最新ネタバレ『ハイキュー!!』307話!考察!狙いを定めたネコの強さ!カラスは地上に引きずり降ろされるのか?!

第2セット目が始まり、お互いに点差を譲らない烏野と音駒!

交互に点を取る形が続き、緊張感が漂う中で、烏野のエース東峰がノータッチエースを決めました。

1セット目、全員が攻撃に集中しすぎて孤爪にその隙を狙われてしまった事への不安をものともせず、強気のサーブを決めた東峰の一撃は流れを変える一撃になるのでしょうか。

しかし!

このまま引き下がる音駒ではありません。

攻撃態勢の烏野と完全防御の音駒!!

そんな攻防戦が今回も熱い展開になる事、間違いありませんね!!

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!307話!のネタバレ

第2セット目が始まる前、鵜飼監督が“お見合いのミス”について話しています。

お見合い状態になったあの瞬間も、ミス。

もちろんサーブアウトやネットミスもひとつのミスなのです。

ピンチの時にどんな攻撃をしていけばいいのか…。

烏野のカラーはあくまでも“殴り合いを制する”攻撃性の高さである事を全員が改めて認識するのでした。

攻撃まで持って行く方法は、コート上の選手が迷ってもいい。

最終的な目標である

“殴り合いを制す事”

を迷わないように伝える監督の姿は、まさしく烏野のスタイルを一番近くで見てきて、理解しているカッコいい監督ですね。

その中で、お見合いの時のミスは自分だった、とはっきり言える主将の澤村もまた、すごい選手だと感じます

こんな主将がいるチームなら、より結束が高まるのも分かりますね。

ここで話は東峰の2本目のサーブから試合の方へ戻るのでした。

 

同じミスは繰り返さない!崩さない烏野スタイルは今回も熱いのです!!

東峰の2本目のサーブは惜しくもアウトになってしまいましたが、強気の雰囲気はまだまだ健在です。

 

黒尾の強烈なサーブもきっちり拾っていく烏野のメンバー。

少しパスが乱れたくらいでは、攻撃の手を休めません。

まさしく烏野スタイルと言えるでしょう。

そんな中、音駒も負けず防御に徹し、孤爪は2度目のお見合い狙いの返球をするのですが、今度は澤村にばっちり拾われてしまいますね。

そこからのシンクロ攻撃で、第1セット目のミスは、烏野メンバーにとって力になっていました。

もちろんそのシンクロ攻撃は、きっちり決まっていきます。

悔しそうな黒尾の顔も、もう何度見た事でしょうか(笑)

弧爪も烏野メンバーの猪突猛進さとは裏腹に、実は冷静に考えている部分がある事も認めています。

そんな烏野の信念で、芯とも言える攻撃スタイルは音駒の監督にも認められていました。

ベテラン監督に認めさせてしまうなんて、“落ちたカラス”と呼ばれていた頃に比べて、どれだけ強く逞しく成長したのか…。

初回から見ていた身としては、グッときてしまいました。

 

スポンサーリンク

空中VS地上の戦い!粘り勝つ瞬間はどちらのチームが勝ち取る事ができるのか?!

日向狙いのショートサーブにも慣れてきた烏野メンバー。

日向付近に落ちるボールは西谷が積極的に拾いに行きます。

もちろん音駒メンバーも負けていませんよ!

どんどん攻撃を仕掛けていく烏野に対し、粘り強くレシーブを重ねていく音駒の粘り強さも大したものですよね。

ピンチな時ほど攻撃の手を休めない烏野。

ピンチな時ほど、なんとしてもボールを拾っていく音駒。

2セット目もまた強烈な攻防戦が続いています。

何度もシンクロ攻撃を凌いでいく音駒に対し、観客や実況者は音駒の粘りを強く感じていました。

ところが中継を見ている天童達は守備で粘る音駒に対し、烏野もまた攻撃で粘っている事を指摘します。

全員がスパイカーであり、全員が囮となる烏野のシンクロ攻撃は、回数を重ねる毎に体力を消耗するスタイルだったのです。

空中で粘るか、地上で粘るか…。

まさに“ゴミ捨て場の戦い”と言える攻防戦は、コート上で戦った事のある選手にしか分からない事なのかも知れませんね。

もちろん音駒のメンバーもその事には気が付いていて、その視線は狙いを定めているような表情に見えてしまいました。

いくら烏野メンバーが攻撃性に優れていて、今まで何度も“殴り合いを制してきた”と言っても、やはり体力の限界というのはいつか訪れてしまうはずです。

それまでに決着がつくのか!

粘り続ける事が出来るのはどちらのチームなのでしょうか!!

 

『ハイキュー!!』ネタバレ307話のまとめ

“カラスを地面に引きずりおろせ”

どこから飛んでくるか、打ってくるか分からないシンクロ攻撃はまさに、自由に跳びまわり狙ってくるカラスそのものなのでしょう。

その反面、じっくりと狙いを定め、獲物を逃さないネコの強さも侮れません。

諦めた方が負ける、そんな弱肉強食な世界がギュッと詰め込まれたかのように見えました。

どちらも簡単に諦めるメンバーではない以上、体力の限界か…気持ちの限界か!!

何かの糸か、ぷつんと切れる瞬間が1点の分かれ目なのかも知れませんね。

まだまだ手にぐっと力が入りそうな展開が続きそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください