最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』124-125話!禁断の科学に手を染める?極悪ポリスのウェェェイ陽が復活!!

スポンサーリンク

イバラを殺しても構わないとするモズの本音を知った千空たちは、メンタリストゲンを頼りにモズを味方に出来ないかと取引を始まります。

石化武器が邪魔なモズと欲しい科学王国の利害は100億%一致することから、ゲンは対等な立場での取引を提示しますがモズはこれを拒否してます。

奪った武器も俺に寄越せと迫ってきたのです。

しかし、科学王国の面子さえ殺すつもりだったモズは、石化武器を奪取するまで共闘するというゲンの思惑に乗せられていたことまでには気がつきませんでした。

 

スポンサーリンク

 Dr.STONE(ドクターストーン)124話のネタバレ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

それではDr.STONE(ドクターストーン)第124話『Z=124 神と悪魔の発明品』の要点をまとめてみます。

科学王国の指示どおりにフード姿の侵入者のフリをして闇討ちを続けるモズ は、ついに自称“島一番のミラクルパワー”オオアラシにまでバトルを仕掛けます。

今から半世紀近く前、科学の粋を集めたマジンガーZを目の前に、使う人によって“神がみにも悪魔にもなれる”と兜博士は言いました(実は連載は「少年ジャンプ」だったりします)。

果たして千空が作り上げた科学品は神かそれとも悪魔の兵器か?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

石化武器強奪プラン

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

昨晩襲撃された事件を大げさに周囲に話すオオアラシ。

闇討ちしたフード戦士はそのモズ並みの強さだと妙にカンは良いのですが、根本的にバカなのですっかり別人だと勘違いしています。

千空たちの楽しい陰謀大作戦ですが今回はシンプルです。

  1. 捕獲用のドローンを飛ばしやすく広い場所にコッソリとセット。
  2. フード戦士の軍団が来たとモズがイバラとキリサメたちに嘘の情報を教える。
  3. キリサメが一網打尽だと石化武器を投げる。
  4. それを隠していたドローンが空中でキャッチする。

になります。

千空の運の悪さから計画どおりにいった試しがないと言うゲンですが、龍水は一番の大問題を指摘します。

そのフード戦士を自分とキリサメで倒すというモズは、石化武器が投げられる現場に向かうつもりです。

それを聞いて最強2人ならば無敵だと盛り上がる兵士たちを他所に、どこか不審に思うイバラ。

モズの本当の目的は、石化武器を科学王国がゲットした瞬間に共闘を解消して、千空たちを皆殺しにするつもりだからです。

 

スポンサーリンク

銃を作る!

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

千空の指示でモズ対策の武器を作るカセキ。

6つの筒が付いたハンドスピナーのような円形の道具。

そしてパイプを切断加工した筒のような形状。

さすがにカセキもクロムも何を作っているか見当もつかないようですが、次々と出来上がるパーツを見ながら現代人はあるものを思いつきます。

硝酸で作った火薬を筒の中詰めて、パチンコ玉で蓋をします。

そして着火には雷酸水銀を慎重にセットします。

火薬の仕掛けをする千空を見ながら、昔のことを思い出す大樹と杠。

石化解除して間もないころ、火薬作りのため箱根に向かいざっくりと3年。

人類をリセットしながらも結局たどり着いた道は同じだと、これで地獄行き決定と自嘲する千空ですが、武器あっての人類が最強生物足り得たのも事実です。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

ついに「神と悪魔の発明品」である銃をついに完成させました!

羽京は綺麗ごとだと承知をしながらも銃の使用には躊躇いますが、龍水は敵を殺さず手に入れることが合理的だと言います。

もっとも有り合わせの銃なので気休め程度の御守り、よくて麻酔銃程度だと羽京の懸念を払拭します。

しかし、銃でケガしても石化して解除すれば、傷は修復出来ると、合理的すぎるマッドサイエンス的な発想でした。

 

スポンサーリンク

不良警官の復活!

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

しかし、銃を撃った経験はさすがの龍水でもありません。

そこで現職警官の陽が復活します。

こんな奴に銃を持たせたらヤベーと悦に入る陽を見て心配するクロムですが、承認欲求の強いキャラほど御し易いと余裕があるゲンと千空。 

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

“歴史に残る新世界初の保安官”という謳い文句に反応した陽は、顔を赤くしたアマリリスに“カッコイイです”と寄り添られると、すっかりウェェェイとその気になります。

早速、銃の試し撃ちをする陽。

全弾発射して標的を外したのかと思いきや、その後ろの毒蛇に命中していたのです。

その腕前に科学王国は座してモズに狩られる獲物ではないと盛り上がりますが、本当は的を狙って外したと今さら言えない陽は拳銃の猛練習が必要だと、密かに決めるのでした。

今週はここまで。

 

Dr.STONE(ドクターストーン)ネタバレ124-125話のまとめ

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

オオアラシが単純で良かったと思いましたが、実は腕自慢を狙えば話を盛って周囲に伝えるという、ここもゲンの指示。

前回に引き続き弱みを見せたつもりで、しっかりゲンがモズをコントロールしている強かさです。

そして火薬に銃。

思えば司の暴走を止めるためだと、千空、大樹、杠の3人にしか分からない特別な感情にしみじみしますが、そこから既に3年が経過していることに今更ながら驚きます。

銃の使用に躊躇いを見せる羽京の言動に、千空たちと手を組んだ時の条件「誰も殺さないこと」を思い出しました。

千空も連載当初からの不殺の精神は変わらずでしたが、石化と解除が自在にコントロール出来れば当事者が死亡しなければ大丈夫という、中々にぶっ飛んだ「合理的」な考えをするようになっていました。

まぁ、どこまで本気かは置いといて。

そして石化武器奪取のキーマンは予想外の陽でした。

稲垣理一郎×Boichi「ドクターストーン」124話より引用

初登場時は司帝国首脳陣の一角を狙う強キャラのはずでしたが、段々とギャグメーカーとしての位置付けに。

お巡りさん時代にイジメを見たら撃ちまくっていたと問題発言も飛び出しましたが、基本的に悪いキャラではないので、陽ならば銃を預けておいても謀叛を起こす可能性はないでしょう。

一応、射撃は下手という伏線は張りましたが、科学王国にとっては吉と出るか凶と出るかの博打に近い防御策なので、もう1、2枚くらいモズ対策のカードは用意しておいた方が良いかも知れません。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です