最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』226-227話!考察!恋の血 

スポンサーリンク

前回ヴィラン連合は、裏社会のパイプ役でもあるブローカーの義爛(ぎらん)を人質に取られてしまい、異能解放軍の脅迫通りに全員で愛知の泥花市に出向きました。

泥花市全体が異能解放軍の支配下になっている事から、ヴィラン連合にとっては多勢に無勢でまともに戦ったら勝ち目はない事が明白です。

そこでリーダーである死柄木 弔が考えたのが、怪物ギガントマキアを異能解放軍にぶつけるという作戦です。

無尽蔵に暴れ回るギガントマキアが、睡眠から目覚めるまであと1時間40分あります。

果たしてその間に異能解放軍の攻撃を凌ぐ事が出来るのか?

早速226話を追ってみたいと思います!!

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』226話!のネタバレ

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

それでは『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』226話!の要点をまとめてみます。

時間のない場合、目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

トガ ヒミコの過去

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

トガ ヒミコの回想シーンから始まる今回は、中学の卒業時に起こした事件に遡ります。

ニュースで取り沙汰されるほどの事件とは、今まで普通にしていた女子中学生(トガ ヒミコ)が卒業式の日に同級生の男子生徒を切りつけて重症を負わし、ストローで相手の血を啜った後、そのまま逃走を続けているというものでした。

目撃していた同級生はインタビューに対し、トガ ヒミコの恍惚な表情を見て、あまりのおぞましさに信じられないと答えていました。

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

トガの両親も、自分の娘を悪魔の子というほどです。

トガは『血を飲んで変身する』という個性を持っているが故に、好きなものや憧れているものに対して『血を飲みたい』という衝動を抑える事が出来ません。

親からも世間からも「普通でいなさい」と言われますが、トガにとっては好きなものの血を飲む事が普通であり、到底社会に受け入れられない葛藤を抱えていました。

普通を強いられる両親に対し、トガは今まで衝動を抑えるように仮面を被っていましたが、それが耐えきれずに爆発してしまったのでしょう。

 

スポンサーリンク

キュリオスパンク炸裂!!

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

そしてその気持ちを全て分かっていたキュリオスは、超人社会の闇を体現するに相応しい題材だと言い、トガを個性カウンセリングします。

絶対に噛み合わない『血と憧れ』をあわせ持つ葛藤を見抜かれて苛立つトガは、キュリオスに向かって殴りかかりますが、キュリオスはデトラネット社製のチェインリングを使い、キュリオスパンクを発動させてトガの顔面を爆発させます!

このように、手に付けているブレスレットが突然攻撃用の兵器に変わるような代物を沢山作っているとなると、デトラネット社がトップに君臨している異能解放軍は、個性以上に底の見えない強さを持っている事が予想されます。

そしてトガ ヒミコは、その死を持って現代社会の人柱となり、異能解放の象徴として語り継がれるとキュリオスは言いますが、その事をインタビューとしてトガの口から聞かないと意味がないと言います。

何とか必死に逃げようとするトガですが、多人数の攻撃に対して逃げる事が出来る訳もなく、足掻いた末に麗日 お茶子に変身しました。

 

覚醒! トガヒミコ!!

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

トガの個性である変身は姿は変えられが、その個性までも真似出来るものではない事を知っているキュリオスは、連続攻撃で畳み掛けてトガをどんどん追い込みながらインタビューを強要します。

他人の価値観で自分の事を不幸だと言われていますが、トガ自身は好きな人に近づきたいと思っている事を不幸だとは思わず、強い憧れを持つ事で覚醒します!

キュリオスパンクの攻撃でトドメを刺されそうになったトガは、突発的に手を出して麗日の個性を発動する事に成功します!

自分でも驚いているトガでしたが、麗日の個性が使える事が分かるとキュリオス以外にもそこら中にいる異能解放戦士達を、みんな軽くして浮遊させてしまいます。

追い込まれたこの危機的状況が、トガの個性伸ばしを手伝う形になったようですね。

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

重力を操る麗日の個性を使い、上空にいたキュリオス達を一気に地面叩きつけます!

『好きこそ物の上手なれ』とは、こういう事かも知れませんね。

殺す事を若干躊躇したトガでしたが、死柄木 弔は「気に入らないものは全て壊す」と断言しているので、今はその言葉を信じてただ突き進むだけのようです。

 

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』ネタバレ226-227話のまとめ

堀越耕平「ヒロアカ」226話より引用

今回は、トガ ヒミコの過去や彼女が抱えている闇について描かれていました。

幼少期に好きな小鳥の血を啜ってしまったり、中学時代に好きな同級生の血を啜ってしまったりと、自分の中での普通が世間では普通じゃないという気持ちから解放されたいという思いでヴィラン連合に入ったトガ ヒミコは『血を吸う事で他者に変身できる』という個性を持っている以上、これは逃れられない衝動なのかも知れません。

キュリオスとの戦いでかなりのダメージを負ってしまったものの、変身した相手の個性も使えるように成長出来た事は、トガにとっては大収穫だったと思います。

物間やトゥワイスに似たようなこの個性は、ヴィラン連合にとってもかなりの戦力アップになるでしょう。

しかし、異能解放戦士達はまだまだたくさんいるので、果たしてギガントマキアが起きるまで持ちこたえる事が出来るのか不安になってきますが、死柄木や荼毘達がそう簡単にやられるとは思えませんので、また激しいバトルが繰り広げられる事を期待して次回を待ちたいと思います!!

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください