駆けつけた趙将を討つことが重要。

原泰久『キングダム』743話より引用

次回の注目はまず厘玉vs傅抵で、ここで厘玉が押しきれれば再び桓騎軍の優勢を取り戻せます。

刃を交えたコマを見ると互いに耳付近から血が出ているように見え、それを見る馬風慈が驚いているようにも見えますが、果たしてこの結末はどうなるのでしょうか。

次回も緊迫の攻防を楽しみにしていましょう!

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『キングダム』745話!李牧がついに敗北!?桓騎との一騎討ち・・

⇒『キングダム』744話!桓騎が李牧に襲い掛かる!桓騎自ら李牧・・

⇒『キングダム』742話!李牧の窮地にカイネが到着!奇襲の命運・・

⇒『キングダム』741話!李牧本陣奇襲!復活のゼノウが李牧に迫・・

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA