最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』94-95話!考察!二つの黒い宝石

元記者の南が欲しがったのは、かつての商売道具。

それは鏡ではなく“カメラ”。

SENKON製の大量生産されたものですが、気球からの航空撮影で石油探索が一気に進むはずでしょう。

新世界での記念すべき最初の一枚で千空が真似たのは、かのアインシュタインと同じ舌を出した有名なあのポーズ。

果たして千空は石化時代の偉大な科学者として、この世界を照らすことができるのでしょうか?

 

Dr.STONE94話のネタバレ

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

それではDr.STONE第94話『Z=94 黒い宝石の香り』の要点をまとめてみます。

小麦、パン、鏡、カメラと様々な発明が続いてきましたが、本命はあくまでも石油探しです。

そんな表紙は見慣れない三角小屋。

実はこの構造物「相良油田の里公園」の敷地内にある復元された油田の堀り小屋です!

当然現在でも公園にあるので見ることができます。

因みに外壁はスギの外皮が使用されているので、かなり先読みになりますが90話で発見された杉林がいずれ活躍するでしょう。

90話はこちら⇒最新ネタバレ『Dr.STONE(ドクターストーン)』90話!新世界への道しるべ

興味のある人は静岡県牧之原市にレッツゴー。

また余談ですが前回93話で千空が記念撮影でフレディのコスプレについて再考。

映画「ボヘミアンラプソディー」の単なるネタかと思っていましたが、ノベライズが石(ロック)バンドの話なのでバンド繋がりの意味も隠れているのではと推測します。

こんな感じであらゆる場面が伏線貼りまくりで読む方も気が抜けません。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

実りの秋

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

写真で船の燃料をゲットする。

航空写真の撮影が進む千空&龍水の気球コンビ。

冬の到来前に100億枚撮りまくると意気込む千空。

雪が降っては大地に眠る「黒い宝石」こと石油を見つけられなくなる可能性が高いからです。

一方、地上では羽京とクロムが探索。

そんなクロムの頭に落ちた栗。

すっかり秋、実りの季節になりました。

場面が変わって、ゴリラチームを中心に大樹たちによる小麦の収穫が始まりました!

一年目にして大豊作の様子から土壌改良も上手くいったようです。

おそらく台風も大丈夫だったのでしょう。

パンが食べ放題だと喜ぶ銀狼。

しかし農作業のツラさは今も昔も一緒です。

とうとう陽がやってしまったギックリ腰。

まだまだいけると体力∞の大樹は平気ですが、普段から原野を走っている石化時代の人々も疲れる様子で「疲労が桁違い」と金狼がボヤくほどです。

 

三ツ星レストランの開店

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

ここで龍水は提案します。

☆☆☆レストラン「フランソワ」の開業です。

龍水の命を受けて、航空写真を参考にメニューの開発に取りかかるフランソワ。

仕事も科学で、疲れた人間にとっての燃料は“食いもん”。

千空のリクエストはタンパク質が採れて保存の効くものです。

龍水はトリュフかキャビアかフォアグラかと欲望丸出し。

そもそも食材が無いから「無理」とツッコむゲンですが、『無理です』というセリフをフランソワから聞いたことは一度も無いと自信満々の龍水。

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

リクエストを聞いたフランソワの用意するメニューは『黒トリュフの牡丹肉リエット』

まさかのトリュフにセリフの書体まで違います。

そして「このような流れもあろうかと」石神村周辺の森や動物に詳しい“シキシャの先生”としてスイカまで司帝国から戻ってきました。

航空写真を見ながら分かりづらいと言いながらも、イノシシの群れを見つけます。

早速現場に向かっては罠を仕掛けてイノシシを捕獲します。

こうして牡丹肉=イノシシをゲットします。

 

黒い宝石を探すカギはイノシシ

次はトリュフを探しますが、日本の森に普通に育っていると事もなげに言うフランソワ。

今度はコハクが写真とにらめっこ。

視力11.0を凝らしてトリュフを探します。

ここは野生で戦い続けてきた注意力が発揮されます。

「・・・見つけたぞ 黒い宝石・・・!!」

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

それはトリュフではなく、地面の黒い染み。

写真の縮尺的には水たまりぐらいの大きさでしょうか?

“地中に染み出た黒い宝石ー”

ついに相良油田を発見しました!!

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

ピンボケのため正確な位置は不明ですが、ここからは人海戦術で地上から探索開始です。

かたやフランソワとスイカは、イノシシの鼻を頼りにトリュフを探しています。

イノシシは愛のフェロモンと同じ成分のトリュフを掘り当てますが、ソッコーいただきマンモースでパクリ。

まさかの昔懐かしノリピー語。

ドン引きする二人ですが、気を取り直してスイカとチョークの名探偵コンビが遂にトリュフを発見しました。

一方、石油探索は完全に行き詰まりました。

今まで得た知識と情報から見逃したものがないか脳をフル回転させる千空。

コハクが見つけた写真はイノシシの群れの辺り。

そしてイノシシは知っている黒い宝石の香り。

千空がフラッシュバックから思い出したのは、相良油田発見の経緯。

野生のイノシシが石油で泥遊びをしていたことに端を発します。

そのころ河川敷ではフランソワとスイカ。

油の香りがするイノシシを調理しようとするフランソワに千空たちが駆けつけます。

「(イノシシを)煮込むなー!!!!」

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

次回は2周年記念巻頭カラー。

 

Dr.STONEネタバレ94-95話のまとめ

稲垣理一郎「ドクターストーン」94話より引用

タイトルの「黒い宝石」は石油とトリュフを指していました。

この全く関係ない二つを相良油田の起源を元にイノシシで繫げています。

一体この話の流れをどの時点から考えていたのかと、原作者である稲垣氏の構成には驚くばかりです。

ストーリーは前回が夏、そして今回は秋、と話が早く進んできました。

冬に雪が降ることを考えれば、石油の話は秋までに完結させないといけないので、次で石油の発掘まで進み一区切りかな。

そして牡丹肉とトリュフで慰労会と。

週刊誌2本連載という膨大な仕事をこなしてきたBoichi氏ですがヤンマガの方は終了したこともあり、次回の表紙と巻頭カラーはどんな絵になるのか楽しみです。

 

この記事の関連記事はこちらから⇩

⇒『Dr.STONE』96話!ホワイマンを探し出せ!!・・

⇒『Dr.STONE』95話!2周年目は盛りだくさん!油田の発見!・・

⇒『Dr.STONE』93話!新世界の映像の始まり・・

⇒『Dr.STONE』92話!祝!小学館漫画賞受賞!・・

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA