最新ネタバレ『ハイキュー部!!』特別読切と単行本の紹介!

スポンサーリンク

MSBYブラックジャッカルとシュヴァイデンアドラーズの熱き戦いを希望した皆さま。

今週は古舘先生が急病とのことで『ハイキュー!!』がお休みとなりました(涙)

しかし、我々にはまだ公式外伝の『ハイキュー部!』があるではありませんか!

 

スポンサーリンク

公式スピンオフ『ハイキュー部!!』とは?

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

『ハイキュー部!!』は毎週「ジャンプ+」で毎週月曜日に更新される作品で、宮島京平氏の執筆によります。

内容としては、『ハイキュー!!』のライバル校の面々にスポットを当てた日常生活や、本編での舞台裏などをサイドストーリー的に描かれています。

特徴としては登場人物の異様にテンションが高かったりします。

今週の1ページ目の見開き対向にはQRコードがありますので、そこから過去の作品を見ることが出来るはずです。

しかも無料で公開されており、1話は10ページ程度なので、ちょっとした空き時間にサクサク読めます。

木兎に対する赤葦の過保護ぶりや、白鳥沢のオバケ騒動(それでも冷静なウシワカ)など、まだ未読の方はこれを機会にご覧になるのも良いかと思います。

個人的には春高バレーでの叶歌ちゃんのお話かな。

どんだけ田中を好きすぎるのかと思いの丈をチームメイトにぶつけていましたが、終章で田中がまさかの潔子パイセンと結婚していたとなるとシャレで済まない話にも。

さて、今回は特別編なのか学校の枠を越えたある意味トンデモ作品となりました。

 

スポンサーリンク

 特別読切は及川主役の“桃太郎”

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

昔々のあるところ。

立派な青年となった桃太郎(及川)は、鬼退治に出かけることになりました。

出立にあたり現金が渡されるのかとワクワクする桃太郎でしたが、お爺さん(赤葦)からは淡々と巨大な「きび団子」を渡されます。

そのサイズはムダにデカすぎて思わずドン引きするほどです。

“お腰につけた”とは程遠い姿でキビダンゴをひきずりながら鬼ヶ島に向かう桃太郎。

お爺さんの言うとおり、鬼を倒すためにはお供が必要で、きび団子があれば手懐けることが出来るはずです。

とはいえ、この巨大な袋には一体何百匹分のきび団子があるのでしょうか?

お供といえば、犬、猿、雉ですが。

しかし、草むらの陰に隠れていてお供の候補は何故か鳥類ばかり。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

これにはバランスが悪すぎると絶句する桃太郎。

「白鳥だ」(ウシワカ)

「梟ー!!」(木兎)

「烏です」(旭)

烏は自己紹介するも後ろ向きすぎ、梟は面白そうだからとマイペース、あまつさえ白鳥は桃太郎には負けないと何故かライバル視。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

こんな時こそのきび団子!

その正体はバレーボールでした。

するとボールに戯れるお供たち。

使用用途はこれで良いのかと呆れる桃太郎ですが、お代わりを求める梟たちにトスを上げると、スパイカーの血が騒いだのか急に目の色が変わりボールを奪い合います。

「俺の団子(ボール)!!」

とにかく、トスを上げたことで桃太郎はお供を手懐けることに無事成功をしました。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

なんやかんやで鬼ヶ島を向こう岸に視認するまできた桃太郎一同。

さて舟でも作って鬼ヶ島に乗り込むかと思案する桃太郎に、梟には名案があるようです。

その作戦はお供の鳥たち三匹が鬼ヶ島を空から空爆するという、桃太郎にあるまじき戦術です。

しかし、お供が自分で岩を抱えては空を飛ぶことは出来ません。

そこで白鳥は桃太郎に岸辺から岩石をトスを上げろと無茶振りを要求しますが、何故か岩をトスできてしまいます。

これを見て俺にトスを上げろと勢いよく3匹は鬼ヶ島に向かいます。

果たしてコレが桃太郎である必要があるのか疑問が起こります。

一方、鬼ヶ島には鬼たち(宮、山本、天童etc)がくつろいでいましたが、そこに超攻撃的布陣の空爆が始まると、岩石スパイクによる雨嵐。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

桃太郎なのに犬たちはどうしたと鬼は為すすべなしです。

こうして鬼を倒した桃太郎は、無事に優勝旗を持ち帰りました・・・。

と話す日向ですが、さすがに妹の夏は知らない話だと兄に対して答えるのでした。

 

スポンサーリンク

特別読切『ハイキュー部!!』ネタバレのまとめ

犬と猿がいない「桃太郎」でした。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

木兎は変わらずですが、本編とはまた違うノリで爆笑ものの内容だったと思います。

主役の桃太郎はノリツッコミが出来る及川でした。

最後のオチを見ると日向の妄想込みのお話のようでしたが、これには妹の夏もウソだと気付くでしょう。

一見お笑い話と思いつつも、実はウシワカに及川がトスを上げる貴重なエピソードだったり本編の伏線が何気に生かされています。

それにしても可哀想なのは鬼軍団です。

いきなりの空爆に逃げ回るしかありませんでした。

二口、青根、天童、宮ツインズ。

宮島京平・古舘春一「ハイキュースピンオフ読切」より引用

黒尾に研磨、山本虎など音駒勢も鬼役でした。

さりげなくジャンプ+のCMまで入れる芸コマです。

現在『ハイキュー部!!』は2019年に単行本が1巻発売されています。

各話は前述したようにネットでも公開されていますが、単行本には赤葦の木兎クイズなどオマケが収録されていますので、興味がある方は一度手に取ってはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です