最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』218-219話!考察!異能解放軍 

スポンサーリンク

前回まででA組対B組の対抗戦も一段落し、心操のヒーロー課への話も進んだようです。

前回の話はこちら⇒最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』217-218話!新しい力とオール・フォー・ワン

デクやエリちゃんも新たに強くなる決意をし、今回から新章に突入しそうな流れですね。

ヒーロー課の生徒達もどんどん強くなって来ていますが、ヴィラン連合を含む悪人達もまだまだ強い奴が出て来そうな勢いで今後の展開が気になりますが、早速218話を見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』218話!のネタバレ

それでは『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』218話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

仮免補講最終日

12月の初旬、雄英高校の寮の外では珍しく雪が降っています。

子供らしくはしゃぐ生徒も居れば、蛙吹のように寒くて冬眠してしまう生徒なども居て、雪一つで学生寮は大騒ぎです。(いつもの事ですかね)

そしてはしゃぐ生徒達の中で、学級委員長の飯田とデクはある二人を気にしていました。

この日が仮免最終日になる轟 焦凍と爆豪です。

またまた凶悪で可愛いギャングオルカの元、厳しい試験内容が予想されますが、士傑高校の夜嵐イナサや現見ケミィらと共に、二人はやる気満々で試験に挑みます!

この二人が仮免を取ればA組全員が仮免持ちになるので、皆も期待して待っています!

 

デトネラット社、ヒーロー事業へ参入

学生寮で上鳴がテレビを見ていると、ウィークリーニュースが流れてきました。

そこには『デトネラット社』というライフスタイルサポートメーカーの会社が、ヒーロー事業に参入するというニュースが流れてきます。

個性全盛のこの時代に、個人個人のスタイルに合った日用品などを提供する会社が、その市場をヒーロー業界にも拡げようというのです。

社長自らがCMに出るくらい活動的なこの会社には、社長以外にも優秀な部下がいます。

見た目と中身がアンバランス過ぎる男、宮下。

顔だけネズミのように可愛いですが、仕事は出来るし頭もキレるといった印象を受ける優秀な部下です。

そしてヒーロー業界に参入した流れで、社長と宮下は昔あった異能解放軍についての話になります。

個性について蓄積があるという社長は、再出版された「異能解放戦線」という本の話題を宮下に振りますが、勿論宮下もこの本を読んでおり、内容はテロの事ばかりで全くの否定派でした。

この時の社長の表情は、本当に嫌な予感のする意味ありげな表情でした。

 

社長……裏の顔

頭を抱える社長は、残念そうな顔をしながら、去って行く宮下に後ろから肩に手をかけるように抱きつきます。

痛がる宮下を無理矢理締め付ける社長の表情はみるみる内に変わり、顔に出てきたアザは何かの個性を発動させたようにも思える風貌でした!

気付くと宮下はグッタリし、社長はそのまま涙を流します。

自分の手で殺しておいて「残念だ」などと言っている辺りは、明らかに普通じゃない思想を持っている事が分かりますね。

宮下をメンバーに紹介しようなどと言っている所から見ると、何らかの危ない組織に関わっているように思えました。

 

スポンサーリンク

解放軍の遺伝子。歴史は繰り返される……

昔、異能者の間で個性を解放して行こうという、解放主義の思想が流行しました。

彼らは『異能解放軍』と名乗り、リーダーの四ツ橋 主税(よつばし ちから)を中心に国と対立します。

リーダーの四ツ橋は「デストロ」と名乗り、悪い意味で歴史に名を残すようなテロ活動を行っていきます。

しかし彼らは国に敗北し、解放軍も崩壊。

四ツ橋自身も獄中で異能解放戦線を執筆し、その後に自決してしまいます。

異能解放を唱える者はここで潰えたかに思えましたが、驚く事に四ツ橋には子供がいたのです。

四ツ橋自身も知らなかったその子供の正体こそ、デトネラット社の社長なのです!

以前にステイン達が出て来た時にもデストロの存在は反政府組織として気にはなっていましたが、ここで繋がってくるのは驚きでした。

そして裏で再度異能解放軍らしき組織を立ち上げているこの社長は、何故かヒーロー達ではなくヴィラン連合を敵視しているのです。

 

爆豪、轟の初陣!

巷では。今日も個性を使って暴れ回っている輩がいます。

グループで人の財布を荒らし回っている彼らは、リーダー各の男が大量の炭酸水を撒き散らし、好き放題に暴れ回っています。

どこにでもいる、力の有り余った若者といった感じなのでしょうか。

彼らみたいなのが異能解放軍に繋がっていくのでしょう。

しかし調子に乗っている彼らも、案の定ヒーローの洗礼を受けます。

何処かで見た事のあるこの個性!

そう!仮免取り立ての爆豪と轟 焦凍です!

仮免をもらってから30分と経っていないのに、もうヒーローとしての活動をする辺りは、皆に遅れをとっていた鬱憤を晴らす気満々で、最初からエンジン全開です!

 

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ218話のまとめ

爆豪と轟 焦凍が仮免を取った事でA組全員のヒーロー活動が可能になり、今後はヴィランとの遭遇率もどんどん高くなっていくでしょう。

そしてなによりも、今回から現れたデストロの意思を継ぐ異能解放軍らしき新たな組織!

オーバーホールが居た死穢八斎會(しえはっさいかい)の時のように、ヴィラン連合との三つ巴になる事が予想されます。

もしかしたらヒーロー側にも異能解放に賛同している人達が居るかも知れませんし、新章が始まった事でいろいろな楽しみが増えてきました!

とにもかくにも、まずは仮免を取ったばかりの二人のデビューを楽しみに待ちましょう!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください