最新ネタバレ『ハイキュー!!』310話!考察!音駒の反撃。封じられた日向の速攻?!

スポンサーリンク

両校接戦が続く中、日向は灰羽のブロックを確認しながらも、打ち込んだスパイクはサイドラインを割り、アウトになってしまいました。

ブロックを避けたと思った日向自身も驚きを隠せません。

 

勝利の風は勢いに乗っていた烏野から音駒へ向けて吹き始めたのでしょうか?

第2セット目が始まって、烏野に押されていたかのように見えた音駒の反撃が始まるのでしょうか?

 

今回もおもしろくなりそうですね。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!310話!のネタバレ

日向のスパイクがアウトになった事を喜ぶ灰羽は強気な言葉で日向を挑発します。

影山に“落ち着けボゲ”と叱られ、悔しそうな表情を浮かべる日向。

音駒の福永サーブで試合続行です。

日向の速攻封じのサーブは、ネット際の前列に落とされますがリベロの西谷がしっかり広います。

セッターに戻す綺麗なレシーブをこなしながらも、鵜飼監督と西谷は何かに気が付きました。

そのボールを田中が強烈なスパイクで音駒コートに打ち込みますが、またもや拾われてしまいます。

田中のスパイクは拾われ、孤爪から山本へトスがあがります。

烏野も負けずにブロック3枚で山本のスパイクに対向し、西谷がカバー!

乱れつつもラリーは続き、多少の乱れはものともしない烏野1年コンビのトスがあがりました。

影山&日向の速攻で決まったかとおもいきや、なんとブロック3枚できっちり日向を捕まえにきた音駒!!

試合を見ていた天童も会場も、烏野のメンバーさえも驚きを隠せません。

かつて、影山&日向の速攻スパイクをこれほど綺麗にブロックされた事があったでしょうか?!

頭では分かっていても、体と反応がついていけない、そんな速攻を生み出すのが烏野1年コンビだったはずなのに…。

つい、「おぉ!!」と声が出てしまいました。

もちろん音駒のブロックメンバーも大興奮の表情で叫びます。

そんな中、孤爪の背中のクールさがかっこいいですね。

 

タイムアウト音駒サイド。灰羽も驚愕する孤爪のエスパー説?!

烏野が取った1回目のTO(タイムアウト)が始まります。

灰羽は烏野との試合が始まる前夜に孤爪から聞いた作戦を思い出して、その読みの正確さを怖がります。

前夜のミーティング中、日向のジャンプ力を警戒していた孤爪。

頭の切れる、弧爪にとっても、日向の速攻攻撃を厄介に思っていました。

ですが、日向の弱点として目をつけたのは“助走”なのです。

助走ができなければ、日向のバネもジャンプ力も発揮する事ができないところへ孤爪は目をつけたのです。

そこでまず一つ目、サーブで日向を狙う作戦ですね。

しかもサーブで日向の速攻を邪魔する作戦には、さらに高度な作戦が加わっていました。

弧爪はサーブを打つメンバー一人一人に打つべき場所を支持していたのです。

もちろん、言われたところへ打ち込むのも、容易ではないのでメンバーを信じていなければ、できない作戦ですね。

その指示を出しつつ、日向にトスがあがるタイミングさえ読み切った孤爪に灰羽は“エスパーですか?!”と詰め寄ります。

 

スポンサーリンク

タイムアウト烏野サイド。西谷の見解と音駒の脅威!考えていた以上の徹底ぶりが浮き彫りに…!!

TOを取った烏野サイドは西谷が試合中に気が付いた“日向潰し”の現状を説明していました。

日向が音駒のサーブを直接取る事だけが問題ではなく、西谷に取らせる位置も問題だったのです。

2セット目が始まって日向が自分で拾った直後にブロードを仕掛け、スパイクを打った事を話す西谷。

田中に「かっけぇヤツ」と言われ、素直に喜ぶ日向が可愛いですね。

西谷にはすっかりスルーされていましたが(笑)

その後、同じ立ち位置・ローテーションの時に、日向を直接狙うのではなく西谷が取る位置すら限定する事で、日向が走り出す助走路を塞がれている事を明かします。

たまたま、ではなく、確実に日向を潰すための徹底したボール捌き…烏野メンバーに緊張が走ります。

日向自身も真剣な顔つきで、話を聞いているのでした。

音駒から強敵とみなされ、徹底したマーク、徹底した対応に当の日向や影山はどう思うのでしょうか。

烏野に入った当初は日向がここまでマークされる事なんてなかったのに、最強の囮が今や立派な選手になって、何だかグッとこみ上げるものがありますね。

 

弧爪が怖い!コート上を読み切った頭脳戦で流れを断ち切った一本!!

音駒サイドでは孤爪の見解を元に、日向の動きについて話が弾みます。

灰羽の感じた“ブロックするコースが絞りやすい事”や海が感じた“烏野の攻撃態勢と強み”。

けれども、多少の乱れをものともしない攻撃態勢は、日向の自由さがあってこそ、だと全員が気づくのです。

そして孤爪は日向の焦りや苛立ち、飛ぶ事への執着心がブロックのタッチネットやスパイクのアウトを引き出した、と目途をたてます。

ここからが、孤爪の怖い所!!

セッターならば、スパイカーのミスをそのままにしないだろう、とセッターならではの心情すら読み切って、日向へのトスを見破ったのです。

さすが<音駒の脳>と呼ばれるだけありますね。

この孤爪の見解に全員一致で“研磨怖い”と意見が出ているのは、笑ってしまいましたが、こんなに頭の切れる選手が敵にいると、間違いなくやっかいで嫌なんでしょうね…。

 

『ハイキュー!!』ネタバレ310話のまとめ

烏野に小さなストレスを与えるづける作戦で日向のスパイクだけでなく、スパイクを打つための動線すら封じた音駒の司令塔。

「助走は翔陽の翼だね」

そう言いながら、助走箇所を封じ込むその作戦はまさに、日向を鳥かごに閉じ込める作戦そのものでした。

弧爪の作戦をどう打破するのか…。

このまま音駒に翻弄され続けてしまうのか!?

烏野の反撃に期待して、次回を待ちたいと思います。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください