最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』123-124話!呉越同舟!モズを出し抜いたゲン!

スポンサーリンク

杠、クロム、羽京と次々復活していく科学王国陣。

そこに脱出したアマリリスが戻ってきて、今まで見た真実を千空たちに伝えます。

その情報から、五知将は石化武器が一つしかないこと、キリサメは党首が石化したことを知らない、という事実を突き止めます。

そこにアマリリスを尾行したモズが現れますが、今までの行動から千空たちはモズの本心がイバラ殺害だと推理します。 

それならばモズを味方に出来ないかと、メンタリストゲンの出番になりました。

 

スポンサーリンク

Dr.STONE(ドクターストーン)123話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第123話『Z=123 頭脳戦のディールゲーム』の要点をまとめてみます。

前回に続き頭脳戦のタイトル。

今回の主役であるゲンの口元の石化跡はスペード。

得意のトランプマジックを彷彿とさせます。 

モズとの交渉が失敗すれば即皆殺しという超絶条件の中、自分のトーク力を武器にした戦いがはじまります。

ディール(deal)=取引。

果たしてゲンは如何なる取引を見せ、如何なる果実をもたらすでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

交渉のテーブルに乗せる

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

科学王国とモズで手を組むなんて唆るじゃない?

ゲンVSモズの舌戦開始です。

ゲンは早速両手に仕込んだ花びらを撒くと千空がドローンを操縦して高く飛ばせます。

これには驚くモズに「妖術の鳥」だと披露します。

自由自在に飛び回るドローンでキリサメの石化武器を空中一発余裕でゲット。

まだ挙動不安のある最弱カードのドローンを切り札スペードAとして見せる、取引の最初の一手です。

交渉が失敗すれば皆殺し確実ですが、逆に考えれば最強の敵を味方に出来るチャンスでもあります。

全てはペラッペラの口先トーク力次第です。

皆の期待を受けるゲンは、モズに近付き親密度を高めながらの交渉術。

  • <ココロ操りテクニック①>

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

向かい合うよりも隣合うことでの連帯感を演出します。

ドローンを見せるそれ自体が、モズの隣に自然とゲンが近付く方法でもあったのです。

次にモズに語りかけるのはゴイスーな戦闘力について。

通常レベル100ならば150くらいと見積るゲン。

コハクが敵わない相手がそんな低いレベルではないとアマリリスは思いますが、これもゲンの作戦でした。

  • <ココロ操りテクニック②>

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

ワザと微妙な的外れなデータを話し反論させることで、相手を会話に乗せていきます。

注文どおりモズは反論し会話が成立してきました。

ゲンの見立て以上に他の戦士とは差があると答えるモズに、何故イバラを殺さないのと見透かされている気にもなりますがペラペラトークは続きます。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

「君らを皆殺しにするか、イバラを殺すか、ん〜どっちかな」

そう言いながら千空たちに話しをするモズ。

党首の石化に暗躍したのは予想どおりイバラでした。

もう年寄りだしイバラが死んで、その後は俺の後宮の方が女の子にとっても良いだろうとするモズ。

それをしない理由は石化武器です。

武器を管理するキリサメは結構強く、武器を使われたらモズでも勝ち目はありません。 

そのキリサメは真実を知らないため、イバラに服従しています。

つまり三すくみの状況です。

 

共闘為ル

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

石化武器はモズにとって邪魔な存在で、科学王国にとっては欲しいものです。

お互いの利益は100億%一致しているはず。

ならば取引は対等でしょ、とここでゲンは提案します。

科学王国は妖術協力するための「絶対」条件は石化武器を渡して欲しいと、これだけは「絶対」という言葉をいやらしく使いますが、クロムが危惧したどおりモズは対等条件を拒否。

自分のために妖術協力をして、石化武器も渡せと両方を要求してきたのです。

ただ俺のために働けと武器で頭を小突かれるゲンはガッカリした表情で下を向きますが、よく見るとその口元は笑っていました。

  • <ココロ操りテクニック③>

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

心理的リアクタンスで、強制的な命令は決定権を握りたいが故に拒絶を起こさせます。

今までの流れを見ると、科学王国の連中を皆殺しにするかの議題のはずでしたが、ゲンの提案を心理的リアクタンスで拒否するあまり、気付かないうちに「手を組む」条件に話題が変わってまたのです。

取引の勝利条件は相手を凹ますことではなく、してやったりと思わせてまやかしの道を作ってあげること。

まんまとゲンがモズを出し抜きました。

こうして、今のところだけですが、モズと科学王国の協力が成立しました。

 

謎の侵入者現る

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

その後に千空はイヤホンを渡されて洞窟を後にするモズ。

ゲンは完全にモズが去ったのを確認すると、大役から解放され、その場でヘタリ込んでしまいました。

そのゲンに手荒い祝福をする千空たち。

杠とカセキがモズへの衣装と武器を用意すると、イヤホンからゲンと千空がモズに指示をします。

まずは石化武器を使用しなければというシチュエーションを導く必要があります。

そのためにはモズ先生のお力でと、宝島の戦士たちを闇討して侵入者のフリをしてもらいます。 

ただし、侵入者は強いと語らせるために殺してはいけません。

ところが千空に言われるまでもなく、既に顔を隠して闇討ちを実行済みのモズ。

科学王国は最強の切り札をゲットしました。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ123-124話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

今週はゲンの活躍回でした。

紹介された相手心理を操るテクニックは明日から学校や会社でも使えそうなものばかり。

交渉の初手での花びらは24話でゲンがマグマに見せたバックパームと久々のマジック技を披露。

モズにしてみれば取引の勝利条件は相手を凹ますこと。

まさにゲンの頭を武器で小突いた仕草はその心情の表れでしょう。

しかし、結果的にはゲンの思惑どおりと、この勝負はモズよりもゲンの方が2枚も3枚も上でした。

それでも薄っぺらトークと言われながも、最後は緊張が切れたのか急に座り込むなど、ゲンにとってもかなりギリギリの様子だったことが伺えます。

それと気を許したかモズから貴重な言質を得ました。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

党首を石化させた黒幕はイバラであったこと。

これについては千空たちも予想はしていたとは思いますが、前回122話を振り返ると断片的な情報だけでは、そこまでは結論が出ていませんでした。

ということは、三すくみとは言っていましたが、モズがキリサメにこの事実を伝えれば、少なくてもキリサメ<イバラという関係は崩れて千空の助けは不要になるような気がしますが・・・。

それでは話が続かないのでさて置き。

そのイバラが石化武器を手にするシーンでしたが、判明したのは武器はそれほど大きくはないということと、帽子を脱いだイバラの髪型(笑)。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」123話より引用

とにかくモズは千空の指令通りにニセの侵入者を演じています。

次はキリサメが石化武器を使用するまでに、千空たちがドローンの調整が間に合うかが焦点になりそうです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です