最新ネタバレ『ハイキュー!!』306話Ver2!カラスの反撃!雑食魂ここに健在!!

スポンサーリンク

春高、白熱した烏野VS音駒の第1セットは音駒が奪い取りました。

それぞれのチームとしての実力を増し、個人としての頭角を現していく両高校。

ひとつの試合の中でどれだけ成長するのでしょうか。

両高校、第2セット目に向けて気合が入ります。

どんな試合展開をみせてくれるのか、一瞬も目が離せませんね。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!306話!のネタバレ

烏野マネージャーでもある谷地は梟谷のキャプテン木兎と副キャプテンの赤葦に声を掛けられます。

第1セット目を落としてしまった烏野の状況に戸惑う谷地は、初めての試合展開に緊張を隠せません。

3セットマッチで1セット目を先取できなかった試合は春高予選が始まってから初めてだと気が付いたからです。

あと1セット落としたら、終わってしまう、そんなプレッシャーを感じる谷地に木兎は…。

「負けたら」と考えて水を差してはダメ。

今、どのくらい強くなったかを見て。

そう伝えます。

何とも前向きで頼もしい、キャプテンらしい言葉ですね。

コートに立つ選手達は終わる事なんか、考えてず、勝つ事だけに集中しているのですから、青春ですね!!

コートの外でも他校でも、こうして、見守ってくれる仲間がいるなんて、うらやましく感じてしまいますね。

登場当初はあんなに自信のなかった谷地自身も、メンバーの熱に押されてマネージャーとしての強さを磨いてきたように思います。

今までの自分になかった考えを素直に受け止められるのも、彼女の魅力なのかも知れませんね。

 

派手さだけが売りじゃない!烏野のカバー力をとくと見よ!!

第2セット目、影山のサーブから始まります。

強烈な一本も海に上げられ、切られてしまいますが烏野メンバーは焦りません。

弧爪のショートサーブを西谷が上げ、澤村が切っていく…取っては取られる繰り返しが続きます。

そんな中、烏野はコート前方でサーブを待ち構える作戦へと切り替えてきました。

日向の速攻潰しをカバーするための前揃いですが、灰羽は空いているコート後ろを狙ってきます。

一瞬ひやりとした日向ですが、そこは烏野の守護神、西谷がキレイにカバーしてくるのです。

さすがですね。

西谷が居るからこそ、西谷を信じているからこそ、この作戦が成り立つのではないでしょうか。

キレイに上がってしまえば、こっちのもの!

満面の笑みで飛び出した日向はしっかりとスパイクを決めました。

やはりフリーになって、自由に跳べる日向は強いですね。

菅原は「ちまちまやっていく・地味に死守していく」と宣言します。

それは攻撃性の高さを狙われた烏野が、地味だろうとなんだろうと勝つための手段として選んだ作戦だったのです。

なかなか引き離せないギリギリの均衡状態で自分のサーブ選択をミスした…と思った灰羽に音駒の監督は

「考えて・やってみて・失敗する」はアリだよ

と、灰羽の不安を一蹴したのです。

やはりベテラン監督ですね。

選手の一瞬の不安も少しの迷いも、あっという間に消し去ってしまうのですから。

 

スポンサーリンク

エースの貫禄!敵にも味方にも魅せつける東峰の一撃がすごい!!

東峰のスパイクを黒尾が受け、さらに月島が返し、山本が受け…第1セット目同様に根気のいるラリーが続きます。

少しの隙もミスも致命傷となってしまうプレーに選手たちの緊張も張り詰めたままなのだろう、と見ているこっちが手に汗を握ってしまいますね。

このレシーブ対決を制したのは田中!

後ろから強烈なスパイクでサイドアウトを奪いました。

ちなみに“サイドアウト”というのは、サーブをしなかったチームが得点を獲る事を言い、サーブをしたチームが得点する事は“ブレイク”と言います。

誰の目から見ても均衡が保たれているように見えた第2セット目。

解説者ですら、小さなミスが命取りになる事を指摘しているのですから、コート上の選手たちの緊張は堪ったものではないように、思えていました…が!!

その瞬間、東峰のノータッチエースが決まります。

強烈で誰にも触れさせない、そのサーブはまさしく“エースのサーブ”!!!

音駒メンバーを圧倒しただけでなく、烏野メンバーにすら魅せつけるその姿は、頼もしいエースの貫禄そのものだった事でしょう。

あの月島が目を丸くして、影山に至っては嫉妬の炎でメラメラと燃え上がっていますね(笑)

日向と菅原がベンチから叫びます!!

 

観客からも歓声が沸き上がり、梟谷の木兎も心なしか満足そうですね。

心配していた谷地も思わず目を丸くします。

 

『ハイキュー!!』ネタバレ306話のまとめ

ミスを恐れないこの一点はメンバーだけでなく、烏野の勝利を願う観客の不安を吹っ飛ばした東峰の一撃は烏野のテンションをしっかり上げる一撃になった事でしょう。

音駒の度肝を抜いた一撃でしたが、流れを掴む反撃の一本となったのでしょうか。

この雰囲気に音駒がどう反撃してくるのか、烏野がこのまま一気に仕掛けるのか!

次回も目が離せない展開になりましたね。

誰がどう動いてもおかしくないこの試合、ますます楽しみになりました!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください