最新ネタバレ『ハイキュー!!』352-353話!考察!己を認める難しさ

スポンサーリンク

第2セットは抜きつ抜かれつの展開です。

烏野にシンクロ攻撃を決められても飄々としている昼神の態度を不思議に思うチームメイト。

自分を追い込んでいた中学時代、当時同じチームの2軍にいた星海から「嫌なら辞めればいい」と言われて、急に肩の力が抜けて視野が広がったと振り返ります。

「理想」も「ミスの罪悪感」もなく足枷が外れた自由な昼神。

再度のシンクロ攻撃にも機械みたいな情報の選択で、ネット正面にいた月島ではなく東峰に向かってジャンプ。

またしても東峰のスパイクをシャットアウトします。

エースの力をもってしても、鴎台の守備に風穴は開けられません。

 

スポンサーリンク

ハイキュー!!352話のネタバレ

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

それではハイキュー!!第352話『肯定』の要点をまとめてみます。

「烏野の心を挫く鴎台のブロック炸裂ーッ!!」

昼神を中心とした防御にまたもや阻まれる東峰は、今はスマンと謝るので精一杯の様子です。

ここ数回は東峰正念場的なレビューをしていますが、さすがに今回は味方が作ったチャンスを決められず心中焦りがあるかもしれません。

宇内のセリフではありませんが、まさしく「折れんなよ、エース」です。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

同級生の激励

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

スパイクを止めた昼神は、浮かれることなくあくまでも冷静です。

「決めたい」

「決めなきゃ」

失点をする度に、点を取るという意欲はやがて焦りに変わります。

それが自らを絡め取ります。

「想い」なんて足枷に過ぎません。

割り切らない奴は自分から沈んでいくだけです。

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

宮兄弟はこれだけやられたら凹むかキレるかだとボヤきます。

むしろブロックフォローをしっかりしろ、ぐらいが良さそうです。

伊達工業の二口は、こんなものではないだろうと観戦しながら東峰の奮起を期待しています。

ここで後が無い烏野は、すかさずタイムアウトを取ります。

少々空気が重そうです。

味方が作ってくれたチャンスに良いトス。

今のを決められずに一体何をしているんだと東峰は悩み始めている様子です。

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

そこにキャプテン澤村が「世界の終わり顔」をヤメろと後ろから声をかけます。

100本中100本を決められる選手なんて居ないと励まします。

月島と日向にドリンクを渡しながら菅原もフォローをします。

東峰が超人になり3枚ブロックやどんなに悪いトスでもドンドン決めたら最高で、他のスパイカーは要らないでしょう。

しかし、そんなことは木兎でもウシワカでも不可能です。

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

「調子乗って凹んでんじゃねぇー!!」

東峰は100本全部決めますと異議ありの日向と、さすがに決定力100%は無いだろうと真面目に答える影山に、あの二人は黙っていた方が良い場面だと月島は思わず本音が。

以前の東峰は試合でブロックされる度、ミスする度に「自分は何てダメな奴なんだ」と思い、1試合で50回くらい「世界の終わり顔」の表情をしていたようです。

自分自身も無駄な考えだと分かってはいるようですが、勝手に悪い方に思考が働いてしまうそうです。

向こう側に行きかけた危ないところをチームメイトが止めてくれました。

 

スポンサーリンク

背中は任せろ

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

タイムアウトが終わり、気合いを入れてコートに戻る烏野。

東峰は大丈夫そうに見えますが、いくら口で励ましたところで最後は自分がスパイク1本決める以外に方法はありません。

ゲームは再開して鴎台の別所が2回目のサーブ。

昼神を倣い“ストレス追い討ちサーブ”で東峰にレシーブさせて執拗に牽制します。

田中のバックアタックは鴎台がナイスワンタッチ。

鵜養コーチも我慢、我慢と声をかけます。

ピンチを託されるエースですがまたもブロックにされます。

しかし、その託された背中は俺が!と西谷執念のワンハンドブロック。

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

「ノヤッさあぁぁあん!!」

日向・山口は大興奮です。

どんなにバタついた状況でも速攻で仕掛ける強気の影山。

これを月島が決めました。

心の台詞は嫌そうでしたが(笑)

得点は、烏野17-鴎台17と再び同点に追いつきました。

西谷のサムズアップするカッコよさに、敵ながら惚れ惚れする鴎台の選手たちです。

 

自分を肯定せよ

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

ここでローテが回り殊勲の西谷と日向が交代します。

そして月島と菅原も入れ替えて、鵜養コーチは勝負に挑みます。

菅原は試合前に約束した今夜の夕食は「しょうが焼き」を宣言。

強い仲間、信頼できる仲間と1秒でも長くバレーをしていたいと思う東峰。

しか一人だけ信じ切れない奴がいます。

それが自分です。

”どうしてできないんだ”

“足を引っ張る奴め”

という東峰が抱く負の感情などお構いなしの強敵を目の前に、自分と戦っている余裕はありません。

罪悪感も責任感も在って当たり前です。

それらを全部背負い、自分の力を信じきれるか東峰!

 

ハイキュー!!ネタバレ352-353話のまとめ

古舘春一「ハイキュー」352話より引用

東峰心の葛藤回でした。

要は気持ちの切り替えを出来るかどうかですが、それをフォローするかのような西谷のファインプレー。

そして菅原の「しょうが焼き」は食べる前提として「試合に勝って」です。

周りからよく言われる”パワーをもらった”感じの東峰。

それでも最後に目の前の壁を乗り越えられるかは自分の力のみです。

次回で覚醒するかが第2セットを取るポイントになりそうです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です