最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』121-122話!空中に浮かぶメビウスの輪!石化武器は科学だった!!

スポンサーリンク

党首に呼び出された僕っ娘設定の銀狼でしたが、その前にラブラブな手ほどき教えてあげるとイバラに言い寄られ、思わず貞操の危機がせまります。

何とか千空から渡されたスパイアイテムの酢酸エチルの匂いをイバラに嗅がせてその場を脱出しますが、その最中に銀狼は党首の素顔を覗き込むことに成功しました。

よく見ると顔付きはイバラにソックリです。

しかし、月明かりでその全身像が現れると、予想外の光景に銀狼は思わず叫びます。

何と党首は石化していたのです。

事情が理解出来ずその場に座り込む銀狼の背後から、長い爪を立てたイバラが忍び寄ります。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)121話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第121話『Z=121 石化光線(メデューサ)の素顔』の要点をまとめてみます。

党首の正体が明らかになったターニングポイントの前回。

秘密を知った銀狼に今度は命の危機が迫ります。

仲間のコハクは宝島最強戦士と対峙しており、銀狼を助けに行けません。

スパイチームのピンチが続きます。

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

折れないコハク

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

党首の根城付近でモズとコハクのバトルを目撃するアマリリス。

最強同士の戦いのはずですがモズには余裕があります。

コハクの実力を持ってしても、モズとは絶望的な戦力差があるからです。

それでもコハクは仲間のことを話す気になるつもりはありません。

口の固いコハクに膝を付かせでは俺と仲良くなれば言いたくなるよと、モズは強い男が好きかと好みを聞いてきます。

「強さとは心の強さだ」

コハクは髪の毛をいつものスタイルに結い直しながら、信念のために一歩一歩ずつ延々と楔を打ち続けられるような男に惹かれる、モズとはまるで違うようだと反論します。

それを聞いて可愛いのに可愛くないと思うモズ。

 

銀狼大ダメージ!

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

後ずさりしながらもイバラの武器をかわし続ける銀狼。

過去にも党首の素顔を覗いた女の子はいましたが、どうやらその度にイバラが始末をしてきたようです。

おじちゃん殺したくなかったのに本当に残念だと言いますが、その眼は充血をしたままで、何の躊躇いもありません。

いやだぁぁ!と殺されてたくないあまり螺旋廊下の下に飛び移った銀狼。

その下でモズと戦うコハクを発見して、これで助かると思い秘技“人任せ”でこの場を脱しようとしますがー。

すぐさまイバラが銀狼の後ろから長爪で背中を貫きます。

そのまま落下していく銀狼。

コハクはモズとのバトルを止めて、すぐさま銀狼が落ちた現場に駆けつけます。

銀狼の容態を確認するコハクですが、イバラに臓器を数カ所も貫かれて、救命の余地がありません。

虫の息で何やら語る銀狼に対して、自分は介錯をするつもりはないコハクですが、残った力を振り絞って根城で見た事実を伝えます。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

「党首は石造だよぅ」

そしてソユーズに瓜二つだったこと。

自分でも助からないのを自覚している銀狼は、最期ぐらいはかっこつけなきゃと、金狼に「バイバイ」と別れを告げます。

その様を見届けたコハクを担ぎ上げ、銀狼を助けるべく何かを決意します。

そして、後から来たアマリリスに事の次第を伝えると、キリサメを先頭に来た追っ手の宝島軍を振り切り根城の頂上に駆け上がりました。

 

スポンサーリンク

これが石化武器!

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

頂上に着いたコハクは党首の姿を大声で暴露しようとします。

これにはイバラも焦ったか、その場にいる全員に対して、目を開けてたままだと石化してしまうと、石化武器の正体を目撃されないように嘘をつきます。

コハクたちに石化武器を投擲するキリサメ。

しかし、これこそがコハクの狙いでした。

銀狼が助かるワンチャンは、生きている間に石化してもらい、復活液でその傷を回復させるという賭けにでたのです。

空中に浮かぶ石化武器。

綺麗だと言う銀狼。

一方、コハクは石化武器の素顔をあの視力ではっきりと目撃しました。

やはり千空の予想通りルール不在の呪いや魔物の類ではなかったようです。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

「石化武器は科学だー」

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

二つの輪からなる金属製の物体。

カチッという音と共に、頂上で広がる石化の光と不気味な音。

あとは科学と皆を信じるコハク。

絶対大丈夫と銀狼も同意します。

石化する2人の思いを託されたアマリリスは、千空たちにこれまでの秘密を伝えることができるのでしょうか?

今回はここまで。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ121話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

怒涛の展開が続く「Dr.STONE」。

科学王国はペルセウスの乗員がこれから石化解除かと思いましたが、今度はコハクと銀狼が石像にされてしまいます。

しかし、その表情は必ず後で千空たちが救ってくれると信じています。

今まで運と実力?で数々のピンチを潜り抜けてきた銀狼でしたが、さすがの秘技もイバラには通用しないどころか後ろをブスリと、とうとう仕留められました。

あの高さから受け身を取れずに落下しましたが、まだ無事だったのは木の茂みがクッションとなり緩衝材の役割を果たしたからと解釈しましょう。

銀狼がコハクに党首の素顔を伝えたり、金狼に別れを言うコマですが、銀狼の頭部の輪郭を描かず、背景もトーンを貼らないで真っ白にすることで、あたかも銀狼の命が消えていくような気持ちにさせてくれます。

次にコハク。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」121話より引用

モズとのバトルで告白した好みの男性。

どう聞いても千空の性格としか思えないのですが、今までそんな素振りもありませんでしたが、石化解除された後の恋愛フラグになる?

銀狼を助けるため自ら進んで石化される際も、「ワンチャン」という台詞なんてモロ千空からの影響でしょう。

そしてメデューサこと石化武器!

機動戦士ガンダム:宇宙戦艦エンジェル・ハイロウ

外見は金属の輪が交互に交わった形状は、「機動戦士Vガンダム」に登場した宇宙戦艦エンジェル・ハイロウを髣髴させます。

今までキリサメが腰に装着しいる☆マークの袋に入っている、使い捨てタイプかと思いましたが、武器に縛った紐は凧のように高さを調整するのではなく、回収して何度も使用するためだと思われます。

問題は、いつ、どこで、どのようにしてイバラたちが石化武器を手に入れ、誰が使い方を教えたのか、という最大の謎。

それらは徐々に判明していくことでしょうが、それもアマリリスがこの事実を千空たちに伝えなければ元の木阿弥です。

当然、コハクと銀狼が侵入者ということで、次に疑われるのは間違いなくアマリリスになるので、イバラたちに身柄を拘束される前に脱出をしなければならないでしょう。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です