最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』110-111話!科学による魔改造ビューティ!石化武器奪取への第一歩!

スポンサーリンク

研究所を奪回すべく捜査潜入ランクSSRのスイカは敵の見張りを潜り抜けながらラボカーに近づきます。

しかし銀狼は秘技“他人任せ”と船から一刻も早く脱出して自分だけは助かろうとしますが、石化像にされた金狼から“自分の為すべきことをしろ”とメッセージを感じラボカーに向かいます。

 ペルセウス船尾に格納されているラボカーの荷台を必死に甲板まで上げると、スイカがこれを運転して脱出に成功します。

ついに対岸で待つ千空たちと合流しました!

すぐさま宝島の戦士たちに取り囲まれますが、カモフラージュされたこともあり自動車をケダモノと勘違いして迂闊には近づきません。

それを見た千空は早速ラボで腐った貝のアミノ酸+ジャスミンを加熱して“スカトール”というフンの匂いを精製すると、オマケに硫黄も少し混ぜて外に流します。

ラボカーの外では嗅いだら「くっつつさ!!」と戦士たちの警護が緩んだ隙に、ケダモノとしてその場を一目散に去っていきます。

まさに大脱走の即撤“臭”でした。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)110話のネタバレ

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第110話『Z=110 美しい科学』の要点をまとめてみます。

扉絵は本気のコハクです。

コスメ、エステ、コンディショナー、あらゆる美容品は科学によるトライアンドエラーで美への追求が行われています。

ストーンワールドの化粧師(けわいし)たちの活躍をご覧あれ。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

隠れ家は秘密の洞窟で

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

敵の包囲網を脱したラボカーの中は湧き上がっています。

これで石化武器を奪取するためのコハクカワイイ化計画が実行できるからです。

対照的に重い雰囲気が残るペルセウス周辺。

部下たちの報告を聞きながらも自動車のタイヤの跡を不気味な表情で覗き込むイバラ。

しかし千空たちも逃走してきたタイヤの痕跡を消して、ゲンはニセの足跡をコハクとスイカに付けさせます。

こうしてラボカーはアマリリスの集落たちの者しか知らない秘密の場所“サファイアの洞窟”に向かいます。

海岸の横穴から侵入すると、そこは海がエグッた鍾乳洞で海面はキラキラしていました。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

そのころ、タイヤの跡を見つめながらイバラはケモノではない可能性も考え、万が一生き残りの人間がいたら困ると捜索を指示します。

全部の森、全部の集落、全部の家、隅々まで。

その様子を気にしながら石化武器を管理するキリサメにも緊張が走ります。

 

絶対キレイになってやる

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

しかしサファイアの洞窟までにはイバラの配下は来ませんでした。

それにしても、これだけの非常時に美少女選抜は行われるのでしょうか?

アマリリスは「やるよ」と即答します。

モズは強すぎる故にイバラと違い警戒するタイプではないそうです。

興味があるのはカワイイ子だけ。

そんな彼女が持ってきたのはココナッツをはじめとする南国素材の数々。

思わぬ収穫に喜ぶ千空。

ラボカーのアイテムと合体すれば、単なる果物が科学であらゆるモノに生まれ変わります。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

これがコハク大改造のビューティロードマップです!

ココナッツを中心にした美容アイテムの数々。

水酸化ナトリウム、脂、塩、そしてお馴染み“リューさん”でシャンプーを作ります。

レモンにハチミツを加えたら今度はコンディショナーが出来上がり。

さらにココナッツと雲母でラメ、ファンデーション。

前回使用したジャスミンやバニリン、そしてハチミツなどで口紅が。

そしてレモンと一緒にすれば香水にも応用できます。

素材となるコハクの剛毛は結わえた髪を解くとボンバーヘッド。

アマリリスにシャンプーでワシャワシャされるコハクは「髪がめっぽうサッパリしてきた」と感動している様子です。

しかし姉ルリと同じようなサラサラ髪には程遠くやはりボンバー!

