最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』202話!考察!休憩!そして第三試合開始!

スポンサーリンク

雄英高校ヒーロー科1年A組と1年B組による交流戦。

遂に第2試合に決着がつきました。

 

第二試合のメンバー。

A組、八百万、常闇、葉隠、青山。

B組、拳藤、黒色、小森、吹出。

 

常闇のダークシャドウを乗っ取り黒色が奇襲攻撃するプランAが失敗し、そのまま失敗を想定したプランBに変更。

小森の個性で辺りがキノコだらけになり、気が逸れたトコを吹出の個性で八百万を分断。

拳藤に襲われつつも勝利を見据えて道具を創り出し仲間へ向けて贈り、八百万はKO。

 

八百万から贈られてきた道具により、B組を追い詰めるA組だったが、あと一歩のトコでチカラ及ばずB組の勝利となりました。

今回は少しの休憩をはさみ、第三試合が始まります。

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』202話!のネタバレ

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

それでは『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』202話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

しばしの休憩

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

咳き込む常闇、第二試合終盤で追い詰められたB組の小森は常闇の気管にキノコを発生させることでなんとか勝利した。

その常闇を心配し、謝罪をしている小森。

情けは無用、と言いながらも咳き込む常闇。

情けは無用って武士かッ!笑

厨二病の常闇の発言はいちいち突っ込みたくなる。

 

第二試合により気を失っている八百万は、椅子に座らされロボットに運ばれている。

心操は「第一試合と比べて被害がえげつないですね」と相澤先生に話かける。

「ヒーロー科の訓練とはそういうもんだ」と返す先生。

「しかしちょっと壊しすぎたな、わかってると思うが被害は最小限に」と吹出と拳藤に注意を促す。

ここでステージの移動も兼ねて休憩を挟む。

 

爆豪の気遣い

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

休憩中、生徒はそれぞれ談笑している。

緑谷はこれまでの試合の分析。

緑谷「皆、個性だけじゃなくて、精神面での成長が個性を強くさせてるんだね」

麗日「デクくんも成長しとるさ」

緑谷「だといいなぁ」

峰田「オイラにゃ及ばんけどな」

おい峰田。笑

このやり取りほのぼのしててイイですねー、平和だ。

激しいバトル後だからより平和にみえます。

 

すると後ろからオールマイトが緑谷に声をかけ、二人は場所を移動します。

その二人の後ろ姿を眺める麗日、峰田、芦戸。

突然呼び出されたら、なんだろうと思いますよね。

 

「違和感は無いか」と問いかけるオールマイト。

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

オールマイト「お師匠が何か仰っていなかったかグラントリノにも伺ってみるつもりだ、くれぐれも気をつけてくれ、五戦目…面影の欠片となった心操少年がいる」

と話し用心をさせる、とそこへ。

「おい!」

爆豪が急に現れる。

突然の爆豪の登場にかなり驚く緑谷。

爆豪「てめーら、人に守秘強要しといてバンバンコソコソしてんじゃねェぞ」

オールマイト「ムム…」

爆豪「ムムじゃねェよ…!!!」

元ナンバーワンヒーローにも変わらず強気の発言が出来る爆豪いいですよね。

 

緑谷の状態を聞き、苦言を放つ爆豪。

爆豪「いつンなったらモノにすんだ?てめーとやった時より強くなってんぞ俺ァ」

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

緑谷「それは…焦る!」と大きくうなずく緑谷。

そんな二人のやりとりを見ながらオールマイトは思う。

(彼なりに気を遣ってくれてるのか)と優しく見守る。

 

スポンサーリンク

背負う者、継ぐ男達

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

休憩が終わり、場所を移動して交流戦再開。

ここで第三試合のメンバー紹介。

A組は轟焦凍、飯田天哉、尾白猿夫、障子目蔵。

(とどろきしょうと、いいだてんや、おじろましらお、しょうじめぞう)

B組は角取ポニー、鉄哲徹鐵、骨抜柔造、回原旋。

(つのとりぽにー、てつてつてつてつ、ほねぬきじゅうぞう、かいばらせん)

 

スタート位置に向かうA組メンバー。

そこへ常闇は轟を呼び止める。

常闇「情けない姿を見せた、後は託したぞ」

轟「何で、俺に」キョトンとした表情で聞き返す轟。

常闇「ホークス、エンデヴァー、我々先の戦いの英雄に師事を仰ぐ者故に,ナンバー1、2の名を背負う責務」と伝えます。

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

そう言われて轟は子供の頃を思い出す。

 

エンデヴァー「おまえはこの技を習得しなければならない、俺から逃げるな、お前から逃げるな」

虐待の様な厳しい教育を受けていた轟。

エンデヴァー「燈矢は惜しかった、お前だけがこの技を!俺の野望を完遂できる!

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

名前を呼ばれる轟、ふと我にかえる。

飯田や、尾白、障子が心配する。

飯田「俺もまたインゲニウム(にいさん)の名を背負う者、俺も体育祭3位!皆に見せてやろう、継ぐ男の気概を!!」

と飯田は息巻く。

 

そのころB組はスタート位置で鉄哲が急にしゃべりだし驚く。

鉄哲「俺ァよ…よくバカ扱いされるが、考え無しに生きてるわけじゃアねェのよ」

鉄哲「このチーム、索敵搦め手(からめて)からっきしな奴ばかり、なら当然」

鉄哲「更地にするよなァ!?」

突然、鉄哲が周囲を攻撃して壊し始める。

その騒がしさに反応するA組。

鉄哲「小細工無用、来いやしようぜ真っ向勝負!!」

と言いながらさらに破壊を続ける鉄哲。

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

見かねた回原は、向こうには轟がいるんだぞと止めに入る。

骨抜は「これはこれでやれる事あるんじゃね」と柔軟な対応。

角取は鉄哲の行動に思わず英語で怒る。

そんな角取にも英語で柔軟に対応する骨抜。

いや柔軟過ぎでしょ骨抜(笑)

 

一方A組は轟が指示を出す。

轟「向こうの意図はおそらく正面戦闘、やるぞA組チーム3!!」

と、今にもぶつかりそうな場面で終わり。

 

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ202話のまとめ

堀越耕平「ヒロアカ」202話より引用

今回は第二試合が幕を閉じ、続けて第三試合が始まりました。

キノコの個性で常闇を攻撃した小森、技は恐ろしかったですが常闇の体調を心配する優しい小森。

オールマイトと緑谷の会話から、緑谷を気遣う爆豪は幼馴染でライバルだからこそ心配なんでしょうね。

意外といい奴だな勝っちゃん。

そして轟、エンデヴァーによる過去のスパルタ教育、えげつない優しさの欠片もない教育はそりゃ親を恨みますよね。

そして、始まった第三試合。

B組のツッコミどころ満載のメンバーの名前。

骨抜の個性は柔化、とだけ描かれてましたが名前的に身体がグニャグニャにでもなるんでしょうか?

角取ポニーはとりあえずかわいい(笑)

回原旋はまだ謎ですね。

鉄哲はバカ!笑

もうこの言葉しか無いですね、脳ミソまで鉄でできてるでしょ(笑)

 

きっとA組みんなの新技も次回以降出るのでしょう。

続きが気になるばかりです。

次回を待ちましょう。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください