最新ネタバレ『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』291-292話!考察!公開処刑のエンデヴァー!生きていたベストジーニスト!!

スポンサーリンク

藤谷病院315室でエンデヴァーの妻:冷はTVに映るある人物を目にします。

死柄木と合流したギガントマキアから姿を見せた荼毘は、電波ジャックした上で自らの正体を全世界に公表します。

「燈矢って立派な名前があるんだから」

僕、轟燈矢はエンデヴァー家の長男に生まれ、今まで30人以上の殺害をしたと告白。

オールマイトを超えられず絶望したエンデヴァーは無理矢理に妻を娶り、より強い“個性”を持つ子供として生まれましたが、失敗作として捨てられたと出自を語ります。

No.1になった父親を奈落の底に落とすべく、楽しそうに踊り語りをする燈矢。

一緒に堕ちようとエンデヴァーを地獄のダンスに誘うのでした。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』291話のネタバレ

それでは『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』第291話『元気でいてくれてありがとう』の要点をまとめてみました。

リハビリまで回復した様子の冷にとってはショッキングな映像と告白。

大半の読者にとっても、荼毘=燈矢と予想はしながらも、ヒーローの根幹を揺らぎかねない燈矢の映像は見るもの全てに何を語り、どのようなトラウマを植え付けるのか?

時間のない場合は目次に内容をまとめていますので参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

灰燼に帰す

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

木枯らしが吹き荒み、空気が乾燥していたあの日。

かつてエンデヴァーがよくトレーニングで使っていた瀬古杜岳で、燈矢は焼けて死にました。

炎は2,000℃を超え遺体は残らず。

火炎の上昇気流に乗って炭化した骨も塵となって散ったようで、辛うじて下顎部の骨が一部だけ見つかったということです。

エンデヴァーは第一子・燈矢に期待をしていました。

「氷結」の力を宿しはしなかったものの、自分以上の火力をその手に宿していたからです。

燈矢の髪の毛が白く変わっていることに気が付くエンデヴァーですが、燈矢は気にすることなく今日こそ必殺技を教えて欲しいと父にせがみます。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

燈矢をヒーローに育てようと決める一方、半冷半熱の個性を望むエンデヴァー。

冷も「兄弟がいた方が励まし合える」と理解を示し、長女の冬美が生まれました。

冬美は冷の個性だけを持っていましたが、それでも当時のエンデヴァーはまんざらではない様子です。

なぜならば、燈矢は確実に自分以上の素質を持っていたからです。

自らの野望を燈矢に託すエンデヴァー。

お前ならば俺の行きたかった場所に行けるはず。

俺の悔しさ、嫉妬、醜い心も全て打ち砕いてくれるはずだったー。

 

スポンサーリンク

嘘と真実

しかし現実は残酷でした。

エンデヴァー「燈矢は死んだ。許されない嘘だ」

燈矢「許されない真実だ、お父さん」

お互いの意見を否定しあう2人でしたが、燈矢は血でも皮膚でも提供するとDNA鑑定すればいいと提案。

しかし、燈矢は既に鑑定を済ませていました。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

電波ジャックした映像を通じて、九州の戦いで残されたエンデヴァーの血と99%DNAが一致していたと結果を公表しますが、信じてもらえるように話すしかないとする燈矢。

しかし、エンデヴァーの虐待を何度も見てきた燈矢は、他者を思いやる心を持ち合うことなく、自己顕示欲に溺れた矮小な独りよがりの人間が、果たしてヒーローを名乗ってよいものかと衆目に対して疑問を呈すのでした。

 

スポンサーリンク

偽りのヒーロー

燈矢の告発はまだ続きます。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

エンデヴァーに連なる者も同様だと、今度は№2ヒーローであるホークスの衝撃映像が放送されます。

スケプティックが平伏しろと挿入編集した映像。

トゥワイスの殺しの現場が燈矢によって脚色されていたのです。

ホークスは泣いて逃げる敵にも躊躇せずに刃で背中を貫き、№3のベストジーニストも殺していると放送します。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

ホークスの父親は連続強盗殺人犯で、捕まえたのは何の因果かエンデヴァー。

そんな後ろ暗い人間性に正義という名の蓋をして、あまつさえヒーローを名乗る姿勢が許せないと語る燈矢。

皆さんはヒーローを語る連中の自己保身の道具にされていると指摘されると、事実か否かは後回しとして、拡大する被害状況と相まって敵の言葉でありながらも、見る者たちの心は揺さぶられてしまいます。

 

スポンサーリンク

戦線復帰の№3!

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

「今日まで元気でいてくれてありがとう、エンデヴァー!!」

勢いよくギガントマキアから飛び降りる燈矢。

しかし呆然としたままのエンデヴァーは動くことが出来ません。

俺はお前が生きていると信じて探していたんだ。

考えるのは後にしてくれと涙を浮かべながら「親父!」と叫ぶ焦凍。

「赫灼熱拳」と技名を名乗りながら炎を発する燈矢は、さらに「プロミネンス…」と言いながら攻撃態勢に入ります。

ボロボロになりながらも迎え撃つデクと豪爆。

しかし、その瞬間です。

上空から降り注ぐ無数のワイヤー!

見上げるとそこにいたのは№3のベストジーニストです。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

「今日より活動復帰する!」

死の淵より蘇った男が戦場に帰還します。

 

スポンサーリンク

『僕のヒーローアカデミア(ヒロアカ)』291-292話のネタバレのまとめ

道場で幼い燈矢とエンデヴァーの様子とエンデヴァーの表情を見ると、当初のエンデヴァーは虐待まがいの特訓をしていたとは思えず、普通の親子関係だったような印象がします。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

それが今ではお互いが「許されない」と語る2人。

嘘と真実を絡ませる、堀越先生の見事なセリフ回しにも脱帽。

燈矢が皮肉を込めて「お父さん」と呼ぶタイミングも絶妙過ぎます。

また血筋を語るコンプレス。

彼は「迫圧紘」という本名が既に判明していますが、他の主要メンバーの中に連合側にヒーローと血縁関係者がいるという伏線でしょうか。

恣意的編集はあることは承知しつつも、放送したもの、言ったもの勝ちとする荼毘=燈矢のメディア戦略。

堀越耕平「ヒロアカ」291話より引用

今週一番エグイと思ったのは、対フード戦では体を張るヒーローたちを「見ろや!」と叫んでいた見ろやくんが、敵の言葉とはいえヒーローの暗部に思わず目を覆うシーンです。

これは読んでいる方が辛いです。

他にもホークスの件など伏線があり過ぎの回でしたが、ラストはヒーローたちの絶望に颯爽と現れたベストジーニスト。

上空の風を気にして髪型をピシッと固めるその姿は本物?

その場合、燈矢は荼毘の時に袋詰めされたジーニストの死体は誰なのか?という新たな疑問が湧くのですが、ともかく自身の生存を証明と同時に、敵の情報にも嘘はあることも示さなければなりません。

次回はお休みなので、ジーニストは2週間空中に浮いたままでガマンとなります。

 

スポンサーリンク

関連記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です