髪も科学だと言う千空はコンディショナーを作り、コハクの髪を油脂でコーティングさせます。

ついに今度こそ、フワッフワのサラッサラな髪の毛になりました。

次にラメ、そしてファンデーションと化粧品ことコハク潜入作戦用の改造パーツが完成していきます。

果物から出来上がる美容品にただ驚くばかりのアマリリス。

しかし武器と勘違いしたか「ギラァン」と口紅を構えたコハクのメイク。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

「ピギャアアアア」

と誰もが残念な出来栄えにスイカは泣き出し、銀狼は恐怖のあまりにドキドキが止まりません。

そこでアマリリスがコハクはすっぴんメイクが良いと眉毛とまつ毛の間に薄いメイクを施します。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

その仕上がりにソユーズの“ズギューン”いただきました。

スイカが巫女様みたくキレイになったとスイカは喜んでいます。

さて、化粧品の効果を知ったアマリリスは、潜入候補は多い方が良いと男性陣を目の前に女装を提案します。

 

スポンサーリンク

潜入捜査は3人で

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

千空は100億%無理。

ゲンは黙っていればギリいけそうと言いますが、やはり声でバレてしまいそうで脚下。

次にゲン。 

女性声に驚くアマリリスですが、華奢とはいえ身長に無理がありこれも却下。

ソユーズは・・・全部無理(笑)

そうこうするうちに後宮選抜のためモズが集落にやって来ました。

彼にとっては1年でのお楽しみです。

迎え撃つ?科学王国側からは3人。

アマリリス、コハク、そしてもう一人。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

マジかよ銀狼がまさかの女装です。

恐るべき魔改造。

石化光線奪取ミッションがスタートします!

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ110話のまとめ

ここ2〜3週はアクション中心でしたが、今週は久々にロードマップも掲載した科学回でした。

やはりラボカーあると違いますね。

科学グッズの申し子リューさんこと硫酸も立派な準登場人物(?)です。

何より千空が楽しそうに色々と作っていました。

稲垣理一郎「ドクターストーン」110話より引用

途中の毛髪に関するウンチクで饒舌になる辺り機嫌が良いのが分かります。

それにしても「ココナッツ」あたりで検索すると、美容品や化粧品の多いこと多いこと。

何気ない描写ですが石化時代によほどの気候変動がない限り、日本でココナッツが育成できるのは亜熱帯地方の沖縄か小笠原だけになります。

ペルセウスの軌跡を考えると、東京から1日で到着可能なのは小笠原の方なので、もしかしたら宝島は小笠原諸島辺りではないかと推測もできます。

その宝島の宰相茨について。

目が充血しているのかアップが相変わらず恐いです。

タイヤの跡を見ながら動物でない可能性も考慮する辺り警戒心の強さを物語っています。

またキリサメが確認していた球体の物体。

おそらく石化武器でしょうが、かなりのストックがあるのが分かります。

島の言い伝えで石化に対する警鐘があることから、昔から何らかの方法で武器が作られてきているはずですが、ガラスや自動車を知らない文明レベルの人々がオーパーツともいえる武器を如何に製造しているのか謎は深まるばかりです。

物語としてはキレイにというよりカワイイ姿のコハクが100話以上過ぎてようやくお披露目となりました。

コハクはナチュラルメイクの方が似合います。

その変貌ぶりはスイカが号泣して万歳するほどのレベルです(笑)

銀狼はルリと姉妹であれば当然でしょと意外にも冷めた印象でした。

まぁここまでは予想通りでしたが、まさかの千空たちが女装する展開は捻りが効いて構成の妙。

ゲンがIKKOばりにノリノリであったらもっと面白かったかもしれませんが、女装した千空を茶化すあたりのコメントに軽い性格が上手く出ている気がしました。

ともかく後宮選抜に何とか間に合い最後は“魔改造”と散々な言われようですが、アマリリス含め3人の潜入要因を揃えた千空たち。

因みに“魔改造”という言葉は、80年代前半の『プラモ狂四郎』でのインチキプラモが語源ですが、知っている人がいるかなぁ?

次回はカワイイ子の見立てに長けたモズをコハクと銀狼がバレないようにいかに出し抜くか、化かし合いが描かれそうです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です