最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』122-123話!謎のピースを埋めろ!五知将による頭脳戦!!

スポンサーリンク

党首の根城付近でのモズとコハクのバトル。

両軍最高戦士の戦いですが、モズとの圧倒的な差があるコハクは諦めません。

一方、党首の素顔を知った銀狼を執拗に追いかけるイバラ。

今までも正体を見た後宮の娘たちを殺してきたと告白しては、ついに銀狼に長爪で背後から臓器を貫かれるほどの大ダメージを負わせます。

息絶え絶えながらも党首が石像であることをコハクに伝える銀狼。

コハクはアマリリスにこの事実を千空たちに連絡するように託すと、キリサメの投擲した石化武器で銀狼と一緒に石化されていきます。

そこで見た石化武器“メデューサ”。

空中に浮かぶ金属製のメビウスの輪は、ルール不在の呪いや魔物の類ではなく、科学そのものでした。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)122話のネタバレ

それではDr.STONE第122話『Z=122 頭脳戦のパズルピース』の要点をまとめてみます。

ついに侵入者としてバレたコハクたちスパイチーム。

文字通り死を覚悟した貴重な情報をアマリリスは無事千空たちに伝えることが出来るのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

アマリリス執念の脱出劇

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

復活液で次々と石化解除される科学王国。

まずは杠です。

嬉しさのあまり大樹は抱きしめたいのか、杠も手を伸ばして迎い入れる仕草をしましたが、親しき仲にも礼儀ありだと握手で応えてしまいます。

ホバーハンドの中学生男子みたいな行為に呆れる千空。

しかし、杠が蘇ったことで手芸&記憶力がゴイスーな倍速スピードで石像の修復作業が進んでいきます。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

次にクロムが復活します。

石化初体験にワクワクし、カセキの作ったドローンのパーツを見ては思わず「ヤベー!」と興奮が止まりません。

これでドローン製作の問題は解決されました。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

今後は三次元の覇者が必要だと、羽京が復活しスイカからお手製の帽子を渡されます。

早速敵の情報が欲しいとする元ソナーマンらしい冷静な羽京の耳が海中を泳いできた何者かを探知しました。

その正体はアマリリスです。

どうやらイバラに言われて各人が目をつぶっている隙に党首の根城から脱出したようですが、それをモズは知りながら黙って見送るのでした。

 

論理的思考

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

コハクと銀狼が石化されたこと、党首が石像でありソユーズ顔が似ていることを伝えるアマリリス。

その小さな情報から勝利を炙り出すため、科学王国の五知将による頭脳戦が始まります。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

まず石化武器は一つであることが判明します。

理由として、イバラの慎重な性格からキリサメに石化武器の二投目を用意させなかったからです。

今度は石化武器に話が移ります。

武器はコハクの頭上で発動したことは、党首が石化しないように避けて投げたことになります。

つまり、キリサメは党首が石化していることを知らないのです。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

すると、良く分かったねと、アマリリスの背後にモズが姿を現しました。

 

炙り出されたモズの本心とは?

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

モズの一撃が大樹を吹き飛ばしますが、それでも大樹は引き下がることなく、両手を広げて皆を守ろうとしています。

この僅かな時間稼ぎの間に、危機を乗り切るべく頭を巡らせる五知将。

モズに尾行されたことを謝るアマリリスですが、それがクロムに閃きをもたらします。

自身の経験で鉱石探しをした時の暗い夜道。

モズはそんなリスクを負いながら、何故アマリリスを殺さず追ってきたのか疑問に思い、コハクの仲間と知っていたはずだと推測します。

モズはコハクが侵入者と睨んでおり、連れの銀狼も仲間だと踏んでいたにもかかわらず、イバラにそのことを黙っていた。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

つまり、モズは”イバラを死んでもいい”、“殺そうとしている”と思っている。

暴かれる石化王国の全貌。

からモズを切り崩すワンチャンあると、ゲンは自分たち科学王国と手を組まないかと唆そうとします。

次回、ゲンとモズの舌戦開始。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ121-122話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

科学王国の五知将が揃い、断片的な情報から石化軍の全貌が徐々に明らかなっていきます。

話がサクサク進み、マンガのコマ割までジグソーパズルのピースと同じ形にするなど、次々と噛み合う感がテンポ良く読んでいけました。

66話でみせた「フェルミ推定」とは違い概算数を出したりはしませんが、論理的思考による仮定と推論という観点は同じでしょう。

石化武器が一つという点においては、確かにイバラの慎重さを考慮すれば、二投目の準備をしていない辺りは不自然ですしね。

この推察ではクロムが現代人に遅れを取った感がありましたが、モズの本心を導く時に見せ場はちゃんと用意されていました。

鉱石集め同様に自分の経験則からきた疑問を提示するなど、クロムらしい着眼点でした。 

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」122話より引用

次回、ゲンとモズの舌戦、地頭力による化かし合いが始まります。

モズの交渉力は未知数ですが、初めて会ったコハクの戦闘力の高さを見抜いたように、頭脳もある程度のスペックは備えていると考えた方が妥当でしょう。

しかし、科学王国の相手はメンタリストであるゲンです。

今までもその口とインチキマジシャンで数々の危機を回避し、たぶらかし、騙してその気にさせる、などおよそ主人公サイドとは思えない会話術でモズを説得できるか楽しみです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です