最新ネタバレ『ハイキュー!!』321話Ver2!考察!好プレー続出!?加速する攻防戦!

スポンサーリンク

激闘が続く音駒高校VS烏野高校。

序盤からお互いに一歩も引かない状態で進んでゆく攻防戦。

 

前回は、師弟関係にある音駒の黒尾と烏野の月島との戦いでした。

飛んで飛んで高いブロックによりアタッカーのプレッシャーを誘い、スパイクの軌道を変えたり、激しいブロック対決が行われました。

黒尾は合宿や練習試合で月島にアドバイスをし、その経験もあり一進一退の攻防の中、月島の成長を感じ取りライバルとして認める黒尾の姿がみれました。

 

6-6の同点から月島のスパイクが決まり、悔しがる黒尾と成長したぞ、ともとれる笑顔の月島がみれました。

 

6-7烏野リードで試合はさらに加速していきます。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』321話!のネタバレ

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

それでは『ハイキュー!!』321話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

ミラクルプレー

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

息をもつかせぬ攻防がさらに続いていた。

 

音駒の灰羽リエーフの強烈なスパイクから、負けてられない烏野もレシーブで応戦。

日向も負けじとスパイクを放つ。

音駒がそのボールを拾いセッターの研磨のほうへ。

そのままアタッカーへとトスを上げる。

と、思われたがここでまさかのツーアタック。

みんなが不意打ちに動揺する中、日向と西谷だけはそれに反応していた。

西谷はネット際へ飛び込み、日向はなんとかジャンプしてワンタッチ。

しかしその反応の速さが、仇になってしまう。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

日向がワンタッチしたことにより、前へとネット際に飛びだした西谷とは逆の後方にボールは進んでいく。

このまま音駒に点数が入るのだろう。

惜しいプレーだった烏野。

と誰もが思いかけていた時、西谷はこう思っていた。

頭のてっぺんから、足指の先まで、今の俺の筋肉は、必ず応える

するとボールは西谷の左足のかかとにあたり、日向の頭上を越え音駒のコートに落ちる。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

このプレーはやばいですね、鳥肌が立ちました。

西谷は意図的にやったのです。

極限の状態だからこそのプレーなのかもしれません。

 

攻める烏野。追う音駒。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

得点は7-8烏野リード。

 

西谷のミラクルプレーにどよめく場内。

いろんな人が拍手喝采、音駒サイドの応援席もミラクル!と歓声が沸く。

 

そんな中、研磨は

この雰囲気に身を任せてはいけない、目を凝らせ、思考しろ

と集中力を切らさない。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

再びラリーの応酬。

烏野の東峰のスパイクをブロック2枚でワンタッチをとる音駒。

しかしレシーブが少し流れてしまう。

研磨はそのレシーブをうまく活用しようと移動しながら、ライト側へ日向を誘い込む。

案の定日向がライト側にやってきたところで、研磨がレフト側へトス。

急いでレフト側に飛ぶが、日向のブロックは間に合わず山本にスパイクを決められてしまう。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

この一連の誘導プレーを分析する観客。

会場が盛り上がりテンションも上がろうが、どこまでも地味で冷静な音駒のプレーに嫌いだわ~とボソッとつぶやく。

確かにミラクルプレーとか起きてるのに冷静な音駒は恐怖すら感じます(笑)

なにが起きてもおかしくないと思ってるから冷静でいられるんですかね。

 

スポンサーリンク

ラッキー!?

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

日向サーブですがピンチサーバーとして山口がコートに入る。

 

山口のサーブを難なく山口が受け止め、黒尾がスパイクを打つ。

もちろん黒尾が打つのを見逃さない月島がブロックでワンタッチをとる。

ワンタッチを取りつつすかさず助走の距離を作る月島。

影山が高めにトスを月島にあげる。

月島のスパイクに合わせてブロックに飛んだ黒尾はふと思う。

やっぱりツッキーの打点、前より高い、終盤になっても

そして月島の高い打点からの強烈なスパイク!

カスゥゥ…。

月島はスパイクをカスってしまい、そのボールはフェイントになり音駒コートに落ちる。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

その結果烏野の得点。

月島が後ろを振り返ると影山が仏頂面でゴメンと誤っている。

得点は10-12。

烏野リード。

 

引き続き山口のサーブ。

今度も難なく音駒に拾われ、山本に点を決められてしまう。

それに負けじと黒尾も得点を重ねていく。

 

得点は14-14の同点。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

黒尾のサーブは西谷が受け止め、今度は烏野が得点をあげる。

前回よりもドンドン点が入って試合が加速しまくってます。

 

月島のサーブで菅原と交代、菅原のサーブ。

上手く音駒に拾われ、灰羽の強烈なスパイクを菅原が受け止める。

そして菅原は前にコーチに言われた事を思い出す。

“殴り合いを制すこと”自体には迷うなよ。

そして菅原は心にこう思います。

俺たちは、俺たちの芯が何かを、証明する

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

そして助走の態勢に入ります。

 

控えのセッターまで助走に入ったので、音駒は若干動揺します。

烏野のシンクロ攻撃。

日向が打つかと思いきや後ろから澤村のバックアタック。

 

音駒は澤村のバックアタックにはノーブロック対応。

狙い放題だ!と澤村は音駒の空いてるスペースを狙い、腕を振り下ろします。

が、ドカッとネットにぶつかりこれまた音駒のコートにナイスイン。

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

ただのラッキーではなく、攻めた結果のネットイン。

 

喜ぶ烏野のメンバー達。

音駒は犬岡が交代でコートに入り今週は終わり。

 

『ハイキュー!!』ネタバレ321話のまとめ

古舘春一「ハイキュー」321話より引用

今週は試合がガンガン進みました。

集中力が研ぎ澄まされた状態での西谷のミラクルプレー。

月島のカスったスパイクに、澤村スパイクのネットイン。

烏野に運が向いてるのか向いてないのか、謎な展開が多かったですね。

それにしても一番印象に残ったのは西谷のプレーです。

あのかかとプレーは、一生に一度、遭遇するかしないかだと思います。

本当に凄かった。

 

音駒の選手交代で烏野に向き始めた流れは変わるのか?

次回も楽しみです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください