最新ネタバレ『ハイキュー!!』394-395話!考察!大事なのは最後までやり抜くこと!エンディングを見据えた佐久早のプレー!!

スポンサーリンク

星海の鴎台高校のチームメイトである昼神幸郎は、共同獣医学部への進学が決まりました。

バレーとは違いこれからはミスをしたら死につながる仕事ですが、しんどいながらも自分で決めた好きな仕事だからと語ります。

その好きな仕事でバレーをする星海は、ワンタッチプレーを避けようと僅かに手を下げた日向のスキを狙いアタックを決めてみせます。

空中戦における高度過ぎる駆け引き。

これが見本だとばかりに星海は、コートに居る敵味方を問わずに自分のプレーを見せつけます。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』394話のネタバレ

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

それではハイキュー!!第394話『幸運な我ら』の要点をまとめてみました。

ウシワカと佐久早という強者たちの会話は、遠巻きに見るものにとっては背中から圧を感じるほどです。

佐久早に強い理由を練習以外で聞かれて、“運が良かった”と応えるウシワカ。

彼らにとっての幸運とは果たして一体どのようなものでしょうか?

時間のない場合は、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

やり遂げること

星海の強烈な一本でADのブレイクが決まり、とうとうBJと1点差になりました。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

体格に運の無かった日向と星海を見ながら、このコートに居る現実に強くないわけと感じる佐久早。

ロメロ2回目のサーブは今までと違い逆サイドを突いてきましたが、佐久早はしっかり反応してボールを上げています。

とにかくサーブレシーブが上手な佐久早に、弱点は無いようです。

アツくなることはありませんが、やり始めると中途半端が嫌いで延々と続ける、稲荷崎の北とは違うタイプです。

佐久早のスパイクはソロコフに捕まりますが、強力な回転が吹き飛ばすのはレシーブだけとは限らず、ブロックしたボールはコートの外に弾かれるのでした。

 

スポンサーリンク

始まる佐久早

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

佐久早は不注意・不用意な人間が嫌いです。

日向との初対面では、春高バレーで退場した日向を“発熱退場”と揶揄して体調管理が出来ない人間とは関わらないつもりでした。

コートに居る人間は誰もが注意を払って生きていますが、時にはどうしようもないことは起きてしまします。

Vリーグでプレーをする古森は、子供のころから一人で居る無口で「友達100人」というタイプでない佐久早のことを、同じ年の従兄弟でありながらよく知らない存在だと感じていました。

バレーも親に言われて誘ったから佐久早が付いてきただけで、特にやりことも無いという感じでした。

しかし、やり始めたら中途半端が出来ず、始めたら必ず終わりまでやる質の佐久早。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

ある時、古森が佐久早のボールをレシーブ処理しきれないのを“回転”だと指摘します。

手首の異様な柔らかさ。

ある日の夜、壁打ちの音に気が付いた古森は、その主が佐久早だと知り遂に“始まってしまった”と冷や汗がでます。

全日本中学のバレー大会に出場した佐久早。

トイレの手洗い処理が不完全な選手たちを見て不機嫌になりますが、

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

手を拭いたハンカチを内側にした畳むウシワカの所作を見て一目置くようになりました。

しかし、試合ではサウスポーであるウシワカのサーブを取れずに白鳥沢に敗退。

佐久早にとって他の強力な“回転”との出会いです。

試合後のロッカールームでレシーブが足りないと、今度はレシーブに精を出すことを誓い、大会や選抜でウシワカと一緒になると佐久早は嬉しそうになるのでした。

 

スポンサーリンク

覚悟完了

しかし、ウシワカは最後の春高バレーでは県予選で烏野に敗退し、全国出場は叶いませんでした。

その烏野は日向が退場して敗退。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

井闥山も主将の飯綱が負傷して犬伏東に逆転負けとなりました。

チームメイトに両脇を抱えられて涙ながらに退場する飯綱は、佐久早と同じ潔癖症でお互いに通じるものがありました。

試合中にケガする可能性がありながら何故泣くのかと思う心を見透かされた佐久早は、準備を怠らず、準備不足でもないのにと疑問を口にしますが、そのどちらでもないから泣いているんだと、飯綱の怒りは遂に爆発します。

ハッとする佐久早ですが、飯綱の意見を肯定しつつも、やはり「可哀想」だと言うつもりはないようです。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

そんな飯綱は、いつか来る本当の最後の試合は絶っっっ対に笑って終わると、泣きじゃくりながら返すのでした。

佐久早は、飯綱との一件で「理想の最後」というものを考えるようになりました。

運良く生き延びて、運良く人に出会い、運良く今日もバレーを続けている自分。

最後は笑うなり、勝なりして終わったほうが良いですが、佐久早にとっては気にするほどではありません。

ただ、注意深く手を尽くした結果、運良く「いつ終わってもいい」と考え、ウシワカのサーブを愚直に、執拗に、丁寧にレシーブをします。

 

スポンサーリンク

『ハイキュー!!』394-395話のネタバレのまとめ

稲荷崎の角名と同じEJP(東日本製紙)RAIJINに所属する古森の回想を交えながら、佐久早のエピソード紹介の話となりました。

2人が従兄弟だと知り少しびっくりですが、親戚同士で当時ユース合宿に参加していたとは凄いですね。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

春高で大泣きしていた飯綱はDESEOホーネッツで活躍中。

かつて敗戦した犬伏東の甲斐とチームメイトで頑張っているようです。

高校時代は、ウシワカ、桐生と並び「全国三大エース」と呼ばれた佐久早でしたが、放送席での評価はレシーブについても絶賛していました。

そのレシーブのキッカケがウシワカであると分かり、佐久早がウシワカに絡む理由も納得。

春高時代のエピソードを含めると、中学時代でウシワカが桐生、そして今回の佐久早にも勝利しており、その存在の大きさが分ります。

佐久早は予想通りの注意深い性格で、トーク力のない無愛想さは小学生からのようで、潔癖症も日常のマスク姿を見ればわかりますが、持続性のあるタイプのようでした。

日向に対して春高バレーで途中退場した体調管理の出来ないダメな奴という変な二つ名をつけましたが、佐久早がウシワカを評価していた点も考えると、烏野が白鳥沢に勝利したチームという嫉妬、または八つ当たりのようなものも感じますが。

また、考え方も独特というのも判明しました。

古舘春一「ハイキュー」394話より引用

大概の選手は飯綱のように勝って終わりたい、有終の美をイメージするのですが、佐久早にとっては自分が納得する形で終わりたい、というように考えているようです。

その考えにはプロ選手ならば、ケガというリスクを常に背負いながら、何時終わっても悔いがないようにという根底にあると推測できます。

ラストシーンではウシワカのサーブを綺麗に佐久早がレシーブしていましたが、これに満足することなくまだまだ選手を続行して欲しいところです。

得点はまだBJが辛うじて1点リードしています。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です