最新ネタバレ『ハイキュー!!』388-389話!鳥肌が止まらない!影山飛雄発動編!!

スポンサーリンク

1才から姉のバレーボールにしゃぶりつく影山飛雄が、バレーにのめり込むまでに時間はかかりませんでした。

祖父の教えと導きにより驚くほどに上達する影山は、小学生の時にバレーを長くしたいため故意にレベルを落としたプレーをします。

しかし、祖父の一与は孫が悪いことをしたと自覚している様子を見ると、強くなれば目の前にもっと強い奴が現れてずっとバレーが出来ると、怒ることなく語りかけました。

そして今、影山の目の前には、この試合を完全にBJカラーに染め上げた日向翔陽が躍動をしています。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』388話のネタバレ

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

それではハイキュー!!第388話『最強の囮・2』の要点をまとめてみました。

前回は赤ちゃん飛雄が萌な〜生い立ちから、現在に至るプロローグの接触編だとすれば、今回は大活躍のまさに発動編です。

第一セットを先取されたADが、いかなる反撃の狼煙を上げるのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

 バランスの向上

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

祖父の金言を思い出しつつ、今までのBJの選手たちのプレーを振り返るADの背番号20。

佐久早の取りづらいスパイクはパワーも増しているだろうし、レシーブが上手いのも厄介です。

木兎は状況判断と咄嗟に反応出来る身体能力が半端ないです。

宮侑のツーアタックは自分よりも思考が早くて悔しいです。

そして日向。

ウシワカのサーブを読み切り正面でレシーブする様子を見て、バランスが良いと評します。

ビーチバレーで砂という不安定な足場の上で磨かれた抜群の安定感。

トマスが中央から決めると、影山は思わず砂に対して恨み節です。

 

スポンサーリンク

教え子の活躍

第2セットの途中経過は、BJ7- AD6。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

木兎はブロックされたボールを自ら右手に触ってフォロー。

しかし影山は“バタついている”という場面でありながらも、敢えて後方の日向を宮侑が使う可能性を読んで速攻を1枚ブロックでワンタッチします。

試合を観戦しながら武田先生は、影山-星海の変人速攻の可能性を鵜養に尋ねます。

確かに星海は空中戦の達人です。

その質問に鵜養は「できると思う」と答えつつ、ただ「やらないだけ」だと推測します。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

コートではその星海が影山のトスで狭いブロックの間を抜いてスパイクを決めました。

日向と違い星海を100%活かすならば「はやさ」よりは「空中での余裕」という選択です。

ネットを挟んで不敵な笑みを浮かべる影山を見て、宮侑はその心情をスパイカーの得点すらも自分のモノだと代弁してみます。

それにしても試合は淀みなく進行していきます。

今度は レフトからロメロ。

攻撃が淡々と決まるのは、影山の混じり気の無い良いセットをしているからです。

打つ方も観客も何の違和感が無いこと。

かつての教え子が目立たない方が良いことに、武田と鵜養は微笑えましく影山を見つめます。

 

スポンサーリンク

鷲、反撃の羽搏き!

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

ドォ!!

影山のジャンプサーブが日向と佐久早の間をノータッチエースで決まります。

観客は一気に注目をします。

これでBJ9- AD10と逆転です。

影山の2回目のサーブはまたしても同じコースでしたが、これは日向が拾い佐久早が柔らかな手首でブロックを弾きます。

星海が上げた長いボール。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

“来い、来い、来い”

影山はワンハンドでレフトのロメロにトスを上げました。

さらに3回目のサーブ。

日向のスパイクは平和島がレシーブしますが、またもネットを越えそうな高さです。

影山は後衛からツーアタックは無しですが、このくらいのボールはどこにでも上げてくる技術はあります。

黄金川が怯えるくらいADは全員が助走してシンクロ攻撃に入ります。

烏野時代は日向が影山を追い込む存在でしたかが、トップレベルは「次もくれ」とばかりに全員が日向状態の選手ばかりです。

影山は誰を使う?

すると影山の伸ばした両手はふいっと下げてしまいます。

虚をつかれた日向の脇をボールが過ぎさります。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

今までどんなボールでも上げてきたからこその「触らない」という選択。

スパイカーを誰も使わないという贅沢で ADが12点目とさらに点差を広げます。

“俺もまだ負けてないぞ”

ついに影山は4回連続のサーブになりました。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』388-389話のネタバレのまとめ

タイトルは前回に続いた“2”でしたが内容は全くの正反対でした。

387話では影山に対する最強の敵が日向であり、今回は日向たちBJにとっての最強の敵が影山という感じです。

第1セットの日向のように、第2セットは影山の独壇場。

最後の1点はまさに“贅沢”。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

ブラジル代表キャプテンのロメロ、日本の大砲ウシワカ、小さな巨人の星海、 ADキャプテンの昼神という、まさに日向だらけの猛者たちを囮に使う大胆さ。

迫力ある攻撃陣にトスを上げてもおかしくない状況に、敢えて当の本人はボールに触れることなくでした。

サービスエースまで含めたこの活躍には、武田たちも意見を撤回するくらいに否が応でも目立ちます。

さて次回の予想について。

古舘春一「ハイキュー」388話より引用

これで妖怪世代たちの昔話は、シリーズを通して佐久早以外は紹介された感があります。

果たしてその佐久早のエピソードはあるのでしょうか。

残念ながら東京2020五輪の開催が延期となりました。

仮に終章のクライマックスを当初の開会式を予定した7月下旬に合わせているのならば、残りは3ヶ月程度しかありません。

となると、第2セットは ADが既に奪取したという展開もありそうです。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です