最新ネタバレ『ハイキュー!!』392-393話!考察!梟谷のチームメイトよ見ているか?ただのエースは超強力!!

スポンサーリンク

三刀流のサーブを会得しようと取り組むうちに、全ての歯車が狂い負のスパイラルに陥った、かつての宮侑。

その時、「おにぎり宮」を経営する治が差し出したネギトロおにぎりのお米は、稲荷崎時代のキャプテン北から届いた新米でした。

ブランド名は「ちゃんと」。

“思い出なんかいらん”という高校時代のキャッチフレーズが語るように、確かにコートの中には何もありませんが、努力は確実に侑の中に筋肉として残っていました。

サーブにトスと活躍する侑を、もう誰も止めることが出来ません。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』392話のネタバレ

それではハイキュー!!第392話『ただのスター』の要点をまとめてみました。

2回に及んだ宮侑の大活躍でしたが、今回は回想シーンの始まりから分かるように木兎のターンのようです。

チームメイトとしてロッカールームで初対面した木兎と宮侑。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

自分のセットに絶好の自信を持つ宮侑は、オレのトスで得点が決まらなくても「調子が悪い」とは言わせないと迫りますが、木兎は気に留めることもなく、ただのエースならば当然だと答えます。

その意味が分からず???と困惑する宮侑。

果たして、自称「ただのエース」の実力はいかほどなのでしょうか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

絶好調のお祭り男!

完全にノッてしまった宮侑。

三刀流を会得したサーブは2回目とまだ続きます。

これも良いサーブですが、ロメロに佐久早とラリーが続く中、ボールは木兎に上がります。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

ADのブロックはサイドをブロックで完全に閉めたはずですが、ラインギリギリのキレのあるストレートを決めるなど、今日は一段と強烈です。

しかし、この判定はどうやらアウト。

僅かにアンテナに触れてしまったようです。

これで得点は、BJ13-AD10。

赤葦は今日の木兎はボールが見え過ぎていると分析します。

木兎は自らが絶好調であることを自覚し、だからADのストレート側のブロック警戒が厳しいと判断するや、“じゃあこっちにしよう”と、簡単にクロスに切り替えてスパイク。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

十八番・超インナークロスをあっさりと決めてしまいます。 

「ボクトビーム!」と一丸で声援を送るファンに対して、お馴染みの「ヘイヘイヘェーイ!!」で応じる木兎。

澤村たちは思わず笑い、コートでは宮侑が羨ましくも痩せ我慢の表情と、やはりチームが盛り上がっていきます。

今度は木兎がサーブに回ると観客に向かい手拍子を催促。

赤葦も嬉しそうにそれに応じるのでした。

 

スポンサーリンク

梟谷の春高バレーは準優勝

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

ここで場面は木兎の高校時代、春高バレーの全国大会決勝戦に戻ります。

最後のスパイクを止められた木兎。

フルセットの激闘でしたが、力及ばず梟谷学園は一林高校に敗退し準優勝で幕を閉じました。

ブロックに捕まった原因は、自分が上げたトスが短かったせいだと木兎に謝る木葉。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

しかし木兎はどんなボールでも決めて、打ち切るのが普通のエースの仕事なのにと、自分を責めているような険しい表情をしています。

側で見る赤葦でしたが、それら全部をひっくるめて「エース」の人に対して、自分を責めないでとは涙を堪えながらも言うことは出来ませんでした。

木葉は木兎に手を焼かされた3年間を振り返りますが、同じチームでなければセンターコートでの景色を見ることはなかったと、自分の超ラッキーに感謝しながらも、これから「ただのエース」として活躍するであろう木兎を精一杯応援すると言葉を送るのでした。

 

スポンサーリンク

エースの心得

この試合を木兎のチームメイトは様々な場所で観戦しています。

木葉・猿杙・小見はスポーツバーのライブビューングで。

尾長は控室で。

女マネの雀田と白福は一緒にPCです。

コートでは乱れたボールを背面レシーブで必死に上げる日向。

しかし、そのトスは短く打てば3枚ブロックに捕まること確実です。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

すると木兎はジャンプしたスパイクの態勢からネットに背を向けると、落ちながらの背面ショット!

エースの心得三ケ条“全てのボールを打ち切るべし”を、型にはまらないトリッキーで決めたプレーを見て、田中に五色や桐生、日向までもが心酔しきっています。

“梟谷(みんな)!!普通になった俺を見てくれ!!”

自信に満ち溢れる木兎の表情。

得点はBJ18-AD14となりました。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』392-393話のネタバレのまとめ

今回は梟谷の同窓会でした。

恒例の進路先紹介が東京の学校だけあり、全員が首都圏に勤務のようです。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

・木葉…製薬会社営業で社会人チームのエーアガイツ製薬OH。

・猿杙…区役所職員

・小見…役者

・尾長…大学4年生で電気工事会社就職予定のV2たまでんエレファンツ所属。

・雀田…スポーツプロモーター

・白福…食品メーカーの栄養士

アルコール片手に観戦する中、白福だけは高校時代と同様に何かしら食べています。

 

そして、あの春高バレーの優勝チームが明らかになりました。

…って一林?

佐久早や桐生など全国三大エースが敗退して、梟谷の優勝間違いなしと予想していただけに意外な結末でした。

優勝:一林、準優勝:梟谷、ベスト4:鴎台、犬伏東、ですかね。

試合は木兎のオンステージ。

子供がそのまま大きくなったような性格は高校時代のままですが、ことプレーに関しては弱点37の打ち方忘れの克服、短いトスへの背面ショットなど、確実な進歩が見られます。

これを苦も無くやってのける木兎は、ただのエース以上のものでしょう。

タイトルにもあるように、エースを飛び越えてもはやスターです。

ミスったプレーですら周囲をビビらせて、拍手でファンと一緒に盛り上げる娯楽性。

背面ショットで得点を決めるに至っては、スパイカーならば胸がキュンキュンですよ。

古舘春一「ハイキュー」392話より引用

木兎を見ていると、何となく元気がもらえるような感じになります。

そんな木兎のノリと勢いもあり、ラストシーンの得点でBJがADに対して点差を広げつつあります。

もっともこのまま試合終了とはならないでしょう。

まだ妖怪世代の主要キャラで高卒後の足跡を描いていないのが、BJは佐久早にADはウシワカと星海が残されています。

佐久早に関してはそもそも烏野の対戦したシーンが無かったので、可能性としてはADの2人を紹介しながら同点に追いつくような展開でしょうか。

個人的には春高バレーの三位決定戦の結果は知りたいので、星海の方を早く描いてくれたらばと思います。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